« マンチェスター到着!!! | トップページ | 子どもホスピスを日本に! »

2009年10月22日 (木)

「愛だけを残せ」&『神様のカルテ』

2009910164840

皆さん、お久しぶりです。イギリスでの楽しいひと時をアップしたいのですが、なにせ帰国したら仕事が山積みで、自由な時間をほとんど取ることが出来ずにおります そのような中、ラジオで一足先に11月4日発売の中島みゆきのニューシングル「愛だけを残せ」を聴くことができました 以下が1番の歌詞となります。

「愛だけを残せ 壊れない愛を 激流のような 時の中で 

 愛だけを残せ 名さえも残さず 命の証に 愛だけを残せ 

 止むに止まれぬ人生は綱渡りだ 選ぶつもりで選ばされる手品だ

 闇の中の風のように 突然に愛は居所を求める 

 弱き者 汝の名を名のれ しなやかに 強き者 汝の名を名のれ ささやかに

 みんな果敢無くて みんな愛しくて 振り返ってしまうから  

 愛だけを残せ 壊れない愛を 激流のような 時の中で 

 愛だけを残せ 名さえも残さず 命の証に 愛だけを残せ」

う~ん、素晴らしい曲に仕上がっていて、毎日何度も聴いています。早くCDで全曲を聴いてみたいですね

41nb6ls7e1l__sl500_aa240_

話はかわって、最近専門書ばかり読んでいて、なかなか小説を読む時間を持つことができなかったのだが、先日札幌に戻ってくる飛行機の中でようやく読みたいと思っていた『神様のカルテ』を読む時間を持つことができた。しか~し、この本を飛行機の中で読んだのが大間違い もう涙が止まらず嗚咽までもれる始末で大変だった 久々にこんな心にしみる温かく優しい小説を読んだ気がする。「学問を行うのに必要なものは、気概であって学歴ではない。熱意であって建前ではない。」、この一文、とても考えさせられた。門出の桜、月下の雪はとっても良い話なので皆さんにも是非とも読んでもらいたい。ちなみにこの小説には銘酒が沢山登場してきて、我が愛する「呉春」も出てくることを付け加えておく。

|

« マンチェスター到着!!! | トップページ | 子どもホスピスを日本に! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中島みゆき」カテゴリの記事

日本ハムファイターズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「愛だけを残せ」&『神様のカルテ』:

« マンチェスター到着!!! | トップページ | 子どもホスピスを日本に! »