« 阪神コーナー | トップページ | やっと動いた! »

2008年4月15日 (火)

極めて妥当な報告書&ひーやんは本物だ!

 今日極めて妥当だと思える報告書が提出された。なんの報告書かというと、放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送倫理検証委員会」が提出した山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審を扱ったテレビ8局、延べ33番組についてのもの。この報告書の中では「被告や弁護人を批判するニュアンスが濃く、公平性や正確性に欠けた」などとする意見を発表した。会見では、「来年5月に始まる裁判員制度でテレビが不当な影響を与え、誤った裁判を行うことになれば非常に重大な問題になる」と懸念を述べ、また、被告や弁護側の批判に終始し感情的に制作された、遺族と弁護側の対立構図を描いて検察側を軽視した、ゲストの発言が一方に傾いても司会者が調整役を務めた番組が極端に少なかった、などと批判している点も重視したい。このような報告書が出されたことに救いの光を見た気がした。

 この事件に関する報道のみならず、日本のマスメディアはあまりに感情的で一方的な報道しかせず、かつ、大変無責任な発言が目につく。それが一部のマスメディアであればまだ救いがあるのだが、それがほとんどとなると始末が悪い。特に最近の日本人は情報の正否や価値判断までも情報に頼っている観がある(実はマスコミ各社にもこのことが当てはまるような気がする)。もっと言えば、自分自身で物事を考えることを放棄しているようにさえ見えるのだ。だからマスメディアでネガティブな報道がなされると世論は大方その考え方に染まってしまう。自分で判断を下したつもりであっても、実のところはそうではないことのほうが多いのだ。その意味で、マスメディアの与える影響は大変大きく、各社はその責任の重さをもっと自覚すべきだ。

 閑話休題、阪神の好調さが続いていて嬉しい限りですhappy01 先発のアッチソンも素晴らしいテンポでの投球だったし、打つほうも赤星に始まり新井や金本、鳥谷なんぞは走者一掃のタイムリー、矢野の調子も上がってきてということなし!そしてなによりもひーやんの素晴らしいヒットheart04このまま調子が良ければ交流戦でのDHでの活用もあるかもしれませんね。っていうか札幌ドームで見てみたいlovely 唯一の問題は今岡のやる気の感じられないスイング(っていうか見逃し三振ばかりでスイングしてるのか?!)ですなangry いい加減今岡はスタメンから外してほしい。明日も気持ちの良い試合を期待していますscissors

 

|

« 阪神コーナー | トップページ | やっと動いた! »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです
虎、絶好調ですね^^

マスコミに関しては同意です。
また国民感情も最近は緊張し放しのようで、一過性、発火性が高い気もします。他人に冷たい、って感じでしょうか。
責任追及も大切ですけど追跡結果や対策についての報道もしていかないと、結局似たようなことで毎回騒ぐだけと思います。
民主国家なはずなのに・・・

また書き込みしまーす

投稿: えいたろー | 2008年4月16日 (水) 00時57分

> えいたろー

 本当に民主国家なのにねぇ。。。やはり
まだまだ未熟な国ということですね。。。
少しでも変えていくことができるようにお互い
がんばりましょう!

投稿: torada | 2008年4月27日 (日) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/40892458

この記事へのトラックバック一覧です: 極めて妥当な報告書&ひーやんは本物だ!:

« 阪神コーナー | トップページ | やっと動いた! »