« 地元に大集合の2日間!&平野HR! | トップページ | 帝国ホテル大阪 »

2008年5月14日 (水)

頂きもの三昧!

 GWは特に遠出をするわけでもなく、自宅と実家を往復したくらい いつもに比べてとっても地味な過ごし方をしていた私を天は見てくださっていたのか、GW期間中にとっても嬉しい頂き物が2つ届いたのであります。

 まずは新潟に旅行に行っていたS姉から新潟の銘酒「麒麟山」が届いたのだP1000544  そもそもS姉は阿賀町で開催される「つがわ狐の嫁入り行列」に参加するために新潟入りしていたとのこと。この「狐の嫁入り行列」の由来は、麒麟山に多くの狐が住んでいた事や、古くから狐火(鬼火)といわれる現象が頻繁に見られる事等、津川の地には狐火にまつわる言い伝えが沢山あり、その言い伝えの一つといわれているもの。又、かつて津川の地では夕刻から夜にかけ、提灯行列で嫁入りを行っており、この行列が麒麟山の峠を越える際、狐火と混在して見えたこともこの言い伝えの背景にあるらしい。この行事の際に、なんと麒麟山酒造の酒蔵は一般解放されるので自分も一度は行ってみたいと思っていたのだ 好奇心旺盛なS姉ももちろん酒蔵見学をしてきたらしく、その際にこの季節限定の「狐の嫁入り(花婿)(花嫁)(子狐の舞)」の3本セットを送ってくれたのだ というわけで、我慢できずに早速実家に帰る特急電車の中で(子狐の舞)を頂いてみたのだが、大変口当たりのよい爽やかな酒であった S姉、どうもありがとうございました~。お礼にアスパラを送りましたので、もうしばらくお待ちくださいね

 そして次に届いたものは、淡路島に旅行に行っていた高校時代の部活の後輩Nから淡路牛P1000550  淡路牛は筋繊維が細かくてやわらかく、肥育すると脂肪が肉質に細かく入り込み、筋肉の鮮紅色と、脂肪の白色が交雑する「サシ」がはいり、最高級の「霜降り肉」となることで知られていて、熱を加えるとサシが溶け、やわらかく舌ざわりが良く、筋肉のうま味と脂肪の香りが微妙にとけあい、まろやかな和牛肉独特のおいしさをかもしだす それもそのはず、但馬牛の導入・交配により淡路牛が誕生しているからなのだ というわけで早速届いた夜にすき焼きにしてみましたP1000551 P1000552  ここでもmatuさんのガスが大活躍(爆) いやぁそれにしても、やはり美味い、の一言に尽きますな。噂に違わぬ味でした。こんな素晴らしいものを送ってくれたNには大感謝です どうもありがとうございました~ 

|

« 地元に大集合の2日間!&平野HR! | トップページ | 帝国ホテル大阪 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頂きもの三昧!:

« 地元に大集合の2日間!&平野HR! | トップページ | 帝国ホテル大阪 »