« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

ディープな大阪の味

 先週の土曜日、甲子園からホテルに戻って大阪在住のY兄とホテルのバーで落ち合い一杯やってから街にくりだした。その際連れていってもらったのが、「新梅田食道街」なるところ。今回、今まで行ったことが無い場所に連れて行ってもらいたいと前もって話していたのだ。ここはY兄曰わく、元々は旧国鉄時代の施設関係の退職者に対する救済事業として設立された場所らしい。ともかく元来の酒好きのためこういう立ち飲み&はしご酒が出来る場所というのは大好き!

 ということでまずは日本酒からスタートということで「樽 金盃」に入ってみたD1001685 。ここは樽酒を楽しめるお店のようで、もちろん樽酒を一杯頂くことにする。つまみは鱧皮と焼味噌、そしてY兄オススメのエッグなるものD1001686 Menu001 。この酒に樽の木の香がほんのりうつっていて何とも美味!はしご酒をしないのであればここでずっと飲み続けていたい気分にかられるほど!加えてつまみの一品一品もなかなかどうして美味いのだ。特にこのエッグなるもの、Y兄がかきまぜろ、というので懸命にかきまぜていたら、おばちゃんにそんなにかきまぜるな、と注意されてしまったのだが、単なる卵なのに何故かそれ以上に美味く感じる。またここに焼味噌を入れて一緒に食べるとまたひと味違って二度楽しめる。

 こうして後ろ髪引かれる思いで二件目へ。二件目はサッポロビールを楽しめる場所として知られている「北斗D1001683 。一杯一杯を大事に注いでいる生ビールと付だしの落花生でまずは一杯、有名ホテルで修行を積んだというシェフ(まさかこんな場所にコック帽をかぶったシェフがいるとは思わなかった!)自慢の一品料理をアテにもう一杯とこちらもついつい長いしてしまいそうな居心地の良さは何とも言えない!つまみは色々と頼んでみたのだが、この一口カツはソースが絶品で是非とも皆にも試してもらいたいD1001684

 3軒目に行く前にちょっと一息、ということで喫茶店で珈琲を頂きながらしばし談笑し、向かった先はY兄の隠れ家とでも言うべき福島にある「kamoshiya Kusumoto」D1001680 。醸造酒のみ扱っている店、ということでこの名にしたらしい。そのためビールやワイン、日本酒などの醸造酒はおいてあるが、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は一切置いていないとのこと。その理由は料理には醸造酒の方が合うからだそうだ。お店は一見、住宅のような一軒家なのだが、扉を開ければモダンな内装でイタリアンレストランかバーといった雰囲気。カウンターが8席に奥にテーブル席が4人掛け1席とカウンターがメインのお店となっている。店内は吹き抜けになっていて2階はワインセラーとして使用していて、ワインやシャンパンなどが約1,500本ストックされているらしい。また3階はキッチンスタジオになっていて貸し出しもしているそうだ。食後に見せてもらったのだがなかなか使い勝手の良さそうなキッチンスタジオでパーティー等にも利用出来そうな感じ。

 ここではスタッフお勧めのシャンパンをまずは頂き、私は小腹が空いていたのでパスタを頂くことにしたD1001681 。ここはメニューがなく、こんな感じのものが食べたい、というと作って頂けるお店。深夜ということもありあまりヘビーなものは頂きたくなかったので、魚介のパスタにしてもらった。お酒と楽しむ料理、ということなのだろう、味付けは深夜に頂くにしては多少濃いめかな、とも思えたのだが、この時頂いていた2杯目の白ワインにはとても合う一品であった。今回訪れた時間が既に遅かったので、次回は是非とも早い時間から訪れゆっくりと楽しみたいと思えるお店であった。

 翌日出勤だったにもかかわらず、こうして深夜2時頃まで大阪を案内してくれたY兄には深く感謝したい。今回の大阪入りでまた更に大阪が好きになった。特に新梅田食道街にははまってしまいそうだ。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

花より団子!?

 日曜日、大阪は土曜日とうってかわっての大雨!梅雨の降り方ではなく、いわゆる土砂降りという雨の中向かった先は京都の「藤森神社」。今回の目的はいつもお世話になっているY姉の職に関する祈祷とここの紫陽花苑を見ること!前日深夜の2時頃まで呑んでいたにもかかわらず、朝の9時頃には起きて向かったのだから気合の入り方を理解してもらえるのではなかろうか!

 順調にJR藤森まで着いたは良いが、雨脚は更に強まっていて、駅から神社への道は下り坂になっているのだが川のように水が流れており、とんでもない日に来てしまったなぁとちょっと後悔。加えてこんな日に白いパンツなんてものを着てきたものだから泥が撥ねないか心配でしょうがなかったが結局後の祭りで神社に着いた頃には無数の撥ねた後が(ホテルでドライクリーニングをしてもらうはめに。。。 大汗)。

 ともかく神社につき、まずはいつものごとく御朱印をいただきお参りすることにしたImg_3308 。ここ藤森神社は今から約1800年前に、神功皇后によって創建された皇室ともゆかりの深い古社で、本殿は正徳2年、中御門天皇より賜ったものとのこと。特に毎年5月5日に行われる藤森祭は菖蒲の節句発祥の祭と言われ、各家々に飾られる武者人形には藤森の神が宿るとされている。菖蒲は尚武に通じ、尚武は勝負に通じるので、勝運を呼ぶ神として信仰を集めているようだ(もちろん阪神の優勝を願ってきた!)。また日本書紀の編者であり、日本最初の学者である舎人親王を御祭神としてお祀りしていることから、学問の神としても信仰されている。そして藤森祭に奉納される駈馬神事が馬の神事であることから馬の神として信仰されImg_3307、馬主、騎手、競馬ファンの祭典が毎年行われて多くの人々の参拝があるとのことで何ともバラエティに富んだ神社と言えよう

 お参りが済んだ後、もう1つの目当てである紫陽花苑を訪れてみることにした。境内には2つの苑があるようで、第1、第2の順に紫陽花苑を見てみることにした。300円を納めるだけのことはあり、なかなか見応えのある紫陽花苑ではあるD1001676 。ただ今では住宅街の中にある神社なためいかにも人工的に作られた紫陽花苑、という感覚は否めず、鎌倉の山深いところにある古寺で見る紫陽花とは趣が少々異なるのも事実D1001675。それでも紫陽花は雨の日に見るに限るな、という印象を強く持った。花の色や葉の緑がとても鮮やかでしばし心を奪われた

 その後、境内を少し散策してみると東側に「不二の水」なるものを見つけたD1001669 。二つとないという意味で不二の水と言われているらしい。地下約100メートルから湧き出る御神水で、氏子はもとより、遠方より水を汲みに来られる人々が後を絶たず、伏見名水の1つとして知られているようだ。

 そうこうしているうちに、多少小腹も空いてきたので、紫陽花苑の隣にある茶店に入って、「あじさい団子」なるものをいただくことにしたD1001671 。朝食を取らずにホテルを出てきたので、う~ん、これといって変哲もない普通の団子なのだがとっても美味しく感じる!これも紫陽花効果か?!

 こんな感じで藤森神社を後にし、美味しいランチを取るため京都市内に向かった次第。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月27日 (水)

The Ritz-Carlton Osaka

 今回の大阪入りの際宿泊したホテルが、ここThe Ritz-Carlton Osaka(ザ・リッツ・カールトン大阪)。阪神電鉄所有のホテルだからという理由もあるのだが、最近全館改装を終えたと聞き、以前とどのように変わったのかをこの眼で見てみたかったのだ。

 ということで入ってまだ1週間というベルボーイに案内された部屋は各階のコーナーに位置するデラックスルーム D1001662_1 。ベッドスプレッドがかけられているので、ここはターンダウンサービスがあるのだろう。さすがは51m2を超す空間だけあり大変リラックス出来そうな間取りであった。ただどうにも前回の印象があまりなく、調度品やカーテン等が替わっていたくらいしか気づかなかった(汗)。デスクも大きくプラグも2つ設置されているなど仕事環境にも申し分ないD1001661。クローゼットの中におさめられている液晶テレビも回転するようになっておりデスクで仕事をしながらニュース等も問題なく見られる。ただLAN接続料が1日2000円以上取られるのはどうかとは思うが 。。。

 ルームバーをチェックしてみると部屋で頂くことができる紅茶は「Taylors of Harrogate」だった。なんとも懐かしい響き!イギリス在住時はしばしば買っていた紅茶であったD1001660 。ちなみに食器類は全てイタリアのジノリ製。

 またイタリア産大理石を使用したバスルーム、ダブルシンクの洗面台、充実したアメニティなどなど疲れを癒してくれるには十分な環境D1001659であることは間違いない 。このように一通り部屋をチェックしたのち、ウェルカムドリンクとして持ってきて頂いたグレープフルーツジュースを飲みながら、友人R&Dが来るのを待ってみた。

 R&Dと定番の「美舟」で美味しいお好み焼きを食べた後に部屋に戻ってくると、やはりベッドスプレッドがはずされオープンベッドが施されてありターンダウンサービスが行われていたD1001702 。枕元の時計もベッド側に向けられていたり、ルームバーに氷が用意されていたりとなかなかよく教育されている。

 本当はすぐにでもベッドに飛び込みたかったのだが、仕事がたてこんでいてそうも言ってはおられずデスクに向かっていた。深夜、さすがにお腹が空いてきたので、ルームサービスで「煮込みうどん」を注文D1001701_1 。20分ほどして届けられたのだが、このときあることを思い出した!そうそう、ここのルームサービス、届けられるときスタッフは靴を脱いで部屋に入ってくることを。。。何でもお客様の「部屋」である以上靴を履いたまま、つまり土足では入れない、のだとか。。。そんなことを気にする客がどこにいるのだろうか?!と以前も疑問に思ったことを思い出したのだ(汗)。かえって外国人客などは不思議に思うと思うのだが、皆さんはどう思います?!ちなみに煮込みうどんはコシがあり、お出汁も良くとても美味しく頂いた。

 なんだかんだと深夜の4時頃まで仕事をして、朝9半頃まで熟睡。そして向かった先は1階の「ザ・ロビー・ラウンジ」。現在「スプレンディード」が改装中なため、朝食はこのロビー・ラウンジで頂くことになっているのだ。ご多分に漏れずここもブッフェスタイルのため一通りとってみたD1001700 。まずは焼きたてを、と思いオムレツを頂いてみたのだが、あれ?塩辛い!っていうかしょっぱすぎないか?!ということで半分も食べずに断念(涙)。たぶん中に入れてもらったマッシュルームか何かの下味が濃すぎたのだろう。でもその他のパンケーキ等はとても美味しく頂いたが、次回は和食にしてみようと思った次第。

 相対的にはとても満足のいくホテルであった。全てのスタッフに慇懃すぎる位とも言えるほどの挨拶を随所でされるため(このためにサービス料が13%なのかも?!)、正直一瞬ひいてしまうこともあるのだが、それも慣れれば気にならず、とてもリラックス出来たホテルであった。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年6月25日 (月)

今回ゲットした品々。。。

 毎回大阪入りするたびに増えていく阪神関連のグッズ、今回も自分で買ったもの、そして大阪在住の友人Rがくれたものと色々とゲットしてしまった(汗)。まずは左の写真を見てもらいたいのだが、発売されたばかりの商品である今後の大砲として期待される桜井広大のTシャツ!名前、背番号に桜吹雪となんとも芸のない品ではあるが、一目で気に入り購入。次回の甲子園入りの際にはこれを来て応援に行こうと思うD1001699 。そして同じく左の写真に写っているお菓子は、友人Rがくれたその名も「阪神百貨店タイガースショップに寄ってきたで~」。阪神名物のイカ焼き風味の煎餅らしいのだが、もらった瞬間このネーミングに思わず爆笑!是非阪神の応援を楽しむ会の皆さんで次回の呑み会の際にでも食べてみましょう。この他にもクリアーファイルや、しおり、そして右の写真のトートバッグGoods_pc3などをゲットした。

 そして試合当日、甲子園球場にて「阪神タイガース公式携帯サイト応援感謝キャンペーン」ということで、その場で公式サイトに入会するとオリジナルストラップがもらえ、かつ金本の直筆サイン色紙があたる抽選会に参加できるというキャンペーンがあった!もちろん速攻で入会し、まずはオリジナルストラップをゲットD1001691 !これがなかなかよく出来ているストラップでmatuさんも気に入り入会することに!ここでちょっとしたハプニングが(汗)。今回のこのキャンペーン、紹介キャンペーンなるものも行われていて、既に入会している私がmatuさんを紹介すると私にはオリジナルタオルがさらに当たり、matuさんには特別待ち受けが当たる、というものであった。ということで私がmatuさんを紹介する形をとったのだが、な、なんと紹介キャンペーンにするとmatuさんにはストラップが当たらない、というのだ!新規会員には「全員当たる」と書いてあったのに。。。そこで気のよさそうな兄ちゃんに今回の事情を説明すると「快く」ストラップをmatuさんのために持ってきてくれた。兄ちゃんよ、ありがとう!ちなみにくじは私もmatuさんも大はずれであった。。。

 今回もなかなか素晴らしいグッズをゲット出来たと満足している次第。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年6月24日 (日)

今年初の聖地入り

 昨日は、今年初の甲子園入り。まずは梅田にある阪神百貨店の8階に行き阪神グッズ売り場で品定めD1001693 。個人的には沖縄バージョンのTシャツがよかった。その後、デパ地下で試合観戦の定番となっている験を担いだ「カツ丼」を購入し、阪神電鉄に乗って一路甲子園へ!

 阪神応援を楽しむ会のmatuさんも今回参戦していることもあり、12時に甲子園で待ち合わせていたD1001692 。現在甲子園は改修中のため、右の写真のように名物の蔦も見られない状態。無事にmatuさんと落ち合い、matuさんの阪神仲間達も集合して試合前からとっても楽しい時間を過ごした。球場内はもちろん満員御礼D1001687

 だが、いざ、試合が始まってみると、もう何とも言えん試合内容だった。1回表に1点を先制された後、福原は危険球で退場。その後江草は頑張ってくれたけども、岡田の分けわからん判断によりピッチャー交代のタイミングを間違ったがために延長に入って、危険球を受けて負傷したはずの小谷野のホームランを打たれジ・エント。盛り上がったのは1回裏の金本の逆転ホームランくらい。。。ともかくやる気のない今岡は速攻2軍に落として欲しいし、鳥谷の守備もあまりに問題ありすぎ!全く盛ってザルとしか言いようのない三遊間。。。結局いとも簡単に日ハムに交流戦優勝を決められてしまった。まさか甲子園でまで「お~い、お~い、北海道・・・」を聞くことになろうとは(怒)。ともかく打“線”にならないのだ。もっと広大や庄田など若手を使ってみたほうがよいのではないかなぁ。。。もう今年はなにを目指しているのかが全くわからない。

 ともかくこのままでは今年は終えられないので、次の甲子園入りを9月6日と決めた!何とかそれまでにはプレーオフを狙える位置にいてもらいたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

打倒ダルビッシュ!

 さて、既に午前2時になろうとしておりますが、コメント書き、全然はかどらず、気分はすでに甲子園(汗)。朝1番の飛行機で飛ぶために家を6時頃には出なければならず、やはり有言実行の徹夜での関西入りとなりそうだ。ちなみに昨日は研究日と言うこともあり午前中から友人Sとバドミントン。これで2週連続実行、来週も同じく金曜日に行うことにしていて、回数券も着実に減りつつある!

 ともかく、札幌ドームでの連敗の悔しさを忘れず、予想される日ハムの先発ダルビッシュを何とか打ち崩してもらいたい!大丈夫、あの甲子園にめちゃ強いまーくんでさえ先日打ち破ったのだから、ダルビッシュなんか屁でもないはずだ!?

 福原よ、何とかJFKへとつなぐ投球を期待します!打線も早い段階から援護をしてくださいね!!阪神の応援を楽しむ会を代表して私とmatuさんが声をからして応援してきますので、皆さん、札幌より我らに力を送り続けてください!宜しく~。

 というわけで甲子園へ行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

いつもこの時期は。。。

 さて土曜日から仕事で関西入りなのだが(正直に言えば仕事は月曜日!)、それにかこつけて甲子園に阪神を応援に行けるので、こうなってくるとどっちが主目的で関西入りなのかはわからない(汗)。それだけでなく、土曜の夜はY兄にも会ってディープな大阪を体験出来るし、今回は宿泊先も全館改装後は初宿泊となる「リッツ・カールトン大阪」にしたのでホテルでもリラックス出来そうだし、と考えただけでもワクワクしてくる。

 しか~し、やはり現実は厳しい。。。そう、この時期は学期末が近いため毎年恒例のコメント書き&テスト作成&成績付けという3大仕事が待っているのだ(涙)。何が大変かって、このコメント書きが本当に時間ばかりかかってぜ~んぜん進まないのだ。総勢800名以上のコメントを書いて返却せねばならぬのだが、この作業が1時間に4人程度しか進まない(大泣)。もちろんこのコメントをつけて課題を返却することは自分が勝手にやっていることなので、やらなくとも全く問題はないのだが、せっかく何かの縁があって出会った学生達なのだから、何か一言くらい1人ずつに返してあげたい、1人1人の学生とほんの一瞬でも面と向かって直接話してみたい、と思ってこの職についてから各学期毎にやっているので今更やめられないのだ。。。だが、800名以上の学生全ての名と顔が一致しているはずは当然なく(私をよくご存じの皆さんであれば、うんうん、頷いていることと思うが 汗)、それらが一致しない学生のコメントを書くのは正直とてもしんどい作業なのだ。通信教育で有名な○○ゼミの赤ペン先生はよく顔も知らない生徒のコメントを書けるものだな、と心底尊敬してしまうほど!

 ということで、今回ももちろん週末の時間をフリーに使えるはずなどなく、まずは神戸行きの機内でコメント書きを進め、ホテル、そして帰りの機内、と最低でも40人分は何とか週末に終わらせたいと思っている、いや、終わらさねば、前期中に返却不可能となってしまうのでやらなければ!!!でもこれも阪神が勝てば勝ったでY兄やmatuさんとの祝勝会となろうし、負けたら負けたで残念会となるのだろうから、どこまで出来るかは神のみぞ知るところだろうか。。。

 ともかく今日、金曜日中に出来るところまで頑張らねば!ということで毎度のことながら徹夜での関西入りとなりそうだ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

デッドボール押し出しが。。。

 さて、今日の阪神は「久保田の投球」以外は比較的安心して見ていることが出来ましたね!今まで良い投球をしていた上園に今日、やっと打者が奮起してプロ初勝利をプレゼント。今日はそれのみではなく、な、なんと8回裏に藤原がプロ初打点をデッドボールによる押し出しによって決めるというオマケつき(苦笑)。本人は打って決めたかっただろうなぁ。。。今日は庄田も打ったし、なによりも一番応援している藤本が今季初の3安打猛打賞!いやぁ、今日は酒が美味いねぇ。こんなに呑んでもぜ~んぜん酔っぱらわん(笑)。これで引き分けを挟んで3連勝と少しエンジンがかかってきたかなぁ、という感じでしょうか。ともかく23日、連勝で私&matuさんが甲子園入り出来るのが嬉しいところ。この勢いでダルビッシュからバカバカヒットを打ってもらいたいものだ。

 その日ハム、今日も狭い広島球場でHRをかせぎまくってました。巨人が勝ってしまったために日ハムの優勝はおあずけとなってしまったようですが、23日は申し訳ないが、阪神が勝ちます!っていうか勝ってもらわねば困ります!!!

 ということで土曜日、久々に関西入りとなります。楽しみ楽しみ!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

1人での追悼

 4月27日、チェリストでもあり自由の闘士でもあったロストロポーヴィチがモスクワの病院で息を引き取った。80年の生涯だった。実際に彼の演奏をライブで聴く機会は日本、英国合わせても両手で足りるくらいなのだが、彼の生き様、そして演奏は自分の今までの人生の節目節目に大きな影響を与えてくれたことは疑いようのないことだった。

 約2年前にこのブログで「夢見たものは」の中にも書いたが、音楽を諦めざるを得ない状況下で自分を救ってくれたもの、そして自分の生きるべき新たな道を示してくれたのもまた音楽であったのだ。そう、あれは手術から数ヶ月後、高校時代の親友が1冊のCDを持ってきた。クラッシックとは全く縁がない親友がどんな表情でクラッシックコーナーに行ったのかと考えただけでも苦笑してしまったのだが、そのCDが偶然にも、今も宝物の1つであるロストロポーヴィチによるドヴォルザークのチェロ協奏曲だった。楽器の持てる表現能力を最大限に活かしきった独奏部、雄大かつ密度の濃い単なる伴奏以上の内容を要求されるオーケストラ、次々と流れる郷愁に満ちた旋律。チェロは人間の声の音域に最も近いとされる楽器であるのだが、まるでロストロポーヴィチが自分1人に人生とは何かを語りかけてくれているように自分の心に染み渡っていった。。。

 その時の気持ちは今も忘れたことはない。ロストロポーヴィチのように、共産体制を批判して窮地にあったノーベル賞作家ソルジェニーツインを擁護したりなどのように、大それたことは私には出来ない。しかし、頑として揺るぎない1つの信念(すなわち、生きていること、ただそれだけがどれだけ素晴らしいことなのかを伝えていくこと)を持ち続け、その信念にもとづき行動することだけは常日頃心がけている。果たしてどれだけ学生に伝わっているかは未知数なのだが。。。

 さてここまで長々と書いてきたが、どうしてロストロポーヴィチのことを書こうと思ったかと言えば、それは先日、東京滞在の際、ロストロポーヴィチ追悼特集の雑誌を偶然手にとってみたことによる。ちょうど梅ヶ丘にあるマッサージ店に行く途中で小田急線に乗っていたのだが、記事を追っていくうちにどうしても涙が止らなくなってしまった。さすがにマッサージ中はこらえていたが、家に戻ってもどうしても気持ちが元に戻らず、深夜J姉に一杯つきあってもらう結果となった。もちろん一杯で終わるはずもなかったのだが、自分の中にあるロストロポーヴィチへの思いをJ姉に語ったことで何とか落ち着きを取り戻すことが出来た。J姉、多謝!そして今日、ようやくまとまった時間が取れ、携帯の電源も切りPCの電源も落としてから親友からもらったCDを何度も何度も聴きながら今までの人生を振り返りつつ1人ロストロポーヴィチへ思いを馳せた次第。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

阪神「応援を楽しむ会」第1回呑み会

 昨日の日記にも書いたように、札幌タイガースで知り合ったメンバーで結成した「阪神の応援を楽しむ会」の第1回の呑み会を先程午前4時頃までやっていた(汗)。宴会部長のトラキチさんが途中でつぶれてしまうなどのハプニングもあったが、1次会の場所である阪神ファンが集う店として知られるススキノの「串かつ 好きやねん」では美味くて安い串カツと時折効果的に鳴る六甲おろしを楽しみD1001658 、そして昨日の試合の再放送を皆で見て大騒ぎ!あの9回表の攻撃は何度見ても面白いだろうなぁ。。。誰かビデオに取ってないかなぁ?!ともかく参加してくださったmatuさん、obiさん、ねらいめしっさん、ベニサケさん、そしてトラキチさん、ありがとうございました!とっても楽しかったです。是非是非、この会を恒例化していきましょうね。

 それにしても今の札幌は午前4時には完全に外は明るいのだね。地下のお店から外に出てちょっと驚いてしまった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

わ〜い、大逆転!!!

これだから阪神ファンはやめられない!なんと宿敵ロッテに9回表に見事なまでの集中打で5点差をはねのけるどこれか一気に9得点による大逆転勝利!!明日にこの打線のつながりを取っておいてくれ〜、という気がしないでもないけど、ともかくこういう快勝は久々なのですごい嬉しい!所用でそのころは新千歳空港におり、トラキチさんの電話による実況を聞きながら、林の敬遠、そして兄貴・金本の魂と怒りのこもった2塁打で逆転の際には人目もはばからず思わず涙してしまったほど。奇しくも今日は札幌タイガース「応援を楽しむ会」の飲み会なため、まるでわれらのために勝ってくれたかのようだ(笑)。今晩は皆で大酒をくらい、六甲おろしを高らかに歌いあげようじゃありませんか!というわけで飲み会に行ってきま〜す。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

いよいよ再始動!

 今日は札幌のバドミントン愛好家が通う店として知られる「川中スポーツ」に行きバドミントン・シューズを購入した後D1001643 、友人Sと向かった先は豊平体育館。今日の夜の部は全面バドミントン(12面のコート!)のため比較的プレイする場所を確保しやすいのだ。

 バドミントンをSとするのは約1年半ぶり。Sも少々バドミントンから遠ざかっていたこともあり、お互い不安な再始動となった。夜の部開始の5時半から我々もプレイ開始!クリアーからまずやってみるものの、なかなか調子が上がってこない(汗)。そこで基礎打ちに切り替えドロップを打ってみることに。すると、う~ん、我ながらと言うか相変わらず狙ったとばかりのネット・インの連発。。。ようやく徐々に感覚を取り戻しつつドライブ、スマッシュと、気づけば2時間半ほど打ち続けていた!さすがにこの時点でお互い疲れ果て今日は終了。ストレッチをしながら両端の小学生と大学生のプレイを見て悔しいかな若さを感じる(苦笑)。それでも今日は1時間程度プレイ出来れば良いかな、と思っていたのでここまで出来て大満足!来週の金曜日も練習する約束をして体育館を後にした次第。

 Sにのせられて回数券を購入してしまったので、それを使い切るまでは何とか頑張ってみようと思う。久々に運動らしい運動をした1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

5時間53分。。。

 タイトルから見てもお分かりの通り、いやぁ長かった。。。永遠に続くのかと思った今日の日ハムの試合、札幌ドームに着いたのが午後5時半頃、終了したのがほぼ午前12時とほぼ6時間半もトイレにも行かず、ドームにいた計算。試合時間も5時間53分と今期最長だったらしい(汗)。このうち抗議時間や横浜の必要以上に多いバッテリー間の会話などが30分以上を占めていた何とも間延びした試合だった。。。

 それにしても今日の戦犯は紛れもない、押本(激怒)!中継ぎで出てボーク、で1点、そして押しだしで1点献上と何とも情けない。新人の吉川があれだけ投げてなんでお前がああいう投球なのだ?!明日にでも鎌ヶ谷に戻って出直してもらいたい。植村とか他の若いピッチャーを上げた方が今後のためでもあろう。昨日の木下、今日の吉川、そして9回からマウンドを守った金森といい、若手が頑張っているのだから中堅、ベテラン陣はせめて足を引っ張ることのないようにプレイしてもらいたいものだ。ともかく吉川に負けがつかなくて本当に良かった。加えて私が入団当初から応援している川島が今日はスタメン!そしてヒットとこれだけが今日の唯一の救いか。。。

 そして阪神、、、どうやら久保田が負け投手だとか。。。そろそろ上園に勝ちをプレゼントしてやろうや!ゲームをきちんと作ってくれているのだから打者のみなさん、宜しくお願いします。もうそれくらいしか言うことがありません。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

う~ん、勝てないねぇ。。。

 我らが阪神、またか10連敗中の西武に今期10度目の完封負け、それもルーキーの岸にしてやられてしまった。。。これで楽天まーくんに引き続きルーキーに負けていることとなり、本当に新しい者には弱いねぇ。。。唯一の光と言えば、4年目の庄田の初ヒットくらいだろうか。。。ともかく1度、鳴尾とメンバーを総入れ替えくらいしてみたらどうですか、岡田監督???

 そして向日葵さんとの再会を果たした札幌ドームの日ハムも横浜に完敗。でも寺原は個人的にソフトバンク時代から好きな投手だったので、良い投球を見られてちょっと満足。それにしても日ハムは拙攻が目立った。賢介のバント失敗、そしてノーストライクツーボールからの金子のくだらんボールを引っかけてのアウト(金子さん、あの気のない振りはいい加減やめてください)、そして日ハムの9回裏のチャンスに代打の左打者が木元だけになった時点で、横浜が右投手に替え、日ハムはまんまと横浜の策にはまり代打に木元を送って凡退。。。木元をあの場面に出すなんて、、、木元を誘い出そうとしているのがわからなかったのかなぁ?!あまりに左右にこだわりすぎ。あの場面は当たりから言っても幸雄さんで良かったのではないかなぁ。。。

 と暑い札幌の1日をこうした苛立ちで終えねばならなかったのは本当にツライ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月11日 (月)

縁の深まり。。。

 日曜日の朝9時、八重洲口に集合し車で向かった先は栃木県は益子。そう、日曜日は益子焼の作家さんを訪れることになっていたのだ。そもそも何でこうなったかというと、これも大変不思議な縁によるもの。

 このブログでも度々話題になる築地のやまだやさん、ここで使われている器にとっても興味があり、以前店主に尋ねたところ、宮崎にお住まいの作家さんによるものだとわかった。ところがその作家さん、元々益子で修行をされていた方のようで、最近益子に戻り、登窯を構えて活動を再開されたとのことで、窯を見に一緒に行ってみないか、との誘いを先日店主から受けたのだ。こ~んな興味深い話を断るはずもなく、二つ返事でJ姉、そしてS姉と一緒に参加した次第。

 車内ではもう1人の参加者(フラワーアレンジメントの先生)も加わり、食べ物の話で異様な盛り上がりを見せていた。その時に自分と店主、そして作家さんご夫妻が同学年であることがわかり、妙な縁を感じる。

 2時間ほどで益子焼の店が連なる一角に到着し、昼食を取りがてら色々な店を見てみる。ここでは何も購入しなかったのだが、見ているだけでなんとも良い気分になってくるのがわかる。そしてその後向かった先は、今日のメインである作家さんの家Img_3302 !これが古い民家をとてもうまく利用したギャラリー兼住まいとなっていてこれだけでも大感動D1001638 D1001639 !この縁側でスイカを食べて種を飛ばしたりしたいなぁ、と作家さんに話したら、なんと作家さんは家を購入して真っ先に同じ事をしてみたのだとか(苦笑)。中に入ると土間を活用した居間や時代がタイムスリップしたかのような応接間など、とっても寛げる空間で我々はすっかり自分の家モードに。。。ちなみに犬のBもすっかり寛ぎモードD1001637

 

 十分寛いだ後ギャラリーを見せてもらって購入する品を決めた後向かった先は新しく作ったという登窯Img_3297 。先々月西荻窪で開かれた個展に参加しているため初対面ではないのだが、やはり窯の前にいる作家さんは表情がなお引き締まっているように感じた。時折窯に薪をくべながらも我々の初歩的な質問にもハキハキと答えてくれ、とても幸せな時間を過ごすことが出来たImg_3299 。この窯の中に私とJ姉が希望する作品があるらしく、どのような形で仕上がってくるのかがとても楽しみだ。

 夜に予定があったため、午後4時頃その場を離れたのだが、何とも後ろ髪がひかれる思いがした。最後にこのような素晴らしい企画に誘ってくれたやまだやの店主さん、どうもありがとうございました!そして今後も興味深い企画があったらどんどん参加してみようと思う。次は酒蔵見学ツアーにしませんか?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

Cafe香咲

 昨日はJ姉、S姉とともに外苑前にある「Cafe香咲(かさ)」にお茶をしに行ってきた。ここに来た目的は美味しいという評判のホットケーキ!前回S姉達とともに行ったパンケーキのお店がそば粉を使っているということで、私が食べられなかったことから、S姉が大層気にしてくれていて、今回のお誘いとなった模様。でも何となくこのカフェ、聞き覚えがあるような気がしていた(実際、店員と話してみてこの店に以前来たことがあることを思い出した!)。この香咲、地下鉄外苑前駅からベルコモンズの角を曲がって外苑西通りを歩き、右側の舗道にカフェ香咲の案内板が出てくる。それを目印に細い路地(熊野神社に向かう道)を入ると、コーヒーの深い香りに満ちた老舗のカフェをみつけることができるD1001627 。ちなみに店名の由来は「コーヒーの香りが咲く」ということから来ているようだ。

 ともかくカウンター席に案内され、アイスティーと目的のホットケーキを注文!店内は満席で、それもほとんどの客がホットケーキを注文するという状態。そして若い店員3名が決して広いとは言えないカウンター内でテキパキと働いている姿がこれまた微笑ましい。忙しない、という感じが決してしないのは、やはりこの店の持つ独特の雰囲気にあるのかもしれない。待つこと20分、来ました来ました!お待ちかねのホットケーキD1001628 !!!見た目も大変オーソドックスなホットケーキで何だか懐かしい気分にさせられる。粉の配合もオリジナル、かつオーダーがあってから焼き上げられる、ということもあり、外はサクサク、中はふんわり、バターも大変新鮮で、かつ添えられているクリーム、シロップとの組み合わせが絶妙で久々に美味しいホットケーキを頂けた気がする!ちなみに私は2切れ添えられていたバターの1切れしか使わず、かつクリームも半分以上残っていたため、お店の方に我が儘を言ってもう1枚オーダーしたホットケーキを同じ皿に盛ってもらった。ということでクリームとバターも残さずに済んだ次第。ちなみにここのアイスティーも紅茶の香りがしっかり残っており、とっても美味しい!

 表参道近辺を歩いて少々休憩、という時などは是非立ち寄ってみてはいかがだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月 8日 (金)

どんな勝ち方でもともかく勝って良かった(汗)

 いやはや、今日「も」阪神はまたまた完封負けか、と思いきや、何ともラッキーな出来事で勝利が転がり込んできた(汗)。1点を追う9回、先頭の赤星の四球を足場に一死満塁とし、藤本の押し出し四球で同点。続く鳥谷の押し出し死球で決着を付けた。阪神は3度目のサヨナラ勝ち!上園は打者が打てないなか、切れることなくよく失点を1点におさえた!よくやった!勝利投手にはなれなかったものの、上園は今日大きな収穫を得たのではなかろうか。それにしても打てないねぇ、今の阪神・・・こういうラッキーな勝ち方が出来ているうちはまだまだ這い上がれると思うんだけどなぁ。。。加えて岡田監督の退場劇、やはり岡田もフラストレーションがたまってるんだろうね。鳥谷の守備妨害判定に激怒してのことだが、結果的に鳥谷のデッドボールで勝ちに結びついたのだから良しとしようではないか。

 続いて日ハムだが、今日も雨天コールドというおまけがついての勝利でなんと14連勝。しかも新人の吉川が初勝利。う~ん、すごいねぇ。。。何もかもがうまく回っているって感じだよね。。。

 今日は仕事(研究)時間にずっとロストロポービッチを聞いていた。その理由については後日ここに記すことにする。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久々に訪れたお店

 今日はJ姉と「ラルテミス・ペティアント」にてディナーをとった。最近、姉妹店のビストロ「ダルテミス」がオープンしてからそちらにばかり足を運んでいたので、そろそろ本家に顔を出そうと話していたのだ。このラルテミス、J姉の大親友、フランス人のP兄お勧めの店、ということもあり都内では手頃なお値段で大変美味しいフレンチを頂くことの出来る店ということで大変重宝しているお店の1つなのだ。

 午後7時半に予約を入れており私が少々早く到着。食前酒を勧められたので、いつもの通りスプモーニを頂きながらJ姉を待つ。程なくしてJ姉が到着し、K叔父曰く「食事を頂く時の一番楽しい時間」と称するメニューを見てのお悩みタイム!説明いただくどれもが美味しそうで、本当に迷ってしまう。。。それでも今回は前菜を「ウニのスクランブルエッグ」、そしてメインを「鴨のコンフィ」とし、デザートをこの店ではこの季節はずすことの出来ない「イチジクの赤ワインコンポート」にしてみた。まずはアミューズとして「姫帆立の香草焼き」D1001620 (これはメインにも選べたはず!その際には違うものがアミューズとして出されるのだろう)が出された後に待ちに待った前菜の「ウニのスクランブルエッグ」。私は卵料理が大好きで今回旬のホワイトアスパラガスを使った前菜と迷ったのだが、やはり最終的にはこれに落ち着いた。左の写真を見ておわかり頂けるように見た目はスープのような感じ。これが大正解の選択で、ウニの風味を上手くいかした大変濃厚な味付けでワインにとっても合うD1001619 !これだけで食べても、パンと一緒に食べてもどちらも美味しくいただける。

 そしてスタッフお勧めの裏メニューとして知られる「鴨のコンフィ」D1001618 。ここの鴨のコンフィは大変ボリュームがある!かつ、低温のオーブンで丁寧にゆっくり時間をかけて火を通しているのがわかる一皿。また、コンフィする際のオイルを使っているであろう鴨にそなえられてある季節野菜のソテーも大変味わい深い。中田シェフの料理に対する姿勢が現れている一皿、とも言えるであろうか。ただ今回もパンを食べ過ぎたあまりメインの後半にはお腹が苦しくなってきたのが痛いところ(汗)。

 そしてデザートの「イチジクの赤ワインコンポート」D1001617 。かたちが崩れないようにじっくり煮込んでいる一品でとてもコクのあるデザート。とはいってもイチジクの風味を損なわぬように配慮されている点はさすが。毎年食べても飽きのこない味なのも嬉しい!そして最後の〆として出てくる、ういきょうのクレーム・ブリュレと紅茶D1001616 。このミニのクレーム・ブリュレをいつもとっても楽しみにしているのに、連夜の徹夜続きに加えてパンを食べ過ぎたことからか、どうしても胃が受け付けず、一口食べただけでその先がどうしても進まなかった(涙)。何とも残念な結末を迎えた今回のディナーではあったが、やはり落ち着いた雰囲気の中で美味しい料理を頂きたいときは「ラルテミス」、遅い時間に雑多な雰囲気の中で美味しいものを頂きたいときには「ダルテミス」が良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

さすがは兄貴!!!

 いやはや、9回裏に藤川が打たれ同点に追いつかれたときにはどうなることかと思ったが、5時間26分の死闘を何とかものにすることができた。これも我らが兄貴、金本の活躍あってのこと!HRを含む5打点の大活躍で連敗を脱出。15安打10得点。この安打&得点の少しでも札幌であってくれればと思わずにはいられないが、それでもやはり勝利は嬉しい!大好きな藤本もヒットを打ったし、シーツも復活の2安打と徐々に調子を取り戻している感じがする。是非ともこの調子を維持して欲しいなぁ。。。

 一方、日ハムというと、なんと球団新記録となる12連勝。札幌ドーム内はお祭り騒ぎだった。それにしても今日は応援歌を歌うこともなく冷静に試合を観ていたのだが、そつない試合運びをしているな、という感じ。相手のエラーを巧く得点に結びつけているし、守備も攻撃も大変テンポがよく、これはなかなか負けそうにないな、という感じがした。

 それにしても週末を遊びにつぶした影響は大変大きく、連夜の徹夜に少々疲れ気味なのだが、明日から東京入りのため何とか頑張りたいと思う次第。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

「応援を楽しむ会」に変更?!

 昨日(正確には一昨日から)、今日と札幌ドームに阪神の応援に行ってきた。今回は某ソーシャルネットワークサービス上で知り合った面々と一緒に応援するということもあり、大変楽しみにしていたイベントの1つ!1日からシート敷きのために皆で集まり初顔合わせ、そして昨日、今日と2日間、試合開始数時間前より敷いたシートに集まり、阪神談義に花を咲かせ酒を酌み交わし(某1名は研修中のため呑めませんでしたが、、、 ね、とらきちさん! 苦笑)、そして一丸となって応援する。。。この醍醐味、そしてひとたびお互い阪神ファンと分かれば皆兄弟みたいな感覚は阪神ファンならではだと思うんだよねぇ。。。

 試合結果は2日間とも大変残念な結果となってしまったけど、でもこの3日間で生まれた新たな友情は一生の財産!北は旭川から南は京都まで、沢山の阪神ファンと出会えたことだし、今回は「阪神の応援を楽しむ会」と命名することに(汗)。今回知り合った皆さんとは定期的に札幌or旭川等で呑むことにしているし、はたまた聖地甲子園まで遠征に行こう、などとの案も浮上中でこれから楽しくなりそうな予感!

 それにしても今回つくづく感じたのは、やはり自分は阪神ファンなんだということ。野球が好きだし地元だから日ハムも応援しているけど、やはり阪神に敵うものはないのだと再認識。。。ということで全国の阪神ファンの皆さん、今は低迷していますが、ともかく監督や選手を信じて応援していきましょう!次回は2週間後に聖地甲子園で昨日今日の雪辱をはたすべく阪神を応援してきます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

年に2度のお祭り日!

 さぁ、道内の阪神ファンの皆さん、いよいよ待ちに待った阪神戦の日がやってきましたよ~!横浜主催の阪神戦も無くなり、交流戦も2試合になってしまい、道内で阪神戦を見られる機会が徐々に少なくなってきていますが、ともかく今日、明日の試合を十分楽しみましょう。普段は日ハムを応援していますが、この2日間だけは違います!去年の雪辱を晴らすべく、9連勝の日ハムを止めるのは我らが阪神タイガースのみ!ライトスタンドから精一杯応援しましょう!

 というわけで、昨晩はミクシィで知り合った皆さんと一緒に外野席の良い席を確保すべく左の写真のようにシート敷きに参加してきましたD1001603 。札幌ドームの場合、試合が無い場合は午後9時に閉門するので、それまではこうしてシートを張って列の順番を確保しておいて、また翌日試合開始の4時間前位にいって陣取る必要があるのです。この時期の北海道の夜はまだまだ肌寒いのですが、まぁいるわいるわ、阪神ファンが全国から列をなしていました!う~ん、なんと心強いことか!まるで学園祭の前夜祭のような盛り上がりで各地で寒い中祝杯をあげています。我々のグループは酒を飲むことも無く、比較的おとなしかったものの、一度阪神を話題にすると、酒がなくともナチュラルハイ状態(汗)。なつかしの面々とも再会を果たすこともでき、う~ん、阪神ファンって良いなぁ、と改めて思った次第。

 というわけで年に2度のお祭りを楽しんできま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 1日 (金)

久々に購入か?!

 今日は、札幌では唯一の大学時代の同級生Sと待ち合わせ。街をぶらぶら歩いたのち、紀伊国屋で目的の本を買い込み、暑かったため冷たいものでも飲もうということになり、書店内にある喫茶店で喉を潤すことにした。ハワイ土産をもらい、ほぼ1ヶ月ぶりということもありそれぞれ近況を報告しあったのだが、話の弾みでSにとある店に連れて行かれた(汗)。その店とはバドミントンのラケットを安く売っているという店(大汗)D1001602 。それにしても我々が部活やってたときとはラケットのネーミングも偉い違いで、二人とも少々戸惑ってしまった。う~ん、変わったのはルールだけじゃなかったのね(苦笑)。あーだこーだ言いながら、結局30分ほどラケットを眺め、おおよその候補を決め今日は帰宅。何故ラケットを見に行ったかというと、いつも形から入るから。その意味するとこはそう、またまたSとバドミントンを今月より再開することになってしまったのだ(汗々)。こうなると後輩しまっこの名言、「ダブルスではミスを全部自分のペアのせいにすればよいのですよ!」が光ってくる。

 ともかく怪我をせぬようにゆったりとスタートしていきたいものだが、果たしていかに?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »