« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

珈琲専科 パイン舘

 今日は高校時代の後輩Nと一緒に「珈琲専科パイン舘」に行ってきた。ここは後輩Nの大学時代からの行きつけの喫茶店で、時折私も訪れるようになっているお店の1つ。ここを訪れてくれている人ならすでにご存知の通り、イギリスに住んでいた私はまぎれもない紅茶党。研究室でも1日10杯以上は飲んでいるほど紅茶が大好き。しかし年に数回、どうしても珈琲を飲みたくなるときがあり、そういうとき、札幌ではこのパイン舘を訪れることにしているのだ。

 今日は二人とも仕事後すぐに待ち合わせていたので、まだ夕食前だったことから二人ともミートソースを注文(ちなみに大盛り 汗)、その前にいつものカフェオレを頂くことにするD1001601 D1001600 。ここの珈琲はとても丁寧に入れてあり、かつ価格がこの時代にあって大変良心的、というか超安い!N曰く、これでも最近少し値上げしたらしいのだが、それでもその辺で不味い珈琲を出している喫茶店よりもずっと安く、味は比べ物にならないくらい美味い!個人的に珈琲にあまりこだわりはないのだが、ここの珈琲は是非札幌の皆さんには味わってもらいたい。そしてこのミートソースもまるで家庭で味わっているかのごとくに大変懐かしい味。マスターの奥さんが作っているものらしいのだが、仕事疲れの身には癒しとも感じられる味なのだ。

 そして食後にはこの店では大人気の「珈琲パフェ」D1001599 。ここの珈琲ゼリーは珈琲の味がしっかりしていて、全く甘くないのが特徴。よってクリームやアイスと一緒に食べてもくどくなく、まるでカフェオレを飲んでいるかの錯覚におちいるほど!食後のデザートとしては本当に最適なのだ。大人の味、とはまさにこのことか。

 その後、今日の目的であった打ち合わせをし、少々喉が渇いたのでメニューを見せてもらい、何にしようか決めかねているとNがレモンスカッシュはどうか?と聞いてくる。でもいくらメニューを眺めてみてもレモンスカッシュなど見つけられない。しかし、Nがマスターに「レモンスカッシュ2つ!」と注文すると、何の問題もなくオーダーが通ってしまった(汗)。う~ん、さすがは常連。聞いてみるとメニューにあるレモンジュースは絞ったレモンに水を足すが、レモンスカッシュの場合には炭酸水を足すとのことD1001598 。ということで、市販のレモンスカッシュのように甘ったるくなく、レモンの酸味を十分に楽しめるレモンスカッシュなのだ。

 こんなに飲み食いしても、ここパイン舘だと一人1,300円位といまどきの喫茶店では考えられないような値段!末永く続けてほしいと思う喫茶店の1つだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

なんとも対照的な結果に。。。

 今日は朝からなんとも暗いニュースばかりが流れていて、その渦中にあった○○病院はさぞかし大変な混乱ぶりであっただろう。。。

 本題に戻るが、今日も日ハムと阪神はなんとも対照的な結果となってしまった。。。日ハムの試合はJ sports 2で見ていた(今日は地上波のUHBでも試合が見られたのだが、実況があまりにひどく早々にCATVに切り替えた)のだが、それにしてもいつぞやの連敗、そして借金が8つだったのも信じられないくらいにしぶとい堅実な野球をしていると思う。これで8連勝、昨年の11連勝も超えそうな勢いを感じる。一発がなくとも(今日は稲葉が打ったが)これだけ打線がつながってくるとやはりそう簡単には負けないね。先発のグリンも良く投げていたし、久の状態がちょっと気になるけど、最後の金森も三者凡退で閉め先発陣の駒不足の中よくやっていると思う。是非とも横浜にも2連勝して札幌ドームに戻ってきてもらいたいものだ。

 それにしても阪神は連夜の2桁得点を取られ今日も惨敗。。。さすがの岡田監督も会見を拒否したとの事。う~ん、何だか中日が日ハムに苦手意識を持っているように、阪神もロッテに相当な苦手意識を持っているんじゃないかな。。。ともかく何とか気持ちを切り替えて頑張ってほしいものだ。このままだと今週末の札幌ドームでの日ハム戦はワンサイドゲームとなってしまうよ。。。

 ともあれ今週末は両チームとも最高の状態での試合を見せてもらえるよう頑張ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

信じられないミス&7連勝、そして・・・

 今朝、ANAに国際線の航空券に関する質問の電話をしてみたのだが、なかなかつながらない(汗)。そしてつながってもなんだか雰囲気も落ち着きがなく理由を問うと以下のような状態だったそうな。。。27日未明、全日空の国内線の搭乗手続きや手荷物管理などを管理するコンピューターがシステム障害を起こしていたらしい。この結果早朝から羽田発着便を中心に欠航や遅れが相次ぎ、午後3時半にはようやく復旧したものの130便が欠航し、306便が1時間以上遅れ、計約6万9300人に影響が出たそうだ。実は今週末大阪に行く予定となっていたのだが、それを止めて大正解だったと思わざるを得ないほどの大混乱振りをニュースの映像でみてとれたほど!ともかくANAは2003年にもシステム問題で2日間の欠航を引き起こしており、どうにも危機管理に甘さがある企業のようにも感じる。ちなみにJALは客の要請から札幌線及び福岡線に臨時便をそれぞれ1便飛ばしており振り替え輸送客も相当数いたと思うので、これを機に国内線での挽回をはかってもらいたいものだ。

 話は変わって、ソフトバンク戦、巨人戦、そしてヤクルト戦と6連勝と連勝街道の日ハムだが、今日の中日戦も足をつかった素晴らしい攻撃で快勝し、なんと7連勝。交流戦に入ってからも負けなしで一昨年、昨年の交流戦とは異なった姿を我々ファンには見せてくれているのが嬉しい。それにしてもセギ様、昨日の2塁への走りは見事でした!ホームランがなくとも十分勝てることを示してくれているのも嬉しい。上位陣が負けこんできているので、このまま勝ち続けて良い位置でリーグ戦に戻ってもらいたいものだ。

 片や、阪神は一昨年の日本シリーズを思い出されるほどの敗退ぶり。。。ここまで点数を取られると正直笑うしかないのだが、スポーツ新聞も「せっかくの好投も、おジャン!」だったり「またも、ボークジャン!」だったりと駄洒落にでもしないと書きようがないのかという見出しばかり。。。せっかく今週末は札幌ドームでの日ハムとの交流戦なのだから良い試合をしてもらいたいのだが。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

信じられない勝利!

   今日は幸雄さんの2000本安打記念グッズが売り出され、かつ試合前に名球会ブレザー贈呈式があるため、いつものより早めに札幌ドームに向った。どれだけグッズ売り場も混んでいるのだろうと思いきや、店内には店員以外誰一人おらず、あれ?もしかして午前中に売切れてしまったのか?!と勘違いしたほど閑散としていたのだが、そうではなくただ空いていただけだった(汗)。後輩のげーにんから頼まれていた通販では売り切れとなっているポストカードもまだ十分在庫がありゲット、その他にTシャツやタオルマフラー、そしてピンバッジなどを購入し、3塁側自由席の列へとならんだのだが、今日の札幌は冬に戻ったのかというほどの寒さでとても地面にずっと座って待ってなどいられず、立ったり座ったり、あるいは前後ろの人たちと時折会話しながら約1時間を過ごした。

 午後4時15分に開門し、ドーム内に入るとまず目に入ってきたのが、ミズノのコーナーD1001577 。実際に幸雄さんが使い古したグローブやバッド、メットなどがただ展示してあるのではなく、実際に手に触れたりかぶったりすることが出来たのは嬉しかったD1001578 D1001576 D1001575 。ちなみに幸雄さん、意外と頭が小さいらしく(っていうか自分がデカいだけか?!)メットはかぶることができなかった。。。

 開門と同時に入ったこともあり、最近では珍しい程前方に陣取ることができたのだが、そのときちょうど先日の巨人戦で知り合ったイギリス人のRから電話があり、外野席に陣取ったから来いよ、とのことだったので久々に外野席で応援することとする。今日はRの子どもSも来ていて試合開始までの時間をにぎやかに過ごした。そして試合10分程前から、いよいよ幸雄さんのセレモニーが開始!Img_3244 Img_3248 Img_3258 Img_3260 Img_3264Img_3265 Img_3272 Img_3275 名球会の金田正一会長から紺色の特製ブレザーを着せてもらった幸雄さんは元気良くスタンドのファンからの声援に両手を挙げて応えていた。しか~し、今日は幸雄デーにも関わらず幸雄さんがスタメンじゃなかったのは少々残念(涙)。

 試合はというと、プロ初先発したルーキー左腕吉川光夫投手が6回6安打1失点で降板したものの、鶴岡のリードも見事で素晴らしいピッチング。是非とも打線が奮起しヒーローインタビューを吉川にやらせてあげたかったがヤクルトのグライシンガーの前に打線は沈黙。。。このまま完封負けかと思いきや、9回裏に古田監督がピッチャーを木田に代えたことから流れは日ハムに!相手の失策から1点差とし、小谷野の適時打で追い付き札幌ドームの応援は最高潮に盛り上がる!そして続く中嶋の打球は三塁正面へ飛ぶが、これをヤクルト飯原が一塁へ悪送球し、なんと完封負けどころかサヨナラ勝ち!!!これで交流戦は負けなしの3連勝で、今季初めて貯金となった試合に観客は大興奮!ちなみに9回表に投げた4年目金森が初登板初勝利。若手が活躍する試合はやはり心温まるね。そして今日の裏のヒーローは古田監督という説も、、、

 ところで今日は先日偶然市内の呉服店で入手した日ハムの法被を着て応援に行ってみたD1001573。これがドーム内ではなかなかの評判で、入手先を沢山の人に聞かれた。ちなみにこの画像はこれまた偶然ドーム内でバイト中の教え子に会い撮ってもらったもの(汗)。なかなか良い法被だと思っているのだがどうだろうか。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Cappuccino

D1001539 土曜日のランチは代々木上原にある「Cappuccino(チャプチーノ)」というお店に行ってきた。店名とその雰囲気から、イタリア料理店を彷彿とさせるお店なのだが、パスタやピザといった定番料理は勿論のこと、実はデザートとしてのパンケーキとワインに合う食事としてのパンケーキ双方を楽しむことができるお店としてよく知られているようである。ここのお店をS姉が以前話していたことから、パンケーキ&ホットケーキ好きの自分としてはどうしても行ってみたかったお店の1つで、ようやく先週末に訪れることが出来たのだ!

 諸事情によりJ姉と約束の時間よりも15分ほど遅れてお店に着くと、そこにはS姉とその友人H姉がすでにワインを飲みながら我々を待っていた。というわけで、夜はやまだやで飲むことになっていたのだが、私もワインを頂くことにする。しか~し、メニューを見てビックリ仰天!な、なんと、ここのパンケーキ、蕎麦粉を使用しているのだ(涙)。。。どうりで鼻の奥がむずむずするはず、というのは冗談なのだが、スタッフに聞くと、食事用のパンケーキは蕎麦粉を使用している生地と小麦のみの生地があるが一緒に作っているので蕎麦粉が混じっていない保証は出来ないと言われてしまいがっかり(大泣)。それでもデザート用の生地は別の時間に作っているので大丈夫、とのことで、私だけはパスタランチにしてデザートとしてパンケーキを頂くこととなった。パスタランチにはグリーンピースのスープとミートソースという組み合わせD1001543 D1001541 。スープはそれなりに美味しかったのだが、パスタは正直何の変哲もないパスタで、やはりここでわざわざ頂くものではないということなのだろう。ちなみに右の写真はS姉がオーダーした食事としてのパンケーキD1001542 。パンケーキそのものを頂くわけにはいかないので、付け合せのエビとアボカドのソースを頂いてみたのだが、これは絶品!やはりここが食事としてのパンケーキの店なだけはある。ここにきてパスタを頼んではいけないのだ。。。

 そしていよいよデザートとしてのパンケーキD1001540 !「塩バターキャラメル」がトッピングされているのだが、この「塩バター」は店内厨房で作られているとのことで良い塩梅。加えてこのパンケーキ自体が本当にふんわり、しっとりしていて絶妙の焼き加減で本当に美味いのだ!

 パンケーキが好きな方ならきっと喜んでもらえるお店の1つだと思う。H姉曰く、代々木上原周辺は興味深いお店が多いとのことなので、散策がてらこのお店にも立ち寄ってみてはいかがだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

Pinosalice

 先週末にO姉に誘われてJ姉と向った先は渋谷にある「Pinosalice(ピノサリーチェ)」というイタリアンD1001550 。入り口は一段下がったところにあり、一見小ぢんまりとした店に見えるが、中に入ると大きなオープンキッチンカウンターがあり奥行きのある店内となっている。

 7時半の待ち合わせということで西麻布にある友人M嬢の家を15分ほど前にタクシーで出てみたのだが全く渋滞にかからなかったため、約束の5分ほど前に着くことができた。案の定(?!)まだお二方は着いておらず、先に食前酒としてスプモーニを飲みながら待つことにする。15分程してお二方がほぼ同時に到着し、この店の常連であるO姉の薦めによって今日のメニューを決めていく。結果、前菜を5皿、パスタ、メインをお肉、お魚それぞれをオーダーすることにした。

 今回、サーブされるときには一旦見せてくれた後に、それぞれの分を取り分けてくれた上でサーブしてくれたので絵柄的には少々もの足りなさを感じるかもしれないが、前菜のいくつかと、パスタ、お魚、お肉の順番で載せてみることにするD1001549 D1001548 D1001547 D1001546 D1001545 。どれも美味しく赤ワインとともに頂いたのだが、特にメインのお肉であるラムのタンのグリルを初めて頂いたのだが、これがなかなかのお味。タン特有の歯応えも十分楽しめるし、また羊特有の香りもあまりなく、誰もが楽しめる味だと思った。

 デザートはこれまた色々なお薦めがボードに書かれてあったのだが、初めてくる店ということもあり無難にティラミスとベリーのジェラートにしてみたD1001544 。食べてみると、ティラミスは奇を衒ったものではなく、大変基本に忠実な味がし、これはジェラートにも言える事で、それぞれが丁寧に作られているのがよくわかった。

 渋谷でどのお店にするか迷ったときなどは一度立ち寄ってみてはいかがであろうか。ともあれO姉、どうもご馳走様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

最高の勝利! その2

 今日も大学で講義を終えた後に札幌ドームに向ってみた。今日はダルビッシュが登板ということもあり、ドーム内は昨日以上に混み合っていた。試合開始ギリギリということもあり3塁側内野自由席はほぼ満席であったが、何とか1席見つけそこに陣取り観戦。今日はローソンデーということで、入り口で配布されたファンボードはブルーのものだったのだが、それにしても巨人ファンは減ったよね。今日は41000人以上と満員御礼となっていたのだが、ライト側も含め、日ハムの攻撃前にはドーム内のほとんどが真っ青に染まっていた。

 試合はというと、1回表に小笠原のタイムリー等により2点を失うも、その裏、日ハムがすぐに追いつくどころか、な、なんと幸雄さんのホームランにより2点勝ち越しという素晴らしさ!その後は投手戦となり試合もテンポ良く進み、8時半頃には試合終了!見事日ハムの連勝で待ちに待った5割復帰!そしてもちろん今日のヒーローインタビューは幸雄さんということで最後まで札幌ドームは盛り上がっていた。

 ちなみに阪神も昨日の雪辱とばかりに、下柳が粘り強い投球で勝利!未だ5位と低迷しているが、交流戦を機に何とか順位を上げていってほしいものだ。

 今日は両チームが勝ったので幸せな夢が見られそうだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

最高の勝利!

 今日は大学で講義を終えた後、急いで向った先は札幌ドーム。今日から交流戦ということで、憎き巨人との一戦なのだ。どういうわけだか珍しくチケットは売り切れで当日販売はされないらしいことを前日に聞いていたので、パスポートで座れる自由席を確保すべく急いでいたのだ。

 ドームに着いてみると確かに混んでいる!まるで新庄がいたときのようだ(汗)。去年の対巨人戦は空席が目立ったのに、今年はこれまた憎き小笠原がいるせいであろうか、ドームは満員。それでもライトの一角に巨人ファンがいるのみでほとんどが日ハムファン。何とか空いている席を探し出し座ってみると、隣には外国人3人組み。これがまた陽気な3人で色々と話しかけてくるのだ。彼らは札幌市内の高校や大学で英語を教えているとのことで、そしてなんと偶然にも隣の人はイギリス人でマンチェスターの隣町、サルフォードの出身者!いやぁ、スモールワールドとはまさにこのこと、マンチェスターの話題で盛り上がる盛り上がる!加えてなんと家も我が家から車で5分とかからぬご近所さんであることも判明し、今後一緒に日ハムの応援に来る約束を交わした次第。

 試合はというと、3-1で日ハムの勝利!残念ながらひちょりの球団新記録とはならなかったものの、グリンよ良く投げた!稲葉、セギ様もよく打った!そして最後の飯山の見事な守備!!!ともかくこんなに嬉しい勝利は久々かも!?今日は気分よく寝られそうだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

スター・アライアンス・カフェ

 先週末に飛行機好きの後輩しまっこを誘って、銀座にある「スター・アライアンス・カフェ」に行ってきた。これはANAやユナイテッド航空などが加盟する航空連合スター・アライアンスの10周年を記念して、首都圏の主要駅などで無料配布されているリクルートのフリーペーパー「R25」の特別版「トラベルR25」の発行発行を記念しD1001572 、「R25」の情報発信基地として東京・銀座に常設されている「R25カフェ」を、5月14日(月)~5月27日(日)までの期間限定で、店内の壁やデザインをスター・アライアンス仕様に装飾した「スター・アライアンス・カフェ」となっているのだ。

  私も既に2回足を運んだのだが、例えばテーブルはスター・アライアンスの10周年記念のロゴ入りとなっている他D1001536 、店内では成田空港の出発ロビーで流れるアナウンスが再現されたりと飛行機好きには堪らない空間となっているのだD1001535 。またドリンクメニューを注文すると、携帯ストラップなどのスター・アライアンスグッズがもらえもする(すでにストラップは終了でスタアラ使用の飛行機型マグネットになっている)。また27日までの期間中はANAマイレージクラブをはじめ、スター アライアンス加盟航空会社のマイレージカードの提示で一人1杯、R25カフェ指定ドリンクが無料で飲める太っ腹ぶり(期間中毎日100名様までと言っているがどうやらレジでは混雑している週末でも全くカウントしていなかったので多分皆無料ドリンクを頂けるのではないだろうか)。

 ちなみに「R25カフェ」は、電源コンセントと無線LANも無料で使えるのでノートパソコンを持参し、WEBの閲覧やメールチェックなども可能となっている。銀座で少々時間を持て余してしまった際などは立ち寄ってみてはいかがだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月20日 (日)

The Oak Door @ Grand Hyatt Tokyo

 なんだか定例会と化しつつあるM姉&T姉とのランチ。今回は肉好きのT姉の希望でグランドハイアット東京にある「オークドア」となっていた。オークドアはウッドバーニング オーブンで素材の持ち味を最大限に引き出したダイナミックな料理を楽しめるいわゆるステーキハウスCuisineoakdoorlg1 。以前は確かハンバーガーか何かを頂いた記憶が。。。11時半に予約を入れてあるとのことだったが、この日は生憎の雨模様だったため、タクシーに乗り込み向かうと10分前に着いてしまい、案の定誰も来ていなかった(汗)。5分ほどロビーで座っているとT姉が現れ、ほぼ同時にM姉から少々遅れる旨のメールが入ったため、先に入っていることにした。

 メニューを眺めながら、今日のオーダーをランチなのだから豚か鶏にしようと考えつつ、T姉からいつものように育児等の話や悩みを聞いているうちにM姉が現れ速攻でオーダーを決めてしまい、我ら二人はそのメニューが一番下に書かれていたことに全く見向きもしていなかったため、悩んだ甲斐もなく、結局3人とも全く同じオーダーとなり、今回はカニを前菜に、メインをビーフシチューとしてみた。ちなみにランチコースをオーダーすると食後にドリンクとデザートがついてくる。

 まずはカニからD1001564 。個人的にソースをかけて頂くのは好きではないのでレモンのみを搾ってかけていただいてみたのだが、多分このカニは冷凍されたものなのだろうが、少々ぱさついている感じが否めない。それゆえソースをかけて頂くようになっているのかも?!ちなみに奥にうつっているパンはとっても美味しい!これも3人で頂くには多すぎる量のパンが最初からサーブされていて、考えずにパンをパクパク食べていると恐ろしいことになるに違いない(大汗)。

 そしてメインのビーフシチューD1001563 D1001562 。ここのビーフシチューにはベーコンがふんだんに使われており、ビーフシチューを食べている、というよりもなんだかポトフを頂いている錯覚に陥ってしまう味だった。美味しいことは美味しいのだが、何とも不思議な感じ。加えてマッシュポテトもベーコンのラードを使っているらしく、これまたベーコン風味で、それだけで頂くのは大変美味しいのだが、ビーフシチューとの組み合わせとしては少々クドい感じも。。。多分ワインなどのアルコールと一緒に頂くとそのクドさも和らぐのであろうが、なんとなく外国人に人気な店なのはこの味からも十分頷けた。

 最後にコースについてくるデザートD1001561はアプリコットのタルトにアーモンドのアイスクリーム。これはやはりついてくるデザートなだけあり、完食するのは難しかった。。。アイスクリームは良かったが、タルトがいただけなかった。デザートを頂くのであれば、単品で選んだほうが正解であろう。

 こんな感じで食べ終えて、しばし紅茶を飲みながらM姉、T姉との話は多岐に渡り(というかM姉によって話題がコロコロと変わってしまうのだ 苦笑)、大変楽しい時間はあっという間に過ぎてしまった。というわけで、多分このランチは定例化していくのだろうと感じつつ、次なる美味しいお店を発掘すべく、M姉、T姉には一層励んでもらいたい次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

祝2000+2本安打!

 17日午後3時、水道橋で後輩のげーにんと待ち合わせ、向かった先は東京ドーム。我らの目的はただ1つ、田中幸雄選手の2000本安打達成の瞬間をこの目に焼き付けるために他ならなかった。開門まで1時間以上も前にもかかわらず、すでに記念すべき瞬間を見ようと熱烈な日ハムファン達が列をなしていた。げーにんの猛烈ダッシュのおかげで(さすがは現役!)前から2列目を確保!すると最前列を陣取っていたのはマイミクのなめたけさんグループだった。

 試合開始後、楽天相手に先発金沢の阪神時代と変わらぬ情けない投球に愕然としつつも、幸雄さんの打席がまわってくるたびにドーム内は幸雄コールがあちこちから聞こえ異様ともいえる雰囲気に包まれていた。そしてついにその瞬間が!第2打席にライト前安打を放ち、プロ野球史上35人目の通算2000本安打を達成したのだ!!!昨年札幌ドームで日本一の瞬間を見たときも感激したけど、今回の幸雄さんの2000本安打の瞬間も超感激で涙々。。。しかし、感動はここでとまらない。なんとこの日、幸雄さんは3安打と猛打賞で、今後益々活躍してくれる予感さえしたくらい。それに引き替え、若手の踏ん張りが見られなかったのが本当に残念。加えてヒルマンの采配にも疑問が残り、試合の結果は大敗。。。

 それでも最後には幸雄コールにこたえて、幸雄さんがライトスタンドまできてくれて手を振ってくれた。その日は2000本安打を祝いミニ呑み会をげーにんと友人Mと行ったのだが、19日には行きつけの築地・やまだやでビッグパーティーを開くことになっており、その際には日ハムのユニフォームを着て盛大に祝うつもりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

平岡梅園

 今日は、仕事帰りにバス、地下鉄、バスと乗り継いでなめたけさんのご実家が近いという平岡梅園に行ってみた。これだけ乗り継ぐと相当に時間がかかるように思われるかもしれないが、たった40分程で到着D1001524 !今年からライトアップもされているということで夜間も見られるようになったのだ。実はこの梅園に来るのは初めて、ということもあり楽しみにしていた。

 ネットでの情報によると、白梅は満開だが紅梅はまだ3分咲きということでまだ少々早い感じもしたが、それでも相当な数の宴会があちこちで開かれていた。それでも幾つかの梅の木は香り高く咲きみだれていてなかなか見事D1001516 Img_3154 。今日は少々肌寒いということもあり屋台は大変な混雑ぶりD1001521 。皆、花より団子というところなのだろうか。私も今日は採点作業に追われランチを取る暇もなかったことから、つみれ汁と焼きそばをオーダーし、しばし休憩。その後、ライトアップされた梅園をゆっくり一周して帰宅した次第。それにしても今年は、大阪、東京、そして札幌と3度も梅を楽しむことが出来大変贅沢な春となったなぁ。。。

 というわけで今日から東京出張です。幸雄さんの2000本安打を見られると良いなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

1人でも多くの子どもたちに。。。 その3

 皆さんは「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト(以下HPS)」という職業を今まで耳にしたことがあるだろうか。日本では院内保育士あるいは病棟保育士、と言った方が馴染みがあるかもしれない。HPSはイギリスの資格であり、ニュージーランドや香港なども採用している資格である。

 そもそもHPSの役割とは何か。それは、入院している子どもに“遊び”を通じて治療内容を理解させて不安を取り除く一方、気持ちを他のものに向けることによって治療の円滑化を図る専門家のこと。治療している間、横で絵本などを読んであげたり、手術時には不安を和らげるため麻酔が完全にかかるまで横にいて励ますこともあるなど、日本の院内保育士と比べると一歩踏み込んだ形で患者と関わる専門職と言える。日本では制度化されていないためほとんど知られていないのが残念なところ。

 もう一つの仕事はプレパレーション(心の準備)と言われるもの。例えば特殊な動物のぬいぐるみを用い、服を脱がせ本体のチャックを下げると、血管や臓器、骨が出てくる。注射器も付いており、ぬいぐるみと遊びながらどのような治療が自分に施されるのかを医師からの説明のみならず遊びを通してHPSが子どもに理解させていく。また、不安を取り除くため独自に作製した本を使い教えることもしばしばだ。子どもの側に立ち、“遊び”を通じてケアし、治療の円滑化を図るスペシャリストがHPSなのだ。

 実は数名のHPSが日本でも小児病棟で活躍している。法の違いなど、イギリスで出来ることを全て日本で実践できるわけではない。それでも病気を患った子ども達に自らが何の病気にかかり、そしてどのような治療を今後受けていくのかを子どもながらに納得してもらった上で医師が治療を施していくために、そしてその治療の過程は決して苦しいものだけではなく”遊び”を通して精神的ケアをしていく上で、既に導入されている病院では欠かすことの出来ない存在となっているようだ。イギリスでは97%の小児病棟にHPSが配置されている一方で、日本では医療費制度の問題もあり、HPSどころか病棟保育士さえもがいない小児病棟の方が多い。しかしながら、子どもの発達ということからも、病院のような特殊な環境に例え短期間といえど“隔離”されてしまう経験の与える影響は大きく、医師や看護師のみではなく、HPSのような存在が小児病棟内にいることの意味ははかりしれないものがあろう。

 現在日本で活躍しているHPSの一人に在英中知り合うことが出来、今も友好を深めているのだが、是非ともその道のパイオニアとして今後も頑張り続けて欲しいと思う。保育士を目指そうとしている学生には、このような道もあるのだということを今後も伝えていくことが私に出来る1つの貢献だと思っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

ようやくかみ合ってきたかな?!

 今日は母の日&義弟の誕生日、ということで午後3時頃より買出し!札幌は雨模様で本当に寒かったのだが、馴染みのケーキ屋にデコレーションケーキを取りに行ったり、今日のメインであるラムステーキの肉を肉屋に取りに行ったりと忙しなく走り回った。そして午後6時のディナー開始に間に合わせるべく5時頃から調理開始。あまり手の込んだものを作っていないこともあるのだが、あっという間に5品を完成させ、約束どおり午後6時から家族一同で楽しいディナーを囲み、妹&義弟が帰った後に食洗器に全ての食器を入れてスイッチを押して今日の私の役目は終了!

 というわけで、阪神、今日も勝って4連勝!9連敗の後だけに喜びも一入じゃのう。。。それも巨人が連敗している中での連勝ほど嬉しいものはなく、それだけで今日はハッピーな1日として締めくくれるというもの。それにしてもよく9回表に勝ち越した!橋本も好救援だったし、最近メキメキと調子をあげてきている狩野に代わって出場したベテランの野口の活躍と、皆が自分の役割をしっかりと果たしての勝利なのが嬉しいところ(久保田の最後はやはり不安が大だが。。。)。このまま連勝を続け、一気に借金を返してもらいたい。

 加えて、日ハムも西武相手に2連勝!ずっと上位陣には勝ち越せない(というか3タテばかり?!)ことが多かったのでこの2連勝は、内容はともかく素直に喜びたいもの。これでチーム内の雰囲気も一気に高まり、東京ドームでの幸雄さんの2000本安打達成も現実味を帯びてきた感じ。。。対楽天戦の3戦目(木)は後輩のげーにんと東京ドームに一緒に応援に行くことにしているので、願わくばそのときに達成してもらいたい気もするなぁ。。。

 ともあれ今週の東京出張は色々な意味で楽しみ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

1人でも多くの子どもたちに。。。 その2

 現在、日本では約20万人もの子ども達が難病と闘っていることを皆さんはご存知だろうか?そんな病気と日々闘い続けている子ども達に、ぬけるような青空や風の薫りをプレゼントしようと活動を続けている団体、それが北海道滝川市を活動拠点とする「そらぷち キッズ キャンプ」。「難病と闘う子ども達は自然の中に“出かけることができない”のではなく“出かけて過ごすことのできる施設がない”だけ」をコンセプトに現在まで地道な活動を続けている。

 そもそもこの種の活動はアメリカにおいて「The Hole in the Wall Gang Camp」の名で1988年夏に俳優ポール・ニューマンが中心となって開設された。白血病や血友病などの致死的な病気を持つ子どもたちが一時的に家族と離れ、無料で必要な医療を受けながらも楽しくキャンプ生活を送れるようとの目的で作られた。名前はニューマン主演の映画「明日に向かって撃て」に出てくる盗賊一味(Hole in the Wall Gang)に由来し、子どもたちがギャングのようにわんぱくに過ごすことが出来るようにとの思いが込められている。湖を含む300エーカーのひろびろとした土地に西部開拓者の家々を模した建物が建てられ、宿泊施設・診療所・食堂ホールの他、劇場・体育館・ボートハウス・プール・キャンプサイト・運動場などが点在、目立たない木製ゲートから少し入ったところに広がる”隠れ家”で、善意ある多くの人たちに支えられ、難病を持つ子どもたちが自分達の出来る範囲で楽しく毎日を過ごすことが出来る場なのだ。

 いわゆるこれの日本版を北海道の滝川市に建設しようという壮大な計画であり、まだまだ資金集めの段階のようで施設はまだ出来上がってはいないものの、既にプレキャンプ等を始めており少しずつ活動が具体的になってきているようである。このキャンプを行うには子ども達と同数以上の支援者が必要であり、是非とも将来教員になろうとしている私の学生達にもボランティアとして関わってもらえればな、とも思っている。そうすれば、活動を通して生きることの意味を少しでも理解してもらえ、将来教職に就いた際、必ずやその経験を活かすことが出来ると思うからだ。

 この種の活動が最近日本でもようやく動き出していることを嬉しく思う反面、関心を持っている人は難病を抱えた子どもを持つ親や小児科医などまだまだ限られていることも事実である。要は一般へのPRの部分でもっと工夫していくべきだと思っていることもあり、今回このブログで取り上げでみた。1人でも多くの難病を抱えた子ども達が1日でも早く青空のもとでのびのびと楽しく活動が出来ることが当たり前となるよう、関心を持たれた方は是非とも会員になってみてはいかがであろうか。

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年5月11日 (金)

関西在住の皆様へ!

 先日、このブログでも話題にした関西に拠点をおく日本で初めての小児がん専門施設設立を目指すNPOの「チャイルド・ケモ・ハウス」が今週末の12日、下記のようなイベントを行います。関西地方在住の方でお時間のある方は是非ともご協力お願い申し上げます。一人でも多くの子ども達が小児がんを克服し人生を歩んでいくことが出来るよう、我々に出来ることから始めてみませんか?

□■□■ NPO法人チャイルド・ケモ・ハウスからのお知らせ   □■□■

  ★「テリーフォックスラン&チャイルド・ケモ・ハウス」開催決定★

       日本で初めての小児がん専門施設設立を目指して、
        「チャイケモウォーク」に参加しよう!!

   ウォークを通じて命の大切さや日常生活の素晴らしさについて感じ、
        頭と心を鍛えるチャリティーイベントです。       

      日時:2007年5月12日(土)10:30~15:30(雨天決行)
                          (10:00受付開始13:00受付終了)

       場所:大阪府吹田市万博記念公園 下の広場(太陽の塔の東側)
      参加費:大人 1口1,000円(15才以下の子ども無料)

  詳しくはこちら>>http://blog.canpan.info/kemohouse/archive/221
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月10日 (木)

やっと勝ったが、しかしもう一方が。。。

 いやはや、長~い連敗街道にあった阪神が、ようやく今日勝った(汗)。それも1点差という首の皮1枚つながったようなものではあったが、昨日はそこから逆転されているがゆえに気が気じゃなかった。。。それにしてもやはり金本の1発で連敗脱出かぁ。。。頼れる主砲がいるってのは大切だよね。阪神は今後の奮起に期待!福原もよく粘り強く投げてくれたよ。明日からまた是非とも連勝を続けてほしいものだ。赤星よ、早く戻ってきてくれ~。でも葛城もせっかくのチャンスに結果を残しているので嬉しい限り。狩野にしても今後も阪神を率いていかねばならぬのだから、今の機会を大切にしてもらいたいものだ。

 話し変わって、日ハムはというと、なんともちぐはぐな試合が多く、チームのために1人1人が戦っているという感じが全くしない(怒)。この3連戦、札幌ドームに応援に駆けつけたが周りでため息をつく人が何と多いことか。。。あまりに残塁が多い!もっと泥臭い野球をやってくれても良いと思うのだが。。。加えて何故ヒルマンは信二をキャッチャーとして今日起用したのか理解に苦しむ。キャッチャーはそろそろ鶴岡に固定すべきなのでは?!2ストライクを取ってからのリードがあまりに拙く、鶴岡のように身体を動かさずに信二はミットしか動かさないものだから外したことにならないことが多いのだ(怒)。それにミットからボールを落としすぎで、テンポが悪く、ダルビッシュも相当に投げづらそうだった。今年の鶴岡は信二と変わらぬ打率を残しているし、去年のように併用するのではなく、今後を考えてもメインのキャッチャーは鶴岡にすべきだと強く感じた次第。ともかく週末の長野での西武戦では何とか連敗をとめてもらいたい。そしてフロント陣よ、はやくHRを打てる外人を連れてきてくれないか。セギ様1人に頼るのはもう無理かと。。。幸雄さんもこの3試合ノーヒットだったので、やはり気負っているのかなぁ。。。次の試合に期待していますよ!出来れば東京ドームか札幌ドームで達成してもらいたい気もしますがね(汗)。

 ともかく両チームが負けると相当にへこむので、阪神だけでも連敗を脱出してくれて本当に良かった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

Benoit

  今日はY叔父&Y叔母いきつけの「Benoit(ブノワ)」にM叔父、J姉、そしてH家夫妻と共に行ってきたD1001514 (本当はM姉&S兄と先に一緒に来るはずだった)。ここブノワの由来は1912年のパリにまで遡ることができる。1912年パリにオープンした「ブノワ」は、古き良き正統派のビストロ・パリジャンとしてミシュランで唯一の一つ星を獲得、世界中の美食家たちが足繁く訪れるレストランとして名を馳せている。このレストランを4代に亘って経営してきたプティ家は、長年培ってきた「伝統」に新風を吹き込むため、2005年4月「グループ・アラン・デュカス」に営業権を譲渡、そして様々なものがめまぐるしく変わる青山という地において末長く愛されるレストランであって欲しいという願いを込めて、アラン・デュカスによってプロデュースされたこのお店を「ブノワ」と名付けたようである。

 メニューを見ながら、Y叔父のお勧めを聞きつつオーダーを決めていく。お店のスタッフも大変親切に説明してくれる。ともかく白ワインでM叔父の退院を祝い、アミューズ・ブッシュとオードブルを頂くD1001511 D1001510 。オードブルは好きなものを2品から4品選ぶことができる。私は「フォアグラと鴨のテリーヌ」と「牛肉の手刻みタルタル ウズラの卵を添えて」をオーダー。タルタルも美味しかったのだが、なんと言ってもテリーヌが絶品!Y叔父が勧めただけのことはあり、この濃厚さがワインをより美味しく感じさせてくれるのだ。それからここのパンは数種類が始めからテーブルにサーブされていて、これがなかなかのお味でつい頬張ってしまう大変危険なもの(汗)D1001512 D1001513 !このパンを食べ過ぎて後々お腹が大変なことになる。。。

 次のアントレは「コキエット(ショートパスタ)と角切りハム トリュフ風味」のハーフサイズをオーダーD1001509 。ここブノワは正統派フレンチを出すお店にも関わらず、アントレにパスタが含まれているところが面白いところではあるのだが、それでもこれを頼む価値は大!ハムはボンレスハムでしっかりとした歯ごたえを楽しめ、パスタも付け合わせの野菜やソースとしっかりとからんでいて素晴らしい一皿としか言いようがない。是非皆さんにもお試し頂きたい。

 メインには「オックステールのブレゼ キャベツ包み」をオーダーD1001508 。オックステールは北海道産の牛肉を用いていて、調理法がしっかりしているためお肉はパサパサしておらず、旨味を十分に引き出しており、これがちぢみキャベツと一緒に頂くと歯ごたえ、味ともに申し分ない1品。

 そしてデセールには「ストロベリー “パリ 東京” バラのクリーム」をオーダーD1001507 。このチョイスが大正解!実は個人的には“桜のクリーム”などのようなものがあまり好きではない。何故なら何だか下品な味が多いのだ。しかし今回は違う!さすがとしか言いようが無いほど上品に仕上げられており、バラの香りがそのまま凝縮されたような味であった。もう一皿のストロベリーのソルベも甘酸っぱくて〆の一皿には相応しい。

 こうして楽しいディナーは終了。それにしても今回もパンを食べ過ぎてメインの頃には苦しい思いをすることになってしまった(汗)。今後はパンを食べる量を調整するようにしなければ。。。ともかくアラン・デュカスのプロデュースしたお店であることを実感できると思うので1度足を運んでみてはいかがだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

充実した祝日

 今日は大変充実した祝日であったので少々振り返ってみたいと思う。まず、午前中は家で仕事をし、お昼近くになって、M叔父、J姉と散歩がてら家の近くの東京国立近代美術館まで歩いてみた。現在、近代美術館では「生誕100年靉光(あいみつ)展」をやっており、これを観てランチを近代美術館に併設されているレストランで取ろうということにしていたのだ。私はこの靉光という画家を知らなかったのだが、様々な先人の影響を受けながらも何とも魅力溢れる画を描いており、38歳という若さでこの世を去っていなければ、と思わずにはいられなかった。特に「鳥」と「ダリヤ」という画は皆にも観て欲しいと思った。

 1時間ほど鑑賞した後、2階にあるレストラン「クイーンアリス・アクア」に向かった。名前から推察出来るように石鍋裕シェフがプロデュースするお店で、皇居のお濠に面したテラス席もあるなど前々から気になっていたお店であった。メニューを観てみるとカツカレーやコロッケバーガーなど日本人が好む洋食屋さんという感じ。ちなみに自分はカツカレーにするか迷ったあげく、「ハンバーグ アクア風」をメインにグリーンピースの冷たいポタージュを注文してみたD1001498 D1001499 。ポタージュはグリーンピースの味がしっかり残っていてなかなか美味。ハンバーグはソースが少々甘めで子どもでも美味しく食べられるようなものであったように感じた。

 その後、J姉は美術館内の他の展示を見に行き、M叔父と私は隣の国立公文書館で開催中の「春の特別展示会 再建日本の出発」を観に行った。日本国憲法の施行から60年という意義ある機会に開催するということで「日本国憲法」の「原本」が出展されているとあって、我々が想像していた以上に公文書館の中はこんでいた(この込み具合を見てまだまだ日本も大丈夫かもとつい思ってしまった・・・)。すでに原本を見るための長い列が出来ていて本当に驚いた。国内外の様々な力が複雑に絡みあう中で進められた日本国憲法制定の過程と新憲法に伴う諸施策の立案・施行の動きを物語る公文書を見られるので、是非歴史に興味のある方は訪れてみてはどうだろうか。

 その後、家まで3人で歩いて帰った後、J姉と二人で日本橋の高島屋までドライブ。特段何を買うと決めていたわけではないのだが、まずは6階の紳士服売り場で私がブルゾンを衝動買い、その後4階、3階へと移動してから、J姉は何かが乗り移ったのかのごとくに買いまくり!う~ん、あれだけ買うと見ている側も気持ちがよい。まるで友人M嬢を見ているかのようであった。それから最後に1階に移動し私が靴に合わせるためのベルトを購入し買い物は終了。

 その後家まで急いで戻り、M叔父、H婆と落ち合い向かった先は市ヶ谷にあるお店「中国飯店」。今日はここでディナーを頂くことになっていたのだ。頼み過ぎ?!、という位にオーダーをしたので、今日は最初と〆の1品をご紹介。まずはホットサワースープからD1001497 。これが具材が豊富でなかなかのお味。ちょっと胡椒が利きすぎているかな、とも思えたがそれでも良い味なことには変わりはなし。その後、皮蛋、空芯菜の炒め、海老のガーリック炒め、酢豚、牛肉と季節の野菜炒めなどを食べた後に〆として注文したのが海鮮あんかけ焼きそばD1001496 。私はこの焼きそばが本当に大好きでいつも注文してしまう1品。麺のコシも絶妙で、かつプリプリの海老やホタテ、イカなどの海鮮類もきちんと下味をつけた上で調理されているため本当に美味い。麺好きの皆さんは是非ともお試しあれ!焼きそばも食べ終わりお茶を頂いて談笑していると、支配人からデザートのサービスがあったD1001495 。これは金木犀風味のシロップに餡が入った団子が入っているもので中国飯店の人気デザートの1つ。

 このように今日は五感の全てを満足させることが出来る1日だったように思う。連休最終日である明日も予定が一杯なので、楽しみたいと思う次第。唯一今日残念だったことと言えば、東京にいるがゆえに、幸雄さんの札幌ドームでの初HRを生で見ることが出来なかったことであろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

七宝麻辣湯&Plate of Pie. Pop

 昨日、鎌ヶ谷に日ハム2軍の試合を見に行った後、一旦家に戻りM伯父の夕食を準備しシャワーを浴びて向かった先は東京オペラシティのコンサートホール。その理由はJ姉が石井竜也のオーケストラと共演するコンサートに招待されていて、それに誘ってもらったから。オペラシティを訪れたのは8年ぶり位だろうか。。。それくらいご無沙汰しているホール。お互い会場に着いたときにはすでに公演は始まっており、1曲目が終わった段階でホール内に案内されたのだが、我々の座席近くに見慣れた後ろ姿(というか髪型)が。。。それはなんと友人のR(M姉の弟)だったのだ。仕事の関係でRも招待されていたらしく、Rも場所を我々の隣に移動して一緒に鑑賞し、楽しいひとときを過ごすことができた。

 我々は混雑を避けるためにアンコールの前にその場を離れ、向かった先はJ姉が最近気になっているという渋谷にあるお店「七宝麻辣湯(チーパオマーラータン)」D1001486。上海で広く親しまれている麻辣湯(マーラータン)は、野菜や肉など数多くの具材が並べられた陳列棚から、自分で好みのものを選びスタッフがその場で茹でてくれ提供されるスープ春雨D1001485 。この選ぶのが本当に楽しく具材によって味も変化するためそれを想像して選ぶだけでも相当に楽しくワクワクしてくる。基本のトッピングは3つでこれにスープ春雨で650円と本当にリーズナブル!辛さも自分で指定することができ辛さ0から辛さ5までがある(お店の方に聞くと番外メニューとして辛さ10まで提供しているとのことだが、辛さだけで旨味は感じられないと言ってたのだが、それはそうであろう。。。)。選ぶ楽しさも加わって本場でも爆発的な人気を博しているそうだ。このお店は上海の古都・七宝古鎮で人気の店「愛情麻辣湯」の日本一号店(今年の1月にオープン)のようで、辛くて旨い・上海仕込みの一杯を安い価格で提供しているお店として現在売り出し中。

 自分は「フータマ」(揚げパンみたいなもの)、「鶏のつみれ」、「しゃぶしゃぶもち」、そして「キャベツ」をトッピングに選択(1品100円でトッピングを追加できる)!私もJ姉も辛さは初心者向けの1にしてみたD1001484 。実際に食べてみて、辛さ1でも十分辛い!また、ちょっとコクが足りないかな、とも思えたのだが、フータマに十分スープがしみ込んでくるとスープに豊かなコクを与えてくれてなかなか美味しく頂けたので、ここに来たときにはフータマを必ずトッピングに加えると良いであろう。あるいは、えびや豚バラなど出汁が出るものを加えるのも手である。ともかく我々のようにダイエットを試みているものにとっては、炭水化物ではなく春雨でお腹が一杯になるというのは大変にありがたいもの。しか~し、現在新潟にて炭水化物を鱈腹取っているであろうS姉の、我々だけには抜け駆けはさせぬという執念なのか、我々もその後炭水化物を取ることになってしまった。。。それはこの春雨を頂いて残ったスープにライスを入れて食べるとまた美味しい、とスタッフの方に勧められてしまったからだ(汗)。さらにそこに生卵を入れて食べるとさらに美味しい、と言われて頼まずはいられず二人でライス&生卵を追加オーダーして試してみることにD1001483 。う~ん、さっきまでの辛さはどこへやら、生卵1つ入れるだけでとっても穏やかな味になり異なった味を楽しむことが出来、お得感がさらにひろがる。夜11時まで開いているので渋谷近辺で呑んで、最後の〆にラーメンでも、ってときには、この麻辣湯にしておくと今後は健康的で良いかもしれない。ファーストフード的なお店でありながらも、しっかりと美味しいものを頂くことのできるお店なのでお奨め出来る1店。

 そしてお店を出るとその隣に何とも美味しそうなケーキやタルトをディスプレイしているお店「Plate of Pie. Pop」を見つけてしまい、迷うことなく立ち寄る1_1 。う~ん、ダイエットの途とはなんと険しいものなのか(苦笑)。飲食店の企画、運営、コンサルティングを手がけるデュアルウェーブと雑誌『東京カレンダー』のコラボレーションによるお店らしいのだが、なんとこのお店、24時間オープンとのこと。さらにお店の方によれば、今後さらにアルファベットのAからZまでの頭文字のついた店を順次オープンさせていく予定らしく、このお店はもちろん「P」と呼ばれているとのこと。今回はタルトをテイクアウェイ(自分は紫イモのタルトとかぼちゃのタルト、2つをオーダー!)しただけだったが、メニューを見せてもらうと夜には本格的なタパスも楽しめそうで、時間を気にせず訪れることが出来て今後は重宝しそうなお店な感じD1001482

 早速家に戻り、まずは紫イモのタルトを頂いてみることに。これが上にトッピングされている紫イモのクリームが、イモの風味を損なわずにとても軽く仕上げてあって、これなら深夜に訪れて頂いても胃にもたれることなく頂けるな、と納得の味であったD1001479 。またパイ生地のざっくりとしたビスケットのような食感が心地よくチーズクリームとからめて食べると抜群に美味い。ちょっと軽めのケーキ類を、というときにはこのお店はお奨めである。

 こうして連休後半初日も大変充実した1日を過ごすことが出来た次第。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月 3日 (木)

初鎌ヶ谷!!!

 後半の連休初日、今日はマイミクのなめたけさんと一緒に日本ハムファイターズのファームの本拠地である鎌ヶ谷に行ってきた。なんと、これが初鎌ヶ谷ということもあって、今日をとても楽しみにしていた。朝9時に半蔵門から錦糸町、そして総武線快速に乗り換え、船橋から東武野田線で鎌ヶ谷と約1時間電車を乗り継いでたどり着いた駅はあまり日ハムのファームがあるという感じはしなかったD1001493 。それでもファイターズタウンに行くバス停の前には札幌では見慣れた幟がありちょっと安堵D1001494

 程なくしてなめたけさんも駅に到着し、二人でタクシーで球場に向かう。球場に着くと、連休と言うこともあり、それなりに既にファンが列をつくっていた。というのも、今日は岩ちゃんこと岩本勉氏のサイン本即売会が実施されることになっていたのだ。すでに何度も鎌ヶ谷入りしているなめたけさんは列に並び自分の荷物を置くと、球場周りを1周して案内してくれた。球場脇にはUHBの「Fの炎」で何度も見た勇翔寮もあり、あぁ鎌ヶ谷に来たんだな、という思いに浸ることができたD1001490 。すると何人かの選手が寮から球場に向かっていくのだが、どうにも話しかけるタイミングをうまくつかめない(汗)。そして入団当時から私が応援しユニフォームまで作った川島選手も側を通り過ぎていったのだが、サインを頼もうかどうか迷っている内に球場入りしてしまい少々凹んでしまったのだが、それでも神様は私を見捨てていなかったことを後に知ることになる。そしてその後北海道出身のキャッチャーである渡部龍一選手と一緒に写真を撮ってもらい、早く札幌ドームにとの思いを伝え我々も列に戻って球場入りすることにする。

 そして球場入りと同時に岩ちゃんのサイン本を購入するための列に並んでみた。一応先着50名ということになっていたのだが、どうみてもテーブルの上には50冊以上の本が並んでいるのが見える(汗)1178204500 。なめたけさん曰く、前回のサイン本の際にも100人位は余裕で買っていたとのことなので、今回も50人以上がサイン本を手にすることができたことであろう(実際に試合後もサイン本即売会を実施していた!)。

 そして球場入りしたのだが、なんとものどかな球場。日差しを浴びて野球を観戦するのは久々な気がする。その後なめたけさんの友人も加わり試合を観戦したのだが、1軍に比べるとプレー(エラー多し)も応援(リズム音程時折ずれる)も何もかもが微笑ましく、誰もが自分の子どもを見ているかのごとくな表情なのがとても興味深かったD1001488 。こうした篤いファンに支えられて今1軍で活躍しているプレーヤーが生まれてくるのかと思うと、ファーム通いも相当に楽しいだろうなと思える。試合は中盤まで相手の横浜の2軍に負けていたのだが、後半に一気に突き放し日ハムの勝利!1軍も今日はロッテに快勝したので、そろっての勝利となった。2軍でのヒーローインタビューは決勝点となるヒットを打ち、かつ8回表に足が滑りながらもフライをキャッチしたセンターを守っていた工藤隆人選手1178204762 。インタビュアーは岩ちゃんだったのだが、その突っ込みに対する返答も大変初々しく早くそのプレーを札幌ドームで見せてもらいたいものだ。

 こうして試合も終わり、そろそろ帰らねばならぬ時間が来ていたのだが、なめたけさん達は選手の出待ちをするというので少しだけついていくことにした。するとすぐに須永、鎌倉投手達が出てきて、その次に出てきたのがなんと先ほど声をかけそびれた川島選手だったのだ!ここを逃してはならぬと、なめたけさんに背中を押されて何とか声をかけ、自分でオーダーして作った川島ユニにサインをしてもらうことが出来たのだ!!!D1001480 (サインだけではなく一緒に写真も撮ってもらった!なめたけさん、ありがとう!)昨日怪我をしたということで、まだ多少足を引きずっていたようにも見受けられたが、早く怪我を治して札幌ドームに戻ってきてもらいたいものだ(個人的には外野から内野に戻ったほうが良いのではとも思うのだが。。。)。その後は二軍で調整を続けているグリーンのサインももらったりと鎌ヶ谷を十分満喫し帰途についた次第。

 そんなこんなで初めての鎌ヶ谷詣は楽しかったの一言に尽きる。ちなみに鎌ヶ谷の球場で売っている韓国ちぢみはとても美味いので是非行った方は試されてみてはいかがであろうかD1001489

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »