« 七宝麻辣湯&Plate of Pie. Pop | トップページ | Benoit »

2007年5月 5日 (土)

充実した祝日

 今日は大変充実した祝日であったので少々振り返ってみたいと思う。まず、午前中は家で仕事をし、お昼近くになって、M叔父、J姉と散歩がてら家の近くの東京国立近代美術館まで歩いてみた。現在、近代美術館では「生誕100年靉光(あいみつ)展」をやっており、これを観てランチを近代美術館に併設されているレストランで取ろうということにしていたのだ。私はこの靉光という画家を知らなかったのだが、様々な先人の影響を受けながらも何とも魅力溢れる画を描いており、38歳という若さでこの世を去っていなければ、と思わずにはいられなかった。特に「鳥」と「ダリヤ」という画は皆にも観て欲しいと思った。

 1時間ほど鑑賞した後、2階にあるレストラン「クイーンアリス・アクア」に向かった。名前から推察出来るように石鍋裕シェフがプロデュースするお店で、皇居のお濠に面したテラス席もあるなど前々から気になっていたお店であった。メニューを観てみるとカツカレーやコロッケバーガーなど日本人が好む洋食屋さんという感じ。ちなみに自分はカツカレーにするか迷ったあげく、「ハンバーグ アクア風」をメインにグリーンピースの冷たいポタージュを注文してみたD1001498 D1001499 。ポタージュはグリーンピースの味がしっかり残っていてなかなか美味。ハンバーグはソースが少々甘めで子どもでも美味しく食べられるようなものであったように感じた。

 その後、J姉は美術館内の他の展示を見に行き、M叔父と私は隣の国立公文書館で開催中の「春の特別展示会 再建日本の出発」を観に行った。日本国憲法の施行から60年という意義ある機会に開催するということで「日本国憲法」の「原本」が出展されているとあって、我々が想像していた以上に公文書館の中はこんでいた(この込み具合を見てまだまだ日本も大丈夫かもとつい思ってしまった・・・)。すでに原本を見るための長い列が出来ていて本当に驚いた。国内外の様々な力が複雑に絡みあう中で進められた日本国憲法制定の過程と新憲法に伴う諸施策の立案・施行の動きを物語る公文書を見られるので、是非歴史に興味のある方は訪れてみてはどうだろうか。

 その後、家まで3人で歩いて帰った後、J姉と二人で日本橋の高島屋までドライブ。特段何を買うと決めていたわけではないのだが、まずは6階の紳士服売り場で私がブルゾンを衝動買い、その後4階、3階へと移動してから、J姉は何かが乗り移ったのかのごとくに買いまくり!う~ん、あれだけ買うと見ている側も気持ちがよい。まるで友人M嬢を見ているかのようであった。それから最後に1階に移動し私が靴に合わせるためのベルトを購入し買い物は終了。

 その後家まで急いで戻り、M叔父、H婆と落ち合い向かった先は市ヶ谷にあるお店「中国飯店」。今日はここでディナーを頂くことになっていたのだ。頼み過ぎ?!、という位にオーダーをしたので、今日は最初と〆の1品をご紹介。まずはホットサワースープからD1001497 。これが具材が豊富でなかなかのお味。ちょっと胡椒が利きすぎているかな、とも思えたがそれでも良い味なことには変わりはなし。その後、皮蛋、空芯菜の炒め、海老のガーリック炒め、酢豚、牛肉と季節の野菜炒めなどを食べた後に〆として注文したのが海鮮あんかけ焼きそばD1001496 。私はこの焼きそばが本当に大好きでいつも注文してしまう1品。麺のコシも絶妙で、かつプリプリの海老やホタテ、イカなどの海鮮類もきちんと下味をつけた上で調理されているため本当に美味い。麺好きの皆さんは是非ともお試しあれ!焼きそばも食べ終わりお茶を頂いて談笑していると、支配人からデザートのサービスがあったD1001495 。これは金木犀風味のシロップに餡が入った団子が入っているもので中国飯店の人気デザートの1つ。

 このように今日は五感の全てを満足させることが出来る1日だったように思う。連休最終日である明日も予定が一杯なので、楽しみたいと思う次第。唯一今日残念だったことと言えば、東京にいるがゆえに、幸雄さんの札幌ドームでの初HRを生で見ることが出来なかったことであろうか。。。

|

« 七宝麻辣湯&Plate of Pie. Pop | トップページ | Benoit »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/14965479

この記事へのトラックバック一覧です: 充実した祝日:

« 七宝麻辣湯&Plate of Pie. Pop | トップページ | Benoit »