2011年11月28日 (月)

シアトル劇団子の公演&中島みゆき「夜会」(ネタバレ注意)

 今週末は小児がん学会で関東入りしておりましたが、研究だけではなくプライベート部分も大変充実した週末となりました。

 まずは、土曜日に久々に大好きな劇団の1つである「シアトル劇団子」による「カメコが笑った日」を観てきました。映画監督である少年キネマさんの作品に出演していた阿部英貴さんの演技がとても好きで、そのことがきっかけで彼が属している劇団子さんの公演を観に行き、1度で大ファンとなってしまいました。それからというもの、機会があればなるべく上京して観劇するようにしています。今回の作品もテンポがよく、笑いあり涙ありで期待を裏切らない作品でした。そして阿部さんの演技も良かったですが、柊役の斎藤さんの演技も光っていたように思います。やはり演劇はこのライブ感がたまらないですね。

 そして今日は中島みゆき「夜会 2/2」を観てきました。再演ということで、前回とどう違うのかを楽しみにしていましたが、再演というよりは新しい作品を観てきた、という印象のほうが強かったですね。演出に手を加えることでストーリーがよりわかりやすくなっていましたし、より説得力のある迫力満点の歌声にもなっていたように思います。やはり二隻の舟前後が涙涙で大感動でしたよ。あの歌声は心にずっしりと響いてきました。

 なにより「みゆきの歌声に手が届く」のキャッチコピーで始まった夜会ならではの、みゆきさんの乗った舟がステージの真ん前の下から上がってくる演出は圧巻でした。一番前の席の人はびっくりしたんじゃないかな。これは大阪公演も楽しみです!

 十分にパワーを蓄えることが出来たので、今年も1か月余りですが、全力で走り続けたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

歌の力 泣かないでアマテラス

 久々に中島みゆきの「夜会 金環蝕」のDVDを観ている。何故なら最後に歌われている「泣かないでアマテラス」という曲を久々に聴いてみたくなったからだ。みゆきの曲でこよなく愛してやまない歌は数多くある。「二隻の舟」、「誕生」、「命のリレー」、「無限軌道」、「重き荷をおいて」などなど挙げていたらきりが無い。ある程度の固定概念を持ってとらえられがちな中島みゆきであるが、個人的には彼女の人の捉え方、人生の捉え方が好きだ。

 そして今は「泣かないでアマテラス」(出来れば夜会のDVDで)を是非とも多くの方に聞いてもらいたいと思っている。この歌は1992年の夜会「金環蝕」のためのオリジナルとして発表され、アルバム「10 WINGS」の中の1曲ともなっている。このアルバムが発表されたのが1995年、阪神淡路大震災の年であった。歌詞の一部は次のようなものだ。

 泣かないでアマテラス 作詞作曲 中島みゆき

 地上に悲しみが尽きる日は無くても
 地上に憎しみが尽きる日は無くても
 それに優る笑顔が
 ひとつ多くあればいい
 君をただ笑わせて
 負けるなと願うだけ
 泣かないで 泣かないで 泣いて終わらないで
 泣かないで 泣かないで 泣いて終わらないで

この震災を生き延び、今、歯を食いしばって必死に生きてる人達にどうかこの歌が届きますように。そして、ひとつでも多く笑顔が見られるよう、我々一人ひとりに出来ることをしっかりやって生きていこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

中島みゆきコンサート2010@札幌

 今日は待ちに待った「中島みゆきコンサート2010」の開催日heart04 土曜日にもかかわらずギリギリまで仕事をしてかけつけましたcoldsweats02。会場に着くやいなや、ここ数回のコンサートではおなじみとなっている「おたよりコーナー」(オールナイトニッポンの生バージョンのようなもの)の用紙を頂き、手紙を書いたりグッズを購入したりと大忙し。そんなに待った感もなく開場となり席についてみると、前から8列目ととっても良い座席sign03 

 予めmixiのコミュでコンサートの曲順を予習していたので、どんな曲が演奏されるのかはわかってはいたんだけど、やはり生、ライブは違うよね。懐かしい歌もちりばめられていて、もう感動につぐ感動で涙涙の2時間半でしたcrying。特に「二隻の舟」、「夜曲」、「時代」は号泣でしたよ。「二隻の舟」は初回の夜会を思い出させてくれましたねup。「時代」はコンサートの最後に歌われたんだけど、みゆきさんのMCで「皆さん一人ひとりの人生に拍手を!」と拍手を客席に向かってしてくれたのちに、アカペラで「いまはこんなに悲しくて~」と歌いだし、その後はギターを持っての弾き語り。「時代」を生で久々に聴いたけどやっぱり名曲ですねheart04。それからCDで聴いてたときにはそんなに好きな曲ではなかったのだが、「Nobody is right」は昨今の世情とも重なり、とても良い歌だったことに気づけました。

 そうそう、今回のコンサートでの「おたよりコーナー」では5通のお便りを読んでくださったのですが、私の書いた便りが採用され、みゆきさんに読んでいただけました~lovely あまりに嬉しく、ついつい返事をするのを忘れてしまうところでしたがcoldsweats01 

 今回のコンサートでもみゆきさんに「頑張れ!」と背中を押して頂けました。今回のコンサートは完成度がとても高いので、もう1度観てみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

中島みゆき「夜会Vol.16 本家・今晩屋」@赤坂ACTシアター

P1001587 P1001589

 先週の日曜日、赤坂ACTシアターに中島みゆきの夜会を観に、叔母と行ってきました。祖母の葬儀も前日にあり、どうしようかと思っていたのですが、日曜日は舞浜で小児がん学会の最終日だったこともあり、それに参加するなら、夜は夜会に行こう、ということになり、予定通り観ることができました。赤坂サカス周辺はクリスマス一色で、綺麗なイルミネーションに普段なら心躍るところなのでしょうが、やはり水曜日に祖母を亡くしての日曜日とあってはそうもいきません。

P1001590

ACTシアターに入り、パンフレット等を購入した後は、夜会特製カクテルを頂いてみました。今回は「安寿」と「厨子王」の2種。夜会の感想は、千秋楽を観てから再度書きたいと思うのですが、やはり祖母のことを思いださずにはいられない、歌詞がいくつかあって、時折涙してしまいました。「天鏡」は本当に良い曲ですね~。千秋楽を楽しみに、仕事に励みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

中島みゆき『DRAMA』

51a7bduzdbl__sl500_aa240_

待ちに待った中島みゆきのニューアルバム『DRAMA』が発売となりましたheart04 エンドレスでずっとリピートして聴いていますscissors 今回のアルバムは日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝を取り上げたミュージカル『SEMPO』に提供した楽曲6曲と、昨年の』夜会Vol.15~夜物語~元祖・今晩屋』からの楽曲7曲からなるのですが、聴き終わった後は本当に2本のドラマを見終わったような感覚におちいります。特にSEMPOからの「NOW」と夜会からの「天鏡」が最高ですね。聴いていて涙がポロポロこぼれ落ちてきます。「天鏡」は夜会終了後、家までの道のりで思わず口ずさんでしまったほど気にいった曲だったので、こうして落ち着いてCDで聴けることをとてもうれしく思います。「天鏡」の歌いだしは以下のようになります。

「その鏡に映るものは 隠しきれぬ愚かさと

 その鏡に映るものは 拭いきれぬ悲しみと

 その鏡に映るものは 失くしてから気が付く愛しさ

 その鏡に映るものは 置き忘れた約束と

 その鏡に映るものは 通り過ぎて気が付く過ち」

後10日で今年の夜会を観に行く日なので、それまでこのアルバムを聴きこんで、みゆきワールドに染まっていきたいと思いますhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

「愛だけを残せ」&『神様のカルテ』

2009910164840

皆さん、お久しぶりです。イギリスでの楽しいひと時をアップしたいのですが、なにせ帰国したら仕事が山積みで、自由な時間をほとんど取ることが出来ずにおりますcoldsweats01 そのような中、ラジオで一足先に11月4日発売の中島みゆきのニューシングル「愛だけを残せ」を聴くことができましたheart04 以下が1番の歌詞となります。

「愛だけを残せ 壊れない愛を 激流のような 時の中で 

 愛だけを残せ 名さえも残さず 命の証に 愛だけを残せ 

 止むに止まれぬ人生は綱渡りだ 選ぶつもりで選ばされる手品だ

 闇の中の風のように 突然に愛は居所を求める 

 弱き者 汝の名を名のれ しなやかに 強き者 汝の名を名のれ ささやかに

 みんな果敢無くて みんな愛しくて 振り返ってしまうから  

 愛だけを残せ 壊れない愛を 激流のような 時の中で 

 愛だけを残せ 名さえも残さず 命の証に 愛だけを残せ」

う~ん、素晴らしい曲に仕上がっていて、毎日何度も聴いています。早くCDで全曲を聴いてみたいですねsign03

41nb6ls7e1l__sl500_aa240_

話はかわって、最近専門書ばかり読んでいて、なかなか小説を読む時間を持つことができなかったのだが、先日札幌に戻ってくる飛行機の中でようやく読みたいと思っていた『神様のカルテ』を読む時間を持つことができた。しか~し、この本を飛行機の中で読んだのが大間違いcoldsweats01 もう涙が止まらず嗚咽までもれる始末で大変だったshock 久々にこんな心にしみる温かく優しい小説を読んだ気がする。「学問を行うのに必要なものは、気概であって学歴ではない。熱意であって建前ではない。」、この一文、とても考えさせられた。門出の桜、月下の雪はとっても良い話なので皆さんにも是非とも読んでもらいたい。ちなみにこの小説には銘酒が沢山登場してきて、我が愛する「呉春」も出てくることを付け加えておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

「愛だけを残せ」

690304967_172

今日は嬉しいニュースが飛び込んできました~heart04 中島みゆきが、松本清張原作の映画「ゼロの焦点」の主題歌を担当することが分かったのですhappy02 中島みゆきが映画主題歌に挑むのは「学校3」の「瞬きもせず」以来11年ぶりのことですsign03 犬童監督が「日本、昭和、女、夢、情熱、時代といったらやっぱり中島みゆきさん」とラブコールをおくって実現したとのことで、今朝のめざましテレビで少しだけ楽曲が流れたのですが、力強い曲に仕上がっていて11月4日の発売が待ちきれませんgood 

しかも11月18日には通算36枚目のオリジナルニューアルバム『DRAMA!』も発売されるとのことscissors 前半部分は中島みゆきが楽曲を提供し話題を集めた吉川晃司主演のミュージカル「SEMPO」からで、主人公「杉原千畝氏」への敬意をこめて作られた楽曲。後半部分は「夜会VOL.15~夜物語~元祖・今晩屋」からの作品となっていて、まさしくドラマ観あふれる1枚の作品と言えそうでこれまた期待大lovely 11月末には夜会VOL.16も観に行くし、まさしくみゆき月となりそうですheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

「永遠の嘘をついてくれ」&阪神4連勝!!!

 今日は久々に中島みゆきが吉田拓郎に提供した曲「永遠の嘘をついてくれ」をつま恋2006で中島&吉田が一緒に歌ったものを聞いていました。この歌はいつ聴いてもあまりの素晴らしさに涙が出てくるほどweep どうせ嘘をつかれるなら、中途半端なものではなく、永遠に死ぬまでつきとおして欲しいと思う今日この頃ではありますcoldsweats01 言葉による傷はいつも深いけど、それでも自分は言葉に対する憧れがとても強くて、言葉を嫌いにはなれまないんですよね。。。ということで今は中島みゆきの「ローリング」を聞いています。

 今日の阪神は、打者一巡の5回だけだったとはいえ、すごい集中打でしたね~happy02 広大も乗り遅れることなく、ヒットを放ってましたし、なんと言ってもブラゼルの2打席連続HRは圧巻でしたgood くわえて、久々にもっさんを一軍の試合で観ることが出来て嬉しかったですhappy01 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

夜会のチケット当選!!!

 今日は中島みゆきファンクラブ「なみふく」での「夜会VOL.16 ~夜物語~本家・今晩屋
」チケット先行予約抽選結果の発表日sign03 先程自宅に戻ってきて、恐る恐る結果をサイトでチェックしてみると、第一希望日に見事当選していました~heart04 チケットは20,000円と大変高価ではありますが、4ヶ月後を楽しみに仕事に励みたいと思いま~すlovely 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

夜会 VOL.15 ~夜物語~ 元祖・今晩屋

 1ヶ月以上も前になってしまったが、昨年12月上旬に赤坂ACTシアターで開催された中島みゆきの「夜会 VOL.15 ~夜物語~ 元祖・今晩屋」を東京在住の叔母と一緒に観てきたP1000288 。まだこれから大阪で上演されるので、ネタバレになることは書かないが、山椒大夫の安寿と厨子王の話を元に繰り広げられる独特の世界観が何とも言えなかった。特に第2幕は素晴らしい歌の連続でまさに圧巻!あっという間の2時間半だった。特に最後の歌はCDにしてもらいたいなぁ。。。それともDVDになるのかな?!ちなみに特製グッズ売り場で文明堂製の「夜会カステラ」なるものを買ってみたcoldsweats01 味は普通のカステラでしたP1000303 (爆)

 ちなみに最近よく聴いている中島みゆきの歌は「重き荷を負いて」。下に2番の歌詞を書きうつしてみた。

掌の傷口を 握るのが精一杯
愛を拾う余裕もなく 泥を拾う余裕もなく
ひび割れた唇は 噛みしめるのが精一杯
過去を語る余裕もなく 明日を語る余裕もなく
がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
ふり仰ぎふり仰ぎ その都度転けながら
重き荷を負いて 坂道を上り行く者ひとつ
重き荷は重く 坂道は果てもなく続くようだ
がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
這い上がれ這い上がれと 自分を呼びながら

 皆さんはどう感じられるでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)