2010年8月27日 (金)

久々のグランドハイアット東京!

P1002230

 今日から3泊、なんと開業以来となるグランドハイアット東京に泊まります。ハイアットに泊まるときは大抵パークハイアットかハイアットリージェンシーと新宿近辺。なぜなら自分の行動範囲にあるからなのですが、今回はここ六本木のほうが便利なので本当に久々に泊まってみることにしました。

P1002231 P1002234

 ここは部屋も快適なんですが、なんといっても嬉しいのが日本式のバスルームってことでしょうか。写真のように洗い場があり、しかもシャワーも2形式、つまりレインシャワーもあってバスタイムを楽しめるようになってます。テレビもあるので、長風呂の方にはよいでしょうね。

P1002233 P1002235

 そうそう、グランドハイアットは全部屋にCDおよびDVDプレーヤーが設置されているので、部屋でお気に入りの音楽や映画なんかも楽しむことが出来ます。しかも、机の下にBOSEのスピーカーが装備されているので素晴らしい音ですよ。

 久々のグランドハイアットを楽しみつつ仕事頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

このホテル、なかなか関心しました!

P1001807

 何が関心したかというと、今も最近しばしば利用しているハイアットリージェンシー東京の素晴らしいサービスぶりですsign03 実は前回宿泊した際に幾つか今後はこうしたほうがよいだろう、ということをコメントしてきたのだが、それらが全てしっかり記録されているようで、今回のサービスにきちんといかされているのですhappy02 ここに泊まるときはいつもクラブルームかビューデラックスキングルームに宿泊しています。前回ビューデラックスルームに宿泊した際に、せっかくバス・トイレ別々になっていて、こうしてトイレにまで手洗いがあるにも関わらず石鹸がないのは不衛生では、というコメントをしてきました。するとどうでしょう、写真のようにトイレに石鹸がおかれているではありませんかheart04 しかも素晴らしいのは初回からの私のリクエストが全て記録に反映されており毎回の宿泊にいかされていること! パークアイアットならこういうサービスも理解できるのですが、このレベルのホテルでここまでしっかりしているホテルは最近あまり出会ったことがありません。こうしたサービスを受けていると、本当にまるで自宅に戻ったかのごとくの安心感を覚えます。ということでますますヒルトン系からは遠のいてしまっていますcoldsweats01 先月のハイアットリージェンシー京都も素晴らしかったし、再来週に泊まるハイアットリージェンシー大阪もますます楽しみになってきました。このホテル、この価格帯としては超お勧めですsign03 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

歌舞伎&ハイアットリージェンシー東京

P1001721_2 P1001722_2 P1001723_2 P1001725_2

昨日は「歌舞伎座さよなら公演二月大歌舞伎」を見てきました。口上も含め全4部、いつものごとくとても見ごたえがありました!特に勘三郎の「俊寛」と仁左衛門と玉三郎の「ぢいさんばあさん」は号泣もの!勘三郎の島に残る決意をした迫真にせまる俊寛役、そして仁左衛門と玉三郎の三十七年ぶりの再会シーンなど、ぜひともS姉にも見てもらいたい作品
でした。この歌舞伎座も後78日だそうです。機会がありましたら、ぜひ皆さんも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。ちなみに特製弁当もおいしかったですよ。

P1001727 P1001729 P1001728 P1001726 P1001731 P1001730 P1001732

 そして西麻布の友人宅で夕食を取ったのちに向かった先は今日のホテルである「ハイアットリージェンシー東京」!実はここの1階のペストリーショップで売っているバナナブレッドの美味しさに惹かれて最近東京では気軽に泊まるホテルとしてしばしば利用しているホテルの一つ。今回はデラックスビューのツインタイプの部屋。シャワーブース、ipodなどの音楽も部屋やバスルームで聞ける、そしてセキュリティーボックス内でラップトップの充電ができるなど、基本的な要素は取り入れられているので、いつも不満なく結構満足出来るホテル。しかも宿泊者はここ3年ミシュランで2つ星に輝いているなかなか予約の取れないホテル内のレストラン「トロワグロ」を予約でき宿泊者のみの特別の料理を頂くこともできます!そうそう、今回はサッカーの日本代表の宿舎になっているようでした。どうりで同じようなジャージ姿の人がいたはずです。ちなみに私はサッカーにはあまり興味がないので、有名であろう選手とすれ違っていたとしても全然わからなかったと思います(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

定山渓温泉の「ふる川」に久々に行ってきました!

Img_5522_640 Img_5523_640 Img_5524_640 Img_5525_640 Img_5526_640 Img_5527_640 Img_5528_640Img_5529_640

 先週末は大阪から大学で講義をしてくれるために友人R,その弟Dが北海道入りしていたことから、皆で定山渓温泉にある馴染みの宿「ふる川」に行って羽を伸ばしてきましたhappy01 しかも今回は友人たちが初めてのふる川ということで、部屋のアップグレードをして下さる配慮も頂きました~heart04 私は結婚式があったため、夜6時頃の定山渓入りとなってしまったものの、それでも十分疲れを取ることができました。やっぱり温泉は最高ですね~happy02 もちろんいつものごとく、料理も最高でしたgood メニューは、左上の写真から以下の通りsign03

☆先付☆ 南瓜プリン
     (日高のつぶ貝と雲丹、百合根入り)
☆刺身☆ 今月も大好評の“わさび塩”をご用意
☆蓋物☆ じゃが芋あられ饅頭 生海苔あん掛け
☆焼物☆ ~~~選択制~~~
       ①羅臼の極銀(鮭)ちゃんちゃん焼
       ②道産豚変わりヒレカツ
       ③函館産鰤のアボガドポテト焼き
☆汁物☆ 本鴨肉の“ぬくもり鍋”
       札幌黄/ポロ葱/なめこ/ホウレン草
☆ご飯☆ うわさの…『マンナンヒカリ』舞茸ご飯
☆菓子☆ 余市産 リンゴのコンポート

何といっても蓋物が絶品でしたね。蓋をあけたときの海苔の香りが何とも言えませんでした。それからマンナンヒカリのご飯、我が家でも取り入れてみようかなと検討中です。

 やっぱり馴染みの宿は最高ですね。そうそう、この日の夜、いつもの誕生日の夜を、今回は皆で有馬温泉で迎えようということが決まり、早速予約してみましたlovely 楽しみじゃ~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

ハイアットリージェンシー東京

P1001298

先日、とある会議があってハイアットリージェンシー東京を訪れたため、初めて利用するホテルだったことから、そのまま泊まってみたcoldsweats01 新宿で泊まったことのあるホテルはヒルトンかパークハイアットのみだったのでとても楽しみにしていた。

P1001286

部屋はこのような感じ。新宿中央公園を見渡せ都心にありながらもなかなか良い眺めである。キングサイズのベッドは適度な硬さでとても寝心地もよく、デスクも大きめでラップトップをおいても資料等も十分における広さ。アメニティもそれなりにそろっていたし、LAN接続も無料で嬉しい限りwink 

P1001296

遅くまで仕事をしていて、夕食を取り損ねてしまったので、いつものごとく深夜1時頃にルームサービスをオーダーしてみた。軽いものにしようと思ったのだが、どうしてもどっしりしたものを食べたくてシーフードドリアにしてみた。時間も時間だったのだろうが、オーダーしてから20分とかからずサーブされたのには嬉しい驚きgood 味も申し分なく、これでメニューにもう少し幅があれば言うことがないだろう。

フロント業務に若干の問題を残しているものの、相対的にはとても居心地の良い快適なホテルであったので、今後東京でホテルを必要とする際には候補の1つとして良いと感じた。

 さてさて、今日の阪神、広大がHRを打ったにも関わらず、惜しくも巨人に競り負けてしまったようですねbearing 個人的には広大がスタメンに固定されつつあり、しかも調子が最近とても良いので嬉しい限りですが、やはりチームに勝ってもらってこそですから、負けてしまうと嬉しさも半減weep 明日は切り替えて今回のカードも勝ち越してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

伊豆下田・蓮台寺温泉「大地の彩 花月亭」&土肥温泉「粋松亭」

 台風&地震の時に両親と伊豆を旅行してきましたcoldsweats01 長文になることが分かっていたので、なかなかアップ出来ずにいたのですが、今日ようやくブログにアップすることが出来ます。今回はちょっと対照的な宿に泊まってきました。双方ともに1人1泊3万円弱の宿です。それでは感想を。

先ず初日はスーパービュー踊り子号に品川から乗りこみ一路下田へ。下田では蓮台寺温泉の「大地の彩 花月亭」を予約しておいた。しかし、最初から問題のある宿は最後まで色々と問題の多い宿なことが多く、今回は見事にそのパターンが的中してしまう宿となってしまったweep 下田に着く時間を予め伝えておいたのだが、迎えの時間になっても一向に迎えが現れない。時間になっても来ないので電話すると渋滞かも、とのとても曖昧な返答。これでは到着時間を予め知らせている意味が全くないpout 結局10分程遅れて迎えが来て、気を取り直して宿に向かう。花月亭はロビーや廊下等はリニューアルされたようでとても綺麗だが、ひとたび部屋に入ると壁や襖に染みがあるなど綻びが随分と目立つ。二間続きの部屋であるにもかかわらず、広さも感じずちょっと残念な部屋。しかもこの宿、全般的に女性従業員の接客に多々問題がある。我々が宿泊した日はちょうど台風が近づいてきている時で、旅をしている者であれば誰もが台風の進路を気にしているはず。にも関わらず、部屋に案内してくれた女性従業員に状況を確認したところ「台風が来ているみたいですね」との素っ気ない返答。これでは全く答えになっていない。台風が接近していることを知っているから尋ねているので、それが何時頃伊豆に来るのか、それとも逸れそうなのか、それらを予め調べておき答えられるようにしておかなければ宿の従業員としては失格であろう。ちなみに部屋以外の施設はなかなか良かったP1001216 P1001218 P1001220 P1001219 。美しい中庭を眺められるロビーでは、無料でみつ豆を頂くことが出来るし、足湯もあるので、睦まじい鴨を観ながらゆったりすることも出来る。温泉もとても気持ちの良いものであった。

今回この宿にしてみた1つの理由が夕食が素晴らしい、との口コミが多かったからなのだが、ここでも1つ問題があった。夕食の際、献立に書かれている造里がなかなか出てこず、とうとう揚物まで出てきたので、これは明らかに造里を出すのを忘れているな、と思い担当の女性従業員に伝えると、明らかに忘れていた、との態度にもかかわらず、詫びの一言もなく、造里がほぼ最後に提供された。こんな宿は初めて経験gawk ただ料理長のことを考えて付け加えておくが、料理がとても美味しく、しかも食べきるきとの出来ない量であることは確かで口コミに偽りなし。これは一度体験してみるべき宿P1001222 P1001221 P1001224 P1001225 P1001226 P1001227 P1001228 P1001229 。先付も見た目の美しさ、味も秀逸。鮑や伊勢エビの焼き物、カサゴの唐揚げ、金目鯛の煮付け、焼きおにぎりのお茶漬け、などなど、どれもが美味しく頂けただけに、余計にサービス面での酷さが目に付く宿との印象が残る。

ちなみに朝食はこんな感じP1001230 P1001232 。やはり伊豆の宿での朝食にはアジの開きですね~heart04 朝からこんなに頂き、昼が食べられなかったくらいに満足するものだった。何度も言うが、宿は従業員如何で印象は大きく変わる。この宿は花月亭とは名のっているのだから、庭に咲いている花等に関しては少なくとも周知していてもらいたいものだが、従業員に尋ねても「わかりません」の一言で誠に残念。確かに食事は質量ともに満足するものだったし、男性従業員は概ね丁寧な応対だったのだが、価格帯に見合うサービスではない、というのが正直な感想。しかも震度5弱の地震だったにも関わらず、部屋への安否確認がなかったのには驚き。。。shock ま、あまり縁のない宿だったということなのだろう。

 この「花月亭」と全く対照的で、今後通い続けようと思えた宿が2泊目にお世話になった土肥温泉「粋松亭」。とても満足する宿だった。地震に台風と生憎の旅行となってしまったが、とても安らげた。女将さんからも労いの挨拶があり、しかもそれが畏まりすぎず楽しい挨拶で好印象。

P1001247 P1001249 P1001251

曇ってはいたけれども部屋の大きな窓からは海が見渡せ(晴れていたら綺麗な夕陽が観られるとのこと)、そのためか部屋も広々と感じられた。部屋に入るとすぐに担当の女性従業員から抹茶とお菓子のサービスheart04 その後は貸し切りの露天風呂で一汗流してみた。

P1001252

この粋松亭は食事も夕食、朝食全てとても美味しく頂けた。

P1001253 P1001255 P1001254 P1001256 P1001258 P1001257 P1001259 P1001260 P1001261 P1001262

伊勢エビの舟盛りも良かったですが、特に鱧のお椀が美味しく絶品happy02 一つ一つがとても丁寧に作られていて、心も温まる料理だった。もちろんお腹も大満足。ちなみに朝食は以下のような感じ。

P1001263 P1001264 P1001265 P1001266

今回は地震のため手作り豆腐を朝に頂くことが出来なかったので、次回は是非頂いてみたい。ちなみにこの粋松亭の朝は、金目鯛の開きで、アジは造りとして出てきた。ご飯はお粥も選ぶことができ、ひっかき海苔の風味を十分に楽しむことの出来る一品で、是非とも皆さんにも試して頂きたい。

この粋松亭は従業員一人一人がいつも笑顔で接してくれるとても心地よい宿。大浴場は少々狭いものの、リピーターになりたい、そう思わせる宿だった。また違う季節に訪れてみたい。両親もとても喜んでくれ、よい親孝行が出来たかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月15日 (木)

帝国ホテル大阪

 先週末は「関西旅行」に行ってきた(爆) 旅行というと大切になってくるのが滞在先のホテル。ということで今回は「帝国ホテル大阪」に宿泊してみた。梅田から少々離れているものの20分おきに桜橋口からシャトルバスも出ているし、タクシーに乗っても1000円以内だったのでそんなに不便は感じなかった。

 阪神ファン達と美舟でお好み焼きを食べたのち、睡眠不足だったことから夜の飲み会に参加するまで仮眠を取ろうとホテルに行きチェックイン。ドアマンからベルボーイ、そしてフロントと皆笑顔で出迎えてくれ、なかなか好印象sign01 部屋への案内はちょうどOJT期間中だったらしく、新人さんと中堅どころのベルガールがしてくれた。緊張した面持ちで、笑顔も少々硬かったが一生懸命さは十分に伝わってきた。通された部屋はこんな感じP1000557 P1000558 P1000559 。説明によるとリニューアルされた部屋のようだ。特別広くもないが、快適に過ごすことができそうな部屋であった。嬉しいのは、LAN接続が無料なこと!加えてラップトップを収納し、かつ収納中に充電もしておくことが出来るセーフティーボックスがあるはさすがhappy02 それにしてもどういうわけだか、大阪のホテルは優良なところが多いような気が?!気のせいですかねぇ。。。 ベッドも硬すぎず柔らかすぎずで良い寝心地でした~happy01

 ちなみにホテルに泊まるとついつい頼んでしまう深夜のルームサービスcoldsweats01 今回もきつねうどんとプリンを頼んでしまいましたP1000560 P1000561 coldsweats02 きつねうどんは、その場で出汁をそそぐようになっていて、麺がのびない工夫がなされていたのがさすがが帝国という感じ!やはりうどんは関西圏で食べるにかぎりますね~scissors しか~し、デザートとしてオーダーしたプリン、プリン自体は美味しかったのだが、そなえられてたフルーツのチェリー、これはどうみても缶詰製だったような気がするんだよね。。。缶詰のフルーツほどまずいものはないわけで、缶詰製のフルーツしかないならフルーツなんぞをそなえつける必要はないと思うんだけどね。。。sad 皆さんはどう思われますか?!

 ぐっすり寝た翌朝は、今話題のグループ会社を持つ「吉兆」で朝がゆ定食を頂くことにP1000562 coldsweats01 和洋バイキング式の朝食もいただけたのだが、バイキングにするとついつい食べ過ぎてしまうので、ホテルに泊まった際には最近は和食にしているのだ。普段は朝食をとらない生活をしているので、旅行の時は本当に健康的な食生活となる。やはり餡をかけて頂くお粥は美味いね。

 こんな感じで、帝国ホテル大阪、大変気に入りました。次回からの大阪の定宿はここになりそうな予感です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

コーナーデラックスダブル@京都ホテルオークラ

 今日は仕事で京都泊。ということで最近の京都での定宿になりつつある京都ホテルオークラに泊まっている。今回はH婆から「会員様ご優待券」を頂くことが出来、半額で宿泊出来るというので清水寺等を眺めることのできるコーナーデラックスダブルにしてみた!

 まずは部屋に入ると廊下がありこのように2つの扉が現れるP1000074 。正面がバスルームで、左側の扉が部屋になる。まずはお部屋からご紹介!部屋は完全ではないにしろ、リビングとベッドルームに分かれていて大変快適P1000015 P1000014 !リビングルームからベッドルームを眺めるとこんな感じになるDouble_dx_a 。ホテル滞在が長くなるときは、ベッドや椅子ではなくゆったりとソファーに座りながらテレビやDVDを見たり読書を楽しみたいもの。そうは言ってもスイートルームはなかなか1人で泊まることが出来ない。そんな時にこの部屋は大変重宝するのだ。ちなみにバスルームはこんな感じP1000013 !シャワーブースが独立していてバスにもゆったりとつかる事が出来る。また、バスソルトも2つ常備されているので、夜と朝にゆったりとバスタイムを楽しめるのも良い。

 そして京都ホテルは最近リニューアルを行っていて、この部屋も前回宿泊した際とは雰囲気が異なっていた。この部屋はタイプAと言われる部屋で、明るく華やかな雰囲気のインテリアが特徴。毛足が長めのカーペットや大きめのソファがゆったりとした寛ぎ感を演出していて、かつ、柑子色・鞠塵色などの伝統色を配した室内は、京の優美なやさしさが感じられ個人的にはなかなか気に入った。

 最後に今回もコンシェルジェの方には大変お世話になったが、ここのコンシェルジは日本にあっては本当になかなか優秀なように思う。今回も大満足の京都ホテルオークラ滞在となりそうだ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

パークサイドダイナー@帝国ホテル東京

 先日、M姉&Y男と帝国ホテル東京内の「パークサイドダイナー」(以前のユーリカ)にてランチをしてきた。Y男はお腹が空いていたためか少々お疲れモード。ということで早速オーダーしてランチをとることに!Y男のオーダーした「ミルクバターのパンケーキ」も美味しそうだったのだが、色々と迷ったあげく、グラタン好きの私は「カルボナーラ風グラタン ポーチドエッグ添え」をオーダーD1002094

 M姉とも話していたんだけどなんだかユーリカ時代よりそれぞれがスモールポーション化された気がするのだが気のせいだろうか?!量はともかく、味は以前と変わらずなかなかのお味なのだが(一度家で作ってみたのだが、カルボナーラをオーブンで焼くとなかなか美味です!)、もちろんこれだけでは足りるはずもなく(汗)、Y男の残したパンケーキも頂くもまだ小腹が空いている感じ。そこでデザートを1つオーダーしM姉とシェアすることにD1002093 !これ、チーズクリームをロールしたものなのだが、添えてあるベリーソースと一緒に頂くととっても美味!さっぱりしたデザートを頂きたいときにはこれをオーダーすると良いかも。

 パンケーキを食べた後のY男は普段のY男で、時折愉快な表情を浮かべ、我々は我々で紅茶をおかわりしながら1時間ほど話をしてランチは終了。次回はS兄と一緒にもつ鍋屋にでも行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

久々の韓国~ホテル編~

 今回の韓国入り、ホテル選びはJ姉におまかせしていた。出来れば3ベッドルームのスイートルームでにも泊まって楽しくすごそう、と話していたのだが、3ベッドルームのスイートはなかなか見つからず、コネクティングルームで何とか対応できるような感じのものばかりだったよう。そこでJ姉が探し出してくれたのが今回我々が宿泊している「Fraser Suites Insadong Seoul」。いわゆるサービスアパートメントの1つ。この名を聞いて、何となく知っているような気がしたのも当然、以前系列のバンコクにあるサービスアパートメントに滞在したことがあったのだ。その際も中々気に入った覚えがあったので、今回の滞在も楽しみにしていた。

 ということで空港からの道も渋滞にはまることなく順調に市内中心部まで着くことが出来、チェックインをすると3ベッドルームの部屋は予約の手違いで一杯、2ベッドルームになるがエキストラベッドで対応するとのこと(もちろんベッド代は取られなかったらしい)。でも実際に部屋に入ってみると、それでも十分!と言わんばかりの満足できる部屋であった。まずはリビングはこんな感じD1001720 。CATVがみられることはもちろん、CDプレーヤーややDVDなども設置されているため、自宅にいるかのごとくに寛げる。そして4人が座れるダイニングテーブルがあるD1001719 。その向こう側にはキッチンがD1001721 。キッチンにも鍋や皿、炊飯器にそしてカトラリーなど全てあるため自炊するにも困らない。またこの裏側には洗濯機もある。

 次にマスターベッドルームはこんな感じD1001725 。ここにはバスルームが設置されているので大変快適だと思われるD1001724 。ここはY姉&M子が使用!そしてセカンドベッドルームはこんな感じD1001723 。大きなクローゼットがあるしここもなかなか快適そう。ここにはバスルームが設置されていないもののリビングに2つめのバスルームが設置されているため、4人で宿泊してもラッシュになる心配もないD1001722 。ここはJ姉が使用。ちなみに私が寝るエキストラベッドはリビングに設置されていた。

 楽しい仲間とワイワイガヤガヤしたくとも、部屋が別々で、かつ普通のツインルームに集えどもベッドの上に座るなどせねばならず、狭くてなかなか楽しめないが、ここだとリビングもあり十分に楽しむことができる。もちろんサービスアパートメントだからベッドメーキングは日曜以外は入るし、朝食もついている(我々はローカルフーズを楽しむためにここの朝食は頂くことはなかったのだが)。またこの仁寺洞(インサドン)という場所が食にもショッピングにも大変便利なのだ。加えてホテルに泊まるよりも割安とくれば、気に入らないはずがない!次回、両親を連れて韓国に来る際にもここに宿泊しようと決めた次第。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)