« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

気持ちはわからないではない(汗)

 先程ヤフーで検索していたら、なんとも驚きのニュースが目に入ってきた。なんでも阪神甲子園球場の事務所に、「球場を爆破する」などと繰り返し脅迫電話をかけたとして、威力業務妨害の疑いで40歳の無職の男性を逮捕したそうだ(汗)。甲子園は現在改修工事中で、電話のたびに職員が球場内を捜したが、実際には爆発物はなかったそうだ。

 この男性、熱狂的な広島カープファンを自認し、同球団からFA宣言し21日に阪神タイガースへの移籍が決定した新井貴浩内野手について「移籍するのが気に食わない」と話しているという。このほか、同様に阪神に移籍した金本知憲外野手などの名も挙げているようで、相当に腹立たしかったのだろう。

 無論、幾ら腹立たしくともこうした卑劣なことは絶対にやってはならないし、かつ、選手も正規ルールに則っての移籍なのだから非はないのだが、それでもやはりこの男性の腹立たしくなる気持ちはわからないではない。これが阪神からJFKそろって広島入りしました、としたら相当に腑煮えくりかえる思いをするであろうことは容易に想像できる。

 今年大きく負け越した広島から強打者を取って来年勝ち越しても(というかこれで勝ち越せなかったらさすがは阪神!ってことになりそうだが 汗)なんだか微妙な気分になりそう。。。それにしても今年の阪神は形振り構わずという感じで、明日からはヤクルトのグライシンガーを取りに行くらしい。なんだかゴミ売のことを言えない状況になってきたよね。。。もっと自前で先発陣位は育てて欲しいものだけど。。。そのために数年、というかしばらくはBクラスでも構わないと思っているのは自分だけなのかな?!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月28日 (水)

P905iに機種変!

 約2年ほど使った色々問題のあったD902iとも今朝でおさらば!朝一番にビックカメラに赴き、P905iに機種変してきました~!Wオープンスタイルに一目惚れしての購入なのだP_02 。カメラも500万画素だよ!もうここまでくると携帯って感じじゃないよね。ともかくビックカメラでは予約が出来ないとのことだったので開店30分前の9時半に札幌駅に到着。ビックカメラに向かうも全然人は並んでいなくて少々拍子抜け(苦笑)。そして待つこと30分、1番でP905iをゲット!しかし、手続きに時間がかかるとのことで実際に手にするまでに1時間40分程かかった(汗)。でも自分が受け取った時には2~3時間待ちになっていたのでやはり早起きは3文の得、ということか!?

 ともかくさっそくワンセグを使ってみたのだが、さすがはVIERA携帯1196238283 !思っていたよりも断然綺麗!これは通勤帰りの際ニュースとかを見るには便利かも。ただEdyなどの電子マネーやメールの振り分け、呼び出し音などを1から設定しなおさねばならないのは面倒だし、DからPへの変更なので、携帯の使用もしばらくは慣れなくて不自由しそう(汗)。後は電池がどれだけ持つかだよね。一応予備で明日1個買ってこようと思ってます。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

あぁ、濱中が。。。(涙)

 デイリーと他のスポーツ新聞各社の情報が異なるけど、ともかく一緒なのは濱中がオリックスにいってしまうということ(涙)。最近デイリーははずしまくっているから、下記のサイトでスポニチ等が報じている濱中、吉野とオリックスの阿部健太投手、平野恵一内野手による2対2の交換トレードということなのだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000006-spn-spo

 ただ、林や桜井等が台頭してきた現在において、怪我の多い濱中の出番は今の阪神では必ずしも多くなく、彼の実力を無にしないためにもDHのあるパ・リーグでのほうが濱中の活躍が見られるのかと思えば喜んで送り出すべきなのかも。。。でも濱ちゃんの応援歌を歌えなくなるのは寂しいなぁ。。。4番を打ってた時代もあったのになぁ。。。ともかく濱ちゃん、オリックスで是非とも花を咲かせてください!

 それでも、平野は内外野を守れるユーティリティープレーヤーで個人的には評価している選手だし、阿部のことは良く知らないのだが、近鉄時代に投手コーチだった久保チーフ投手コーチの下での再生に期待出来るらしいし、来てもらうからには是非とも来季は1軍で頑張ってもらいたいものだ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年11月23日 (金)

vsゴミ売戦勝ち越し記念祝賀会@レトロ屋@水道橋

 早いものでもう先週末のことになるのだが、全国(北は札幌から南はどこだろ?今回は名古屋が最も南だったのかな?!)から阪神ファンのとあるグループが水道橋にある「レトロ屋」に集まっての「vsゴミ売戦勝ち越し記念祝賀会」が開催されたので参加してきた。いやぁ、これが本当に楽しかった!!!半分程の方はチャットでは話したことはあるものの、実際にお会いするのは初めてだったけど、そんなこと阪神ファンであれば関係なし!4時間以上も同じ店で大いに盛り上がった祝賀会であった。

 最初こそ、以前一緒に応援したり呑んだことのある人と話して盛り上がっていたけど、後半は初めてお会いする方々ともすっかりうち解け、盛り上がってきたころには他の客が店にいることも忘れて(いや気づいてはいたが。。。苦笑)六甲おろしの大合唱!この店常連で幹事のMさんは少々呆れ顔ではあったが、他の客がいなくなると1~9を楽しげに歌っていた(実は我々から陰になっているテーブルにまだ1組客がいたことを後で知ることになるのだが。。。)。ちなみにMさんと一緒にくるとオムハヤシもこういう阪神柄になってしまいます(爆)D1002145

 もちろん我々全員イエローユニやレプユニ(そういやぁ1人S君が素のままだったけど)を着ているので、外からも阪神ファンが集っていることは丸わかり。となると黙っていられないのが阪神ファンの性というものであろうか、外からサラリーマン2名ほどが「何の集まりですか?!」と尋ねてきて、一緒に六甲おろしの大合唱!いやはや、阪神ファンの繋がりは留まるところをしりませんな。

 こんな感じでとっても充実した先週末だった次第。幹事役のMさん、ステキな時間をどうもありがとうございました!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

BRAHMS@京橋

 先月のANAの機内誌「翼の王国」に読むだけで涎が出てきそうな記事が載っていた。それはいかにも美味そうなエクレアに関する記事!なんでも京橋に新にチョコレートショップがオープンし、チョコレートもさることながらそこのエクレアが絶品だというのだ。チョコ好きの自分としては是非とも1度は試してみなくては、ということでMY姉の誕生会にいくまえに立ち寄ってみたD1002171 。その店の名は「BRAHMS(ブラームス)

 ここのエクレアはチョコレートエクレアとモカエクレアの2種類あり、双方ともに320円D1002175 。見かけは少々ほっそりしているものの、なんの変哲もない普通のエクレアなのだが、生クリームの割合が絶妙なのだろうか、クリームがベタベタ甘くなく軽いのだ。それでいてしっかりと甘い!しかもシュー皮もサクッとしていてなかなかの食感!甘いお菓子をスッキリと頂けるエクレアの1つと言える。九段下の「ゴンドラ」のエクレアにひけをとらぬ美味さであった。日本橋界隈に出かけた際には是非1度訪れてみてはいかがだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月21日 (水)

上園、新人王おめでとう!!!

 今朝は5時半起きで羽田に向かいJALで北海道へひとっ飛び!(ちなみに今日は国際線機材でクラスJのシートはビジネスクラスのものだった!)新千歳から大学へ直接向かい連続講義。そして家に帰ってきたのが午後9時頃と完全にお疲れモード(汗)。しかし、そんな疲れを吹き飛ばすニュースが入ってきた(笑)。

 そのニュースとは、阪神上園啓史投手がセ・リーグの最優秀新人賞に輝いたのだ。バンザーイ!!!今季は8勝5敗の成績で104票を獲得し、次点の巨人金刃に47票差をつけての圧勝。阪神では01年の赤星以来6年ぶり7人目の受賞になるらしい。これで来季は上園がエースということになりそうですな。

 ともかくこれで幸せな夢を見られそうだ!お休みなさ~いzzz

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

スターフライヤーに乗ってみた!

 先日、京都から東京に戻ってくるとき、大抵の人は新幹線を使うと思うのだが、飛行杵築の自分としては、そこはあえて関空に行って初めてのスターフライヤーに乗ってみることにしたD1002147 。このようにカウンターをコーポレートカラーの黒に統一されていてなかなかシャープな印象をうける。

 いつもなら早めに空港についてもラウンジ等でビールでも呑みながら待っているのだが、今回はSFJのためラウンジが使えない。そこで、昼食をとりながら一杯やって気長に待つことにD1002149 !う~ん、真っ昼間から呑むビールはこれまた最高に美味いね(笑)

 なんやかんやとやっていたら瞬く間に30分前となり搭乗ゲートへ向かうことにする。するといましたいました、真っ黒な機体のA320がD1002146 !!!JAL、ANA以外の国内線に乗るのはAIR DOが就航した際に乗って以来だから何年ぶりになるのだろうか?!ともかくはやる気持ちを抑えながら機体の中へ!

 これがSFJご自慢の黒の革張りシートImg_4079 !中に入ってみてとてもシックな印象を受けた。加えて通常170席クラスの座席を144席に減らし、座席間隔を約12cm広くしているのだが、12cmって明らかに違うね。たかだか1時間程度のフライトなのだが、ゆったりと座れる。これで現在東京-関西空港を9000円で飛べるというのだから何とお得なことなのだろうか?!Img_4082 また座席にもヘッドレストやフッドレストも標準装備されていて快適性が向上している。コートフックやカップホルダーに、そしてコンセントと装備に関しては言うこと無し!加えてタッチスクリーン式のモニターも各席に設置されていて、短いフライト時間ではあるが音楽8チャンネル、動画12チャンネルを楽しむことも出来るのだImg_4084 。特に嬉しいのが、自分が毎日欠かすことのないBBCニュースを機上で見られること!

 今回唯一残念だったのが、気流が悪くたえず揺れていたためホットドリンクのサービスが無かったこと(汗)。よって自慢のタリーズコーヒーやミネストローネを頂くことが出来なかったのだ。次回こそは試してみたいもの。

 ということで総合点をつけるとするならば、ほぼ満点に近いですな。何よりも座席がとっても快適なのがポイント高い!次回は是非とも北九州便に乗ってみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

よろにく@南青山

 今日はY姉、J姉とともに焼き肉の「よろにく」に行ってきたD1002169 。なんでもJ姉の職場の友人が開いた店らしく、1度行ってとても美味しかったというので、今回行ってみることになったのだ。

 骨董通りから一歩入ったところにあるこの「よろにく」、まず門構えからしてこれが焼き肉屋だと思う人はいないだろう。そして中に入ってみるとこれがまたモダンな作りになっている。まずは美味そうな酒が多数並んでいるバーカウンターがあり、室内もなかなか斬新な感じに統一されているD1002152 D1002151

 今回はお肉はお任せにして楽しむことにした。先付けとして帆立の和え物、それからキムチ3種が出されたが、これが味もさることながら器もユニークなものが使われており第一印象はとっても良いD1002167 D1002166

 お肉としてはまずユッケやセンマイ、そして刺身の盛り合わせD1002165 。う~ん、最近ここまで美味しいユッケを頂いた記憶がない!このお店、赤肉に相当の自信と誇りを持っている。その全てが凝縮されているかのような感じがした。もちろん刺身もセンマイも美味いことは言うまでもない。

 そして焼き肉へとうつっていく。始めはヒレを塩・胡椒で頂き、次にハラミ、タン、ハツの盛り合わせを頂いたがどれもがゴマ油等で下味がつけられていてタレをつけて食べる必要がないのも感動ものD1002162 D1002163 !それから口なおしとしてお吸い物が出てくるのも何とも気の利いたサービスかD1002160 。美味しいお肉を十分に味わってもらいたいという店主の心意気を感じることが出来る。

 それから徐々に脂身を含んだお肉へうつっていく。その中でもユニークだったのが、ザブトン(肩ロース)の部分をご飯と一緒に頂くというものD1002158 !一口程度のご飯が盛られた器がサーブされたとき、頭の中には「?」マークが浮かんだのだが、このお肉、特製ダレを十分につけてご飯と一緒に頂くとまた格別に美味いとのことで、モノは試しで実践してみると本当にご飯ととってもよく合う!焼き肉って後半になってくると味が単調になって飽きてくるときがあるけど、こういう色々な味の楽しみを提供してくれるお店って本当に貴重だと思う。

 加えてシンシン(牛の内ももの一部で一頭の牛から4キログラム程度しかとれない)など普通の焼肉店では裏メニューとなってしまうような貴重な肉も頂くことが出来るのだからもう肉好きの自分としてはたまらないお店なのだ。そして最後にサーロインの部分を頂いてお任せの焼き肉は終了D1002154 。どうです、この見事な肉は???誰もがこの肉を見たら絶対にこの店に行きたくなりませんか???

 そしてまだ小腹が空いていたので、お店のお勧めであるアサリの深川ビビンバと素麺を頂くことにするD1002156D1002155 。ビビンバも美味しかったが、この素麺、まずはこのまま頂き、それからそえてあった京都の錦商店街の内田漬物のダイコン漬を入れて食べると違った味を頂けるように工夫されておりサッパリした味は焼き肉の〆としてはとても相応しいように感じた。

 最後にデザートとしてかき氷を頂くことに!しろくまのかき氷とほうじ茶のかき氷を頂いてみたのだが、特に練乳たっぷりのしろくまのかき氷は絶品D1002153 D1002150 !!!あれだけ食べたのにあっさりとお腹に収まってしまうのが何とも不思議なのだが、それくらいにこのかき氷、どんなにお腹が一杯でも食べる価値ありです。

 ちなみに今回は、石垣島の泡盛である請福で作られた梅酒を頂いてみたのだがこれも甘さがしつこくなくなかなか美味しかった。

 ホールスタッフの方も手が空いている限り、肉を1枚1枚丁寧に焼いて下さる上、説明もとっても丁寧で肉に対する情熱の深さを感じることが出来る。加えてコストパフォーマンスがとっても高いのだ!特に赤肉の美味さを味わいたいなら東京ではこのお店と言えるのではないか。この他にもチヂミ等様々な副菜もメニューにはあるので次回はもっと色々と試してみたいものだ。是非とも肉好きの方には1度訪れてもらいたいお店だ。きっと満足してもらえるであろう。Y姉、いつものことながら今回もどうもご馳走様でした!!!

 よろにく
港区南青山6-6-22ルナロッサB1F
03-3498-4629

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

紅葉@神護寺

 一昨日の金曜日、後輩Dと京都駅に朝8時に待ち合わせ向かった先は高雄にある神護寺!もちろんお目当ては紅葉を見ることである。バス停にいるおっちゃんからフリー切符800円を購入していざ出発(片道500円だから単純往復するだけでもフリー切符がお得)!バスに揺られることおよそ50分、最寄りの山城高雄に到着D1002142 。京都の紅葉も例年に比べると1週間から10日程遅れているということだったのだが、やはりここまでくると今が見頃という感じだ。しか~し、この神護寺に行くためには、まずは長~い階段を下ることから始めねばならない。前夜2時半頃までホテルで仕事をし、朝7時には起きてここに来た身としては何とも辛いのだが、ともかく階段を下って神護寺の入り口まで行くことにするD1002140 。神護寺に行くためにはこの赤い橋を渡っていくのだが、その橋の下を流れる「清瀧川」の辺りもなかなかの絶景!(ちなみにこの川は能の謡にも出てくる)。そしてここからが階段上りの本番(汗)D1002139 。いやぁ、普段の運動不足を感じますなぁ。。。膝がガクガクいってくるのだ。それでも美しい紅葉目指してひたすらこの階段を上ること15分。ようやく神護寺の境内に到着D1002136 !わぉ~!!!参道の両端に見事なまでに紅葉した木々を眺めただけで一瞬にして疲れは吹き飛ぶほど美しい!朝早起きして来た甲斐があったね、と後輩Dと話しながら境内を隈無く散策することに。すると本当に今が見頃とばかりにあちこちで木々が競い合っているかのごとくに美しい景色に遭遇するD1002135 D1002132 D1002131

 このように本堂に着く前に自然の織りなす美に既に圧倒されていた我々ではあったのだが、次に向かった先は、本堂への階段。よくドラマやCM等で使われているので、この光景を目にした人は多いのではないかD1002133 。この階段を歩いているとなんとなく気分は2時間ドラマの帝王・船越英一郎の気分になってくる?!

 そして本堂周辺を散策していると今回のベストシーンとも言える景色に遭遇。それがこの左側の写真D1002113 。これぞ日本!という感じがしませんか~?!そして次に向かった先は5分ほど歩いたところにある西の地蔵院からの「錦雲峡」を眺めることにD1002119 D1002118 。ここは厄除としてここから素焼きの「かわらけ」と言う小さなお皿を谷底に投げるのだが(ちなみにこのお皿は土にかえるのでゴミにはなりません!)、これがなかなか遠くまで飛ばすのが難しい。まずは後輩Dが挑戦するもすぐに失速しイマイチな飛び!(汗)するとその時、団体客がどっと押し寄せ、観光ガイドの方が見本として飛ばすと一斉にどよめきが!う~ん、さすがはガイドさん、飛ばすのが上手だ。コツとしては皿を裏側にしてフリスビーのように飛ばすのが良いようだ。そこで自分も真似して飛ばしてみると、ガイドさんほどもちろん上手くはいかなかったのだが、少なくとも後輩Dよりはまともに飛ばすことが出来た!

 そんなこんなで歩き通しで少々疲れたので、高雄を去る前に茶店に立ち寄ることにD1002125 !そして「もみじ餅」なるものを頂くことにするD1002126。なんだか見かけは今話題の「赤福」に似ている感じもする(苦笑)。ともかく素晴らしい紅葉を眺めながら食べる餅はこれまた格別であった。こうして大満足で高雄を離れ関西空港に向かった次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

遙かなる山でヤッホッホ

 今日は京都から急いで東京に飛行機で戻ってきて向かった先は新宿の紀伊国屋ホール。というのも、阿部英貴さん出演の舞台、Theatre劇団子による「遙かなる山でヤッホッホ」を見るため19ch !舞台を見るのは久々で今回を本当に楽しみにしていたのだ。

 今回はとある山小屋を舞台にしたお話だということしか阿部さんに伺っていなかったので、期待をふくらませて今日を迎えていた。そして約2時間40分の公演を見終え、結論から言うと大変面白い舞台であった。阿部さんの演技はますます磨きがかかっていたし、映像等もうまく取り入れ(これがとても効果的!)、時折入るアナウンスも通常のアナウンスとに一捻り入れたものになっているなど、笑いあり涙ありの内容の濃いものに仕上がっていたように思う。ただ、いくつものエピソードが折り重なっている舞台なため、私には少々話の切り替わりについて行けない部分があったことが残念な部分でもあった。

 ところで、あまり書くとこれから週末に見る人にネタばれになってしまうので詳細は書かないが、なんと、今回の舞台のストーリーに山で遭難し亡くなってしまう人の話が盛り込まれていたのだが、このシーンで、フラッシュバックのごとく、自分がイギリス在住中に後輩が山で亡くなったことを思い出してしまい思わず号泣。。。後輩が亡くなったのがちょうど12月のことだったから余計に思い出されたのかもしれないのだが、どうしても気持ちが公演中元に戻ることなく涙がとぎれることは無かったのだ(汗)。舞台終了後、阿部さんに挨拶だけして早々に会場を立ち去るも涙がとぎれることはなく、思わず耐えられなくなり後輩Tに電話するも会社から帰宅したばかりのようで話に付き合ってもらうわけにはいかず、シンガポール在住の友人Rに電話。すると瞬時に状況を察知してくれるも子どもに食事をさせている最中だったようで、一旦電話を切り、家に戻ってから散々話して発散し、漸く気持ちを落ち着かせることが出来た位に何だか深く落ちてしまっていた模様。なんだかんだと言いながら、未だに後輩の死を受け入れることが出来ていない自分に気づかされてしまった。。。それでも今回の演劇のテーマでもあった後輩との「思い出」が自分の中に沢山あるので、それを胸に抱き今年も墓参りに行ってこようと思った次第。

 まだ明日の昼、夜の公演分はチケットが残っているようなので、是非とも足を運んでもらいたい公演なことは確か!芝居って本当に心を豊かにさせてくれる文化だとしみじみ実感出来ることだろう。阿部さん、今後のますますのご活躍期待しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ここはバーゲン会場か?!京都国立博物館のひどい係員達

 今日は名古屋に飛んで一仕事した後、急いで新幹線に乗り込み京都に向かった。というのも現在、京都国立博物館において「狩野永徳」展が18日までの1ヶ月間開催されていて、これをどしても見逃したくなかったからなのだD1002108 。京都に着くやいなや今晩の宿であるリーガロイヤルホテル京都にチェックインをし、荷物は部屋に入れておいてもらうことにしてそのままフロントからタクシーに飛び込み京都国立博物館へ向かった。

 京都国立博物館の建物はルネッサンス様式にして東洋的手法とバロック的手法を用いて建てられている評判の建物D1002109 。しか~し、な、なんと平日の夕方にもかかわらず待ち時間は30分とのこと(汗)。着いた時間がすでに午後4時半で今日の閉館時間は午後6時だから、順調に流れたとしても見学時間は1時間しかない(涙)。まぁ、京都でしか開かれない展覧会だししょうがないか、と一緒に並んでいる方々と話しながら待っていると、結局は20分ほどで中に入ることが出来た!

 そして中に入ると、いやぁ人の頭を見にきたのかという位に込んでいる!(汗) ともかく時間がないので自分が今回見たいと思っていた、アメリカの美術館から借りた数点の作品を見るために館内を移動し、ある部屋にたどり着くと、いましたいました。J姉が激怒していた輩がわんさかと。。。実はJ姉は2週間ほど前に先にこの展覧会を見に来ていて、この京都国立博物館の係員の行動に対して激怒していたのだ。

 その行動とはどんな行動かというと、今回の世間での一番の目玉は「洛中洛外図屏風」(個人的には初公開となる洛外名所遊楽図屏風だったのだが 汗)。その屏風がある部屋がもう4,5名の係員達の最悪な誘導によってまるでバーゲン会場と化してしまっていたのだ!(怒) 「立ち止まらないでください!」「少しずつ動きながら見て下さい」「後ろ側は空いています」「まだまだ後にも作品が沢山あります」などなど、ここは静かに作品を楽しむ場所であるはず!その秩序を乱す人のみを制止すれば良いだけなのに、ひたすら同じ文言を馬鹿の1つ覚えのごとくリピートしているのだ。なんと愚かな行動か。。。こんなことをしているのは日本くらいだよ(怒)。「モナリザ」のあるルーブル美術館だった多数の観光客が1枚の絵画をみるがためにおしかけてくるが、周りにいる警備員が「たちどまらないでください!」などとやかましく叫ぶことは絶対にない。その絵が気に入れば他の作品に見向きもせず閉館時間までずっとその場にとどまり作品に向かい合っていても一向に構わないはずである。にも関わらず、1枚の絵や作品と直接向き合うために博物館にまで足を運んでいる人々に向かって「立ち止まるな」などと注意するだなんて失礼極まりない。これが国立博物館の職員達によるものなのだからただただ呆れるばかり。あまりにひどいので一言直接職員に申してきました!そしてアンケート用紙にも書いてきました。あぁいう職員を養成しているとは日本の文化行政の程度がしれるというもの。。。J姉が激怒していたもの納得であった。

 ちなみに展示の導線も最悪で、いやはや、不満ばかりが募った展覧会であった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

久々の好きやねん

 今日はようちゃんが東京から戻ってきているということで、まつさん、そしてあきちゃん親子と一緒に好きやねんで呑んできた。野球のオフシーズンということで好きやねんに来るのも3週間ぶり、とちょっとご無沙汰していたのだ(汗)。

 私以外の皆はボーリングをしてから好きやねん入りしていたが、私は仕事のため皆より遅れての好きやねん入り(涙)。でもちょうどもつ鍋が出来たころだったので待たずして頂くことも出来、ラッキーだった!久々にここのもつ鍋を頂いたがやはり美味しいね。梅酒とよく合います!いつも思うけど、この6月に知り合えたメンバーとは思えぬ楽しさがいつもあります。ようちゃん、ご馳走様でした!

 次の阪神呑みは今週末の東京なのでこれまた楽しみ!題して「ゴミ売に勝ち越し祝勝会」です。その模様は後日アップしますね~。というわけで明日の京都出張の準備をしなければ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

お前が言うべきことか?!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000013-sanspo-spo

 まずは、この記事を読んでもうただただ呆れるのみ。

 岡田は3年契約をしたというが、やはりOB監督じゃダメなんでしょうな。 フロントに迎合してなぁなぁのことばかりしますから。。。結局、指揮官は選手の鏡、選手がバカなのは監督がバカだから!それがわからないのは 無能というかただの裸の王様ということですな。

 これが鳥谷が同じようなミスをしたら岡田は同じようなことを言うかね?!これじゃ選手の士気が上がるどころか初っぱなから下がるのみですよ。何を考えているんだか。。。

 塩野七生がローマ史を書いているときに、その時代に登場する人物の彫像をよく見るようにしている、と話していた。なぜなら、顔はどれだけ優れた武将であるかを雄弁に物語っているというのだ。その点から言うと、岡田は命をかけて兵士がついていく、という顔をやはりしていなく、やはりついていくなら星野だろう。選手はバカじゃない。岡田もまずは分をわきまえ自分のすべきことしっかりしなければファンが黙っちゃいないことを肝に銘じておくべきであろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

やまだや@築地

 月に最低1度は訪れている築地の「やまだや」さん。いつもの定番料理が美味いことはもちろんのこと季節の素材をうまくつかった料理を出してくれるのみならず、時折日本各地へ店主自らが赴き様々な素材・酒・器を探し出してくるほど研究熱心なお店であるがゆえに、何度通ってもいつも新鮮で飽きがこないのだ。

 ということで今回の新しいメニューがこの伊予水軍鶏を使った「鶏すき」D1002099 !今回はやまだや初体験となる後輩のI&Pと一緒に食したのだが、いやはや、この前「鳥よし」で焼き鳥にしても美味かったけど、すきやきにするとまた違った味わいを楽しめる鶏だね、こりゃ。お豆腐やお野菜にも鶏の出汁が十分染みていてこれまた美味。最後の最後にこの鶏すきが出てきたため、この時点で結構お腹は満足していたのだが、残った汁に鶏を足して親子丼にすると美味い、と店主に説明されて頼まないわけにはいかない!ということで作っていただいのがこれD1002098 。人形町の「玉ひで」の親子丼も美味しいが、この親子丼もひけをとらぬ美味しさ!伊予水軍鶏の旨みが凝縮されているといった感じがする。少々お腹がきつくとも是非とも食べてみたほうが良いですよ!

 ちなみに来週またこの鶏すきを食べに伺うことになっています(苦笑)。J姉、S姉、そしてMY姉、楽しみですね~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

ISOLA TRATTORIA (イゾラトラットリア)

 二子玉川の高島屋内にあるISOLA TRATTORIA (イゾラトラットリア)でM叔父、J姉らとディナーをとってきた。このISOLAは白金などに店を構えるイタリアンのお店でJ姉曰わくなかなか美味しいお店、とのことなので楽しみにしていたのだ。

 今回は前菜やパスタ、そしてピッツァ(白魚のピッツァは絶品だった!)などは皆でシェアしていただき、メインをそれぞれ頼むというつもりでいたのだが、それぞれが比較的ボリュームがあるとサービス担当のS氏(この方がなかなかユニーク!)から説明を受けたことから、メインも「厳選産直銘柄豚のじっくりロースト~ニンニク風味のジャガイモのピュレと共に~」D1002096 と「牛テールの赤ワイン煮込みのニョッキ添え」D1002097 の2つをシェアしていただくことにした。私はまず牛テールから頂いてみたのだが、口の中にいれた瞬間にくずれてしまうほど柔らかく、そしてやはり骨の周りの肉はやはり美味いよね。ワインが進んで困ったほど(汗)。くわえてさすがはイタリアンのお店なだけはある、添えてあるニョッキもこれまた美味。これは定番メニューではないようなので、食べたい方は急がれたほうが良い。そして次に豚のローストを頂いてみたが、これも焼加減がなかなか素晴らしく香ばしさを楽しめた一品であったが、この時点でお腹が一杯であったため、一口食べたのが精一杯だったのがとても残念(涙)。それにしても、最近はどちらかというと牛より豚好きに変わってきた感じがする。。。ちなみにデザートはイタリアンでは恒例の「クレーマカタラーナ」D1002095 。やはりどんなにお腹が一杯でもデザートは別腹ということか。。。(汗)

 今度は白金のお店にも是非行ってみたいと思える味であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

パークサイドダイナー@帝国ホテル東京

 先日、M姉&Y男と帝国ホテル東京内の「パークサイドダイナー」(以前のユーリカ)にてランチをしてきた。Y男はお腹が空いていたためか少々お疲れモード。ということで早速オーダーしてランチをとることに!Y男のオーダーした「ミルクバターのパンケーキ」も美味しそうだったのだが、色々と迷ったあげく、グラタン好きの私は「カルボナーラ風グラタン ポーチドエッグ添え」をオーダーD1002094

 M姉とも話していたんだけどなんだかユーリカ時代よりそれぞれがスモールポーション化された気がするのだが気のせいだろうか?!量はともかく、味は以前と変わらずなかなかのお味なのだが(一度家で作ってみたのだが、カルボナーラをオーブンで焼くとなかなか美味です!)、もちろんこれだけでは足りるはずもなく(汗)、Y男の残したパンケーキも頂くもまだ小腹が空いている感じ。そこでデザートを1つオーダーしM姉とシェアすることにD1002093 !これ、チーズクリームをロールしたものなのだが、添えてあるベリーソースと一緒に頂くととっても美味!さっぱりしたデザートを頂きたいときにはこれをオーダーすると良いかも。

 パンケーキを食べた後のY男は普段のY男で、時折愉快な表情を浮かべ、我々は我々で紅茶をおかわりしながら1時間ほど話をしてランチは終了。次回はS兄と一緒にもつ鍋屋にでも行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

鳥よし@駒込

 先日の益子焼祭の帰りに渋滞にはまってしまい東京に戻ってきたのは午後8時半頃だった。そこで一緒に行ったT君にゆかりのある駒込駅からほど近い場所にある「鳥よし」(東京都豊島区駒込1-2-6 03-3945-1402)で遅めの夕食を頂くこととなった。この日は1人で麹町の秋本に鰻でも食べに行こうと思っていたので嬉しい誤算!

 店に着くと、我々が行くことが知らされていたためか、すぐに刺身の盛り合わせが出てきてお腹がぺこぺこだったのでとっても嬉しかったD1002085 !特に今の時期は秋刀魚の刺身が抜群に美味かった!またこの店では東京では珍しい伊予水軍鶏を頂ける店で、その鶏をつかった焼き鳥も出していただけたのだが、歯ごたえがしっかりとして旨みも十分D1002083 。これを食べながら呑むビールのこれまた旨いことったらありゃしない!

 この後はT君が調理してくれた品が2品出された。1つがこれから本格的な旬を迎える「牡蛎フライ」D1002084 、そしてこの店のもう1つの名物とも言える「鰻」であるD1002082 !!!帰りの車の中でT君からこの店は鰻が美味しいと聞いていて、鰻大好き人間の私が前もってリクエストしておいのだ。う~ん、ほっこりしていて思わずご飯をリクエストしてしまったほど!もちろん肝吸いも出てきてもう至福の時だった。おかみさん曰わく、白焼きもお勧めだそうで既に次回が楽しみにしているところ(笑)。このときにはお酒もビールから日本酒へ。これまたお酒も旨いのがそろっているのだよ、この店は!本当に1度は伺うべき店だと思うよ。

 そして最後になんと、「鮟鱇鍋」までもが出てきたD1002081 !おやじさんが相当に鮟鱇にこだわりがあるらしく、アンキモもプリプリしていてこれぞアンキモというものをいただけた気がした。もちろん鮟鱇自体も出汁の旨みが十分にしみ込んでいて美味かった。〆はなんと言ってもお雑炊D1002080 !さすがに結構お腹がいっぱいだったのだ、これが食べられしまうのだよ(苦笑)。

 こんな感じで大満足の夕食であった。是非とも1度足を運んで頂きたいお店である。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月 6日 (火)

同じ時代に生まれてくれてありがとう

 昨日は待ちに待った中島みゆきコンサートの日。西麻布にある友人Mの家からタクシーをぶっ飛ばしてもらい、後輩Iを半蔵門でひろい向かうは会場である東京国際フォーラム!開場時間の5分程前に着いたのだが、既に長蛇の列が出来ていて驚き!全席指定なのに何故こんなに早くから長蛇の列が出来ているのかとっても不思議だったのだが、ともかくその列に加わり、会場をしばし待つことに。

 程なくして開場となり入場するとグッズ売り場にも既に長蛇の列(汗)。ちなみにCDコーナーには今回のニューアルバム『I Love You, 答えてくれ』のジャケット文字を書いた魚武さんの直筆があり大迫力D1002102!ともかくコンサートパンフレットを何とかゲットし、お茶で喉を潤してから、コンサート中に読んでもらえるかも?!との淡い期待を持ちながらお手紙コーナーの手紙を書き、席に着く。今回はe+での一般販売チケットだったため2階席であった。ということでステージは遙か遠くに見える程で、みゆきさんのお顔を拝むことなど到底出来ない距離であった(涙)。ただその分、落ち着いて曲を聴けたことは言うまでもない。

 ともかく、今回のコンサートは本当に素晴らしい曲目構成だった!懐かしの「蕎麦屋」なども良かったのだが、特に「宙船」は興味深い演出だった。 「宙船」は甲子園の行進曲にもなったTOKIOへの提供曲。このデモテープをTOKIOに渡す際、 コーラスの宮下文一さん(通称文ちゃん)が歌ったとの話があったのだが、コンサートでは実際に文ちゃんが1コーラスを歌ったのでびっくり、それも超上手い!よくよく聴いたらTOKIOの長瀬の歌い方(ブレスの仕方とか様々な点において)は文ちゃんのデモテープを聞き込んでレコーディングされたのだということがよくわかる演出だった。

 そしてやはり後半は圧巻の一言。友人Rがカラオケでいつも熱唱する『誕生』から「生まれてくれてWelcome」、そして『I Love You, 答えてくれ』から「同じ時代に生まれて嬉しい」、この2つを合わせて今回のコンサートのテーマはみゆきさんの最後の挨拶にもあったように、「同じ時代に生まれてくれてありがとう」の一言に尽きるのだろう。その言葉の後に昨年のアルバムから『重き荷を負いて』に入った時にはもう号泣(苦笑)。

 このコンサートを後2回も楽しめるのかと思うと本当に楽しみでしょうがない。今年も新たな阪神ファンの仲間等、数多くの人々に出会ったが「同じ時代に生まれてくれてありがとう」と皆に伝えたい気持ちにさせられるコンサートであった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

Point・de・départ (ポワン・ドゥ・デパー)

1日はJ姉の大親友でフランス人P兄の誕生日、ということでS姉と4人で六本木にあるフレンチレストランPoint・de・départ (ポワン・ドゥ・デパー)で誕生祝いをしてきたD1002078 !このレストラン、以前は阿佐ヶ谷で開業していたが、数年前よりここ六本木に店を移し夫婦二人できりもりしている人気店だそうだ。という前評判を耳にすれば俄然期待は高まるというもの!

 P兄と東京ミッドランドで待ち合わせをし、レストランに向かうとすでにS姉は席に着いていた。J姉は仕事で遅れるということだったので、まずは食前酒にキール・ロワイヤルをオーダーし乾杯D1002077 !ちなみにこのペーストが大変美味しく、ついつい食べ過ぎてしまった(汗)そしてメニューを見ながら、ああでもない、こうでもない、と変わらず賑やかに話していると、マダムからカードが差し出された。このカード、何かというと、1品1品の写真と詳細な説明書きがなされている葉書サイズの大きさのカードなのだ。これがなんとも分かりやすくてとっても便利!サーブされたときの感動は減ってしまうかもしれないが、これだとどういうものなのか一目瞭然だし、オーダーで失敗することもすくなかろう。とても良いサービスのように思えた。そうこうしているうちにJ姉も現れ、再び乾杯しディナー開始!私とP兄は前菜3品にメインとデザートと出てくるコースBを、J姉&S姉は前菜が2品になるコースAをオーダー。

 以下の写真は私がオーダーしたもの。まずは前菜は「岩手産・豚舌<トンタン>の軽いスモーク・サラダ仕立てD1002076 、これは岩手産の豚タンを塩でマリネした後、軽くサクラのチップでスモークをかけ風味付け、その後ラップをし湯煎でゆっくりと低温で火を入れた料理。豚タンに隠れて見えないが、この下に実は大根の甘酢っぱいマリネが隠されていて、これと一緒に食べると何とも絶妙な味になるから驚き!そして2品目は「ポルト酒風味のフォワグラのテリーヌとフォワグラのプリン」D1002075 、ポルト酒風味のフォワグラのテリーヌと、フォワグラのプリンの組み合わせで自家製のブリオッシュと共に出されるのだが、これ是非とも皆さんに試してもらいたい一品。プリンはきちんとカラメルソースがかかっているのだが、このプリンはこう見えても、120g中70gがフォワグラで作られているそうで、まさに激美味!テリーヌはとても濃厚だったためこの半分で良いかな、とも思えるがフォアグラ好きの方は是非ともお試しあれ!最後の前菜は暖かい前菜から「お魚の裏ごしスープ・ルイユ添え」をオーダーD1002074 、新鮮なカサゴとヒシコ鰯とワタリ蟹を丁寧に裏ごしして作られているスープ。このまま頂いても十分に美味しいのだが、これにガーリック風味のクルトンにルイユと言われる、サフランとニンニクをすった物・卵黄・オリーブオイル・カイエンペッパーで作った少々ピリッとするマヨネーズの様な物とグリエールチーズをスープに浮かべて頂くとこれまた違った味を楽しめるのだ。何とも工夫されたスープで感心!そしてメインは「山形牛の内腿の薄切りグリエ・コルニションの酸味を利かせたソース」D1002073山形牛の内モモの比較的脂身が少なく味があり、かつ柔らかい 部分のお肉を薄く切り、サッと網焼きにし、コルニション(フランス産の酸味の利いたピクルス)にフォンドヴォーを少し加えたサッパリめのソースで頂くものなのだが、肉好きの私としては少々物足りなく、もう1枚位欲しかったなぁ、と思えたが、美味いことは確か。

 そして次はデザート、というところで、今日の主役のP兄のためのバースデープレートがサーブされ場は最高潮に盛り上がるD1002071 !ちなみにこのチョコレートケーキ、チョコの風味がしっかり残っていてなかなか大人向けの味。そして最後のデザートは「岩手産・山葡萄のソルべとジュレ」をオーダーD1002069岩手産の山葡萄をそのまま搾ったジュースと白ワインを使用したソルべとジュレ。山葡萄は自然な酸味と少し渋みのあるのが特徴なので、その味を損なわないよう、ジュレの方には白ワインを加えているそうで、その一手間によってとってもクリアーな透きとおった優しい感じの味になっている。ちなみにこの時期は「茨城産・特選栗の渋皮煮のスフレ・渋皮煮のアイスクリーム添え」も頂くことが可能。他の3方はこれを選ばれていたが、これも絶品なので是非ともお試しあれD1002070ちなみに夜は「自家製のプティフール」もデザートとは別に出されるのが嬉しいD1002072 !これがまた1つ1つ丁寧に作られていて見た目も綺麗だし味も抜群!

 サービス担当のマダムの素敵な笑顔とともに、我々の弾丸トークも尽きることなく最後の最後まで楽しい誕生会であった。P兄、おめでとうござました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

益子焼祭に行ってきました!

 昨日は行きつけのお店の店主Yさん達と益子焼祭に行ってきました。渋滞を避けるために朝7時に東京駅に集合し、益子へ向かう。ドライブ中も大変賑やかだったため、一時渋滞にあったもののあっという間に益子へ到着。

 前回6月に来たときは、閑散としていた益子の街が、今回は連休中の祭ということで、たいへんな混雑ぶり。空き地にも多数のテントが張られていて、無造作に焼き物がつまれている姿を見るだけで何だかワクワクしてきたD1002086 D1002090 。早速、Yさんは店用の食器を仕入れに奔走。自分は好みの焼き物を探そうと色々なテントを物色。結局、自宅にある同じ柄のタイプの違う深皿と急須を購入してしまった。この益子焼祭の雰囲気は大変危険です!勢いに押されて買ってしまうこと、間違いなしです!!!

 その後、今回の一番の目的である益子焼きの作家「勘」さんの焼き物を見に行く。6月に登り窯の火入れを見学させて頂き、その際に焼き上がったものを今回見させて頂くことになっていたのだ。早速「勘」さんのテントに入ると懐かしい笑顔と素晴らしい作品の数々を発見!Yさんのお店で使われている作品が私もJ姉も大好きで、我々も出来れば欲しい旨をお伝えしたところ、今回「勘」さんが再びチャレンジしてくれたのだ。その作品がこれ1194219366 !う~ん、なんと見事な焼きなことか!一目で気に入りこのお皿を即5枚購入決定!家でどのように使うか色々とアイディアが沸いてくるが、このお皿に負けない料理にしなければならないのはちょっと大変かも(汗)。そしてもう1枚大変魅力的な角皿を発見してしまった!それがこの右の写真1194219775 。どうです、この迫力!もうこの迫力にただただ圧倒されるのみという感じ。今回は購入しなかったのだが、次回にまた出会えたら購入してしまうだろうなぁ。。。(苦笑)。

 天気も大変素晴らしく、帰りは渋滞にあってしまったけど、とても楽しい休日でした。次回は備前焼のお祭りに行きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

HUGO BOSSのサンプル・セール!

今、ヒューゴ・ボスのサンプル・セールに行ってきました!サンプル・セールとは雑誌の取材等でモデルが着用した服などを格安で提供してくれるセールであり、ファミリー・セールよりも小規模ではあるけど、購入できるものの質も高いし、かつ全てが80パーセント以上の割引率と自他共に認めるショッピング大好き人間にとっては欠かすことの出来ぬイベントなのだ。

しかし、今日はセールに行けても開始2時間後だったことから、正直あまり期待はしていなかった。なぜならいつも開始早々にめぼしいものはほとんど売れてしまうからだ(汗)というわけで、とりあえず行ってみるか、という感じだったのだが、着いてびっくり!意外にも商品がまだ多数残っているではないか!これも今日の小雨模様の天気のためか?!

そこで俄然ショッピング魂が燃えてきて時間がないながらも端から端まで細かくチェックし、最終的にはパンツ3本にネクタイ3本をお買い上げD1002079 !〆てこれらで普段のネクタイ1本分のお値段!!何とお買い得なことか!

買い物はやはり楽しいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »