« 中島みゆきコンサート2010@札幌 | トップページ | 今年も皆さま、お世話になりました~! »

2010年11月 9日 (火)

『叡智を生きる 他者のために、他者とともに』を読んで

1102967542

 母校である上智大学出版会から8月に出版された『叡智を生きる 他者のために、他者とともに』をようやく本日読み終えることが出来た。この書籍、上智大学が2013年に創立100周年を迎えることから、上智大学とは一体どのような大学なのか、上智大学そのものを再確認し、上智(SOPHIA)の由来、創設の経緯に始まり、ソフィア・プライド(矜持)やキリスト教ヒューマニズムの解説まで、歴史的エピソードを交えて、上智の教育精神を紹介しているもの。

 色々なことを大学時代に学ぶことが出来たけど、やはり私が上智で一番学んだことは、今回書籍の副題にもなっている“Men and Women for Others, with Others”(他者のために、他者とともに)の精神。哲学や倫理学以外の講義でもたえず「自分の才能や能力を自分の満足や利益のためでなく、他者のために役立てることを誇りに思うように」とのメッセージが込められていたように思う。

 この強いメッセージを大学時代に全身に受けることが出来たことは、今の職業に大きく影響しているかな。。。 

|

« 中島みゆきコンサート2010@札幌 | トップページ | 今年も皆さま、お世話になりました~! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

他者のために・・キリスト教の精神とかとも
関係あるのかな・・

いい大学といい出会いで人の一生って
決まってしまうね・・

今の道につながる進路でよかったね♪

投稿: boss | 2010年11月 9日 (火) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/49975170

この記事へのトラックバック一覧です: 『叡智を生きる 他者のために、他者とともに』を読んで:

« 中島みゆきコンサート2010@札幌 | トップページ | 今年も皆さま、お世話になりました~! »