« 桜井広大ユニ作ってみました! | トップページ | 今期初の阪神観戦 »

2008年3月23日 (日)

「岡本でございます!」千秋楽@Theatre/Tops

 今日は阿部英貴さんが出演する西村雅彦さん主演の「岡本でございます!」を新宿にあるTheatre/Topsに観に行ってきたOkamotodegozaimasu 。しかも今回の演出はTheatre劇団子でお馴染みの石山英憲さんということもあり、楽しみは膨らむばかりlovely 

 シアターに着いたのは時間ギリギリとなってしまい駅から走ったためか、はたまた今日の陽気のためなのかは定かではないが汗だくで席に着くcoldsweats02 シアター内は既に満席で千秋楽と言うこともあってか独特の緊張感に包まれていた。このシアター、今日が初めてなのだが、この座席から舞台までの距離感が何とも言えない臨場感を生み出していて何だかイギリスのシアターを思い出させる。イギリスでは毎週舞台やミュージカルなどを観ていたのを考えると本当に贅沢な空間に身をおいていたのだな、とつくづく思う。

 そんなこんなであっという間に開演し、約2時間の公演は笑いあり涙ありで無事に終了。千秋楽と言うこともあり最後には出演者全員の挨拶もあり、この挨拶がこれまた時には涙ありの愉快なもので最後の最後まで楽しませてくれるものであった。何だか千秋楽の舞台を観るのが癖になりそうcoldsweats01

 今回の舞台、ラジオドラマが下敷きということもあったのか、はたまた石山さんの演出によるためなのか、セリフの掛け合いがとても心地よかったですね。なかでもプロ・ウグイス嬢の寿暁子と主人公の岡本多喜男のやりとりは本当に笑いがとまらないほど面白ろ可笑しくもあった。阿部さんも見事に片岡役になりきっていましたね~happy01 演技から片岡の成長の過程も十分理解することができました。今日も阿部さんの演技からいっぱい元気をもらってくることができましたよscissors

 さて、遅まきながら今回の舞台のストーリー、「投票率の低下が懸念される統一地方選挙、なかでも、都心のベッドタウンとして栄える人口4万人弱の東大山市は、例年20%台という地方選史上最低の投票率で有名な街。ひょんな事から、この街の市議会議員に立候補する事になった青年、当選請負人のプロのウグイス嬢、彼の同僚、友人、知人、近所の人、ライバル候補や大物政治家を巻き込んでの大騒動、結果はいかに?!」というものだったconfident そしてそのテーマはというと「無関心とは」ということであった。

 舞台終盤、西村さん演じる岡本が、人前で話すことをあれだけ避けてきていたにもかかわらず、選挙活動最終日に駅前の演説会において何事にも関心を持つことの意味を力強く訴えるシーンがあったのだが思わず涙crying そうそう、そうなんだよ、と何度も頷きながらこのシーンは観てました。そして、今回のこの舞台で言わんとするところは、私が日々やっていることと同じなんだな、とも思えたのです。どういうことかと言うと、「無関心であることにすら気づかない」あるいは「気づけない」学生達があまりに多いため、何事にも関心を持つこと、自分自身にひきつけて物事を考えてみることの重要性をいつもいつも講義や学生との会話のなかで私も説いているから。。。「人に伝える」ということは、本当に様々な方法・媒体があるんだな、と再認識しましたsign03

 教育だけでは周りの世界はかわってはいかない。こうして演劇、音楽、その他様々な文化も一緒になって様々な方向から発信していけば、きっと我々の未来も明るい方向へ進んでいくのではないか、そう思える舞台でした。10月にも西村さんは舞台にあがるようなので楽しみにしています。そしてTheatre劇団子の舞台も8月に行われるので、これもまた楽しみです。

 舞台終了後、阿部さんと再会出来たのですが、やはり充実感に満ちあふれた顔をしていましたね。そして今回は幸運にも演出の石山さんにもお会い出来ました。今後のお二方のご活躍を祈念しておりますscissors

|

« 桜井広大ユニ作ってみました! | トップページ | 今期初の阪神観戦 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/40611026

この記事へのトラックバック一覧です: 「岡本でございます!」千秋楽@Theatre/Tops:

« 桜井広大ユニ作ってみました! | トップページ | 今期初の阪神観戦 »