« 関西在住の皆様へ! | トップページ | ようやくかみ合ってきたかな?! »

2007年5月12日 (土)

1人でも多くの子どもたちに。。。 その2

 現在、日本では約20万人もの子ども達が難病と闘っていることを皆さんはご存知だろうか?そんな病気と日々闘い続けている子ども達に、ぬけるような青空や風の薫りをプレゼントしようと活動を続けている団体、それが北海道滝川市を活動拠点とする「そらぷち キッズ キャンプ」。「難病と闘う子ども達は自然の中に“出かけることができない”のではなく“出かけて過ごすことのできる施設がない”だけ」をコンセプトに現在まで地道な活動を続けている。

 そもそもこの種の活動はアメリカにおいて「The Hole in the Wall Gang Camp」の名で1988年夏に俳優ポール・ニューマンが中心となって開設された。白血病や血友病などの致死的な病気を持つ子どもたちが一時的に家族と離れ、無料で必要な医療を受けながらも楽しくキャンプ生活を送れるようとの目的で作られた。名前はニューマン主演の映画「明日に向かって撃て」に出てくる盗賊一味(Hole in the Wall Gang)に由来し、子どもたちがギャングのようにわんぱくに過ごすことが出来るようにとの思いが込められている。湖を含む300エーカーのひろびろとした土地に西部開拓者の家々を模した建物が建てられ、宿泊施設・診療所・食堂ホールの他、劇場・体育館・ボートハウス・プール・キャンプサイト・運動場などが点在、目立たない木製ゲートから少し入ったところに広がる”隠れ家”で、善意ある多くの人たちに支えられ、難病を持つ子どもたちが自分達の出来る範囲で楽しく毎日を過ごすことが出来る場なのだ。

 いわゆるこれの日本版を北海道の滝川市に建設しようという壮大な計画であり、まだまだ資金集めの段階のようで施設はまだ出来上がってはいないものの、既にプレキャンプ等を始めており少しずつ活動が具体的になってきているようである。このキャンプを行うには子ども達と同数以上の支援者が必要であり、是非とも将来教員になろうとしている私の学生達にもボランティアとして関わってもらえればな、とも思っている。そうすれば、活動を通して生きることの意味を少しでも理解してもらえ、将来教職に就いた際、必ずやその経験を活かすことが出来ると思うからだ。

 この種の活動が最近日本でもようやく動き出していることを嬉しく思う反面、関心を持っている人は難病を抱えた子どもを持つ親や小児科医などまだまだ限られていることも事実である。要は一般へのPRの部分でもっと工夫していくべきだと思っていることもあり、今回このブログで取り上げでみた。1人でも多くの難病を抱えた子ども達が1日でも早く青空のもとでのびのびと楽しく活動が出来ることが当たり前となるよう、関心を持たれた方は是非とも会員になってみてはいかがであろうか。

 

|

« 関西在住の皆様へ! | トップページ | ようやくかみ合ってきたかな?! »

「心と体」カテゴリの記事

「教育」カテゴリの記事

コメント

ボランティア活動や寄付集めの活動等があまり根付いていない日本で大規模にやるのは結構難しいのでしょうね。
でも、とてもステキな発想だと思います。
難病に限らず、社会的弱者が引き込まずに外に出て行けるようにする活動は本当に大事だと痛感しています。
何らかの形でそういう活動に関わりたいと模索中です。

投稿: sue | 2007年5月12日 (土) 22時02分

共鳴したいと思いました。
何か私の出来る事で役立つ事があれば是非やりたいです。
情報ありがとう。
今後要チェックしていきますね。

投稿: みか | 2007年5月13日 (日) 02時19分

>sue

 なによりもPR不足が一番かな。マスコミに取り上げられたりすると一気に寄付も集まるんだけど、継続性がないものが多く、資金不足で事業を続けていくのがなかなか日本では困難なことが多いんだよね。それでも今回の活動や以前紹介したチャイケモのような活動の重要性に気づいた人が諦めずに声を発していくことが重要で、そうして輪が徐々に広がっていくと信じてます。是非自分の出来る範囲で頑張ってみて!

>みかさん

 アウトドア派のみかさんであればやって頂けることが山ほどある気が。。。もし北海道在住となることがあれば是非!(笑)加えて東京事務所も平河町にあるので、是非是非みかさんの周りの方々にもPRしてみてくだされ!

投稿: torada | 2007年5月14日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/15038122

この記事へのトラックバック一覧です: 1人でも多くの子どもたちに。。。 その2:

» スティング (The Sting) ロバート・レッドフォード ポール・ニューマン [映画村]
どうしても第一回に書かなければ気が済まないのがスティング (The Sting) 1973年 アメリカ大好きな映画NO.1ですケータイの着メロも「ジ・エンターテイナー」(The Entertainer)です興行収入1億6000万USドルアカデミー賞に10部門ノミネート最優秀作品賞...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 17時57分

« 関西在住の皆様へ! | トップページ | ようやくかみ合ってきたかな?! »