« 久々の休日らしい休日 | トップページ | 歌の力 泣かないでアマテラス »

2011年5月 5日 (木)

映画「ヤコブへの手紙」を観て

 連休も残すところ今日で終わりcoldsweats01 休みはあっという間に過ぎていきますね。それでも金曜日働けばまた土日、卒業生の結婚式や学会はあれど、それでも気分は違いますよね。今年のGWは遠出はしなかったものの、家族とのんびりゆったり過ごすことが出来ました。大学野球の応援にも行ったし、部活の同窓会では懐かしい面々との再会も出来たし、家族で温泉に行ったりも出来たしで、充実したGWでした。

 さて、そんなこんなでGWの4日は以前から観たいと思っていた私の大好きな監督の一人であるクラウス・ハロの作「ヤコブへの手紙」を観てきました。2009年の作品にも関わらず、1_news_1_15_03_2 北海道ではようやく先月下旬からの公開で正直まちくたびれてしまいましたよ。。。

 マンチェスター時代には「コーナーハウス」という規模は小さくても大変素晴らしい映画を沢山上映してくれる映画館があって、しかも£3で観られたのでほぼ週に2~3回で通ってました。

 ただ札幌にも多くの映画ファンがいるようで、70席位のシアターは開場とともに満席で通路にパイプ席をおいての臨時席を設けるほどの賑わいでした。

 75分という集中力が途切れぬ時間のなかでの話の展開が素晴らしく、本当に観に来てよかったと思える作品でした。登場人物(主はたったの3人)やセリフは決して多くはないし、物語が伝えるメッセージもとってもシンプルなんだけど、人間の心の奥深さが、雨や風景などの自然描写も含めて豊かな表現方法で丁寧に描かれている作品と言えるでしょう。しかも音楽もとってもシンプルでピアノの旋律がとても美しく、作品ととても合っていました。

 これだけの限定された(登場人物、風景など)なかで、人生とは何かを問い続ける作品を作り出せることに人の持つ力の凄みを久々に感じました。是非一人でも多くの方に観て頂きたい作品です。

|

« 久々の休日らしい休日 | トップページ | 歌の力 泣かないでアマテラス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/51580765

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヤコブへの手紙」を観て:

« 久々の休日らしい休日 | トップページ | 歌の力 泣かないでアマテラス »