« 久々のカザマでのディナー | トップページ | Thanksgiving Dinner »

2006年11月22日 (水)

重き荷を負いて~ララバイSinger~

 今日は中島みゆきのニューアルバム「ララバイSinger」の発売日B000iclz1i01 !毎年この時期が楽しみでしかたがない。早速講義を終えた後にタワーレコードで買い求め自宅に戻って聴いてみた。今回、書き下ろしの新作オリジナル・アルバムとしては「恋文」以来、約3年ぶりとなる作品(通算34作目)。プロデュースとアレンジはもちろん瀬尾一三によるもの。「ただ・愛のためにだけ(岩崎宏美提供曲)」、「あのさよならにさよならを(華原朋美提供曲)」「宙船(そらふね)(TOKIO提供曲)」(みゆきの方が逞しい歌い方!)「Clavis―鍵―(工藤静香提供曲)」といった既にテレビドラマの主題歌等で使われ耳馴染みのある曲のみゆきバージョンに加え、アルバムのラストを飾るタイトル・チューン「ララバイSINGER」、デビュー曲「アザミ嬢のララバイ」のコール・アンド・レスポンス的な曲、などなど今回のアルバムは話題性豊かなのだが、個人的に一番だと思う曲は「重き荷を負いて」!下に2番の歌詞を書きうつしてみたのでまず読んでみてもらいたい。

掌の傷口を 握るのが精一杯
愛を拾う余裕もなく 泥を拾う余裕もなく
ひび割れた唇は 噛みしめるのが精一杯
過去を語る余裕もなく 明日を語る余裕もなく
がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
ふり仰ぎふり仰ぎ その都度転けながら
重き荷を負いて 坂道を上り行く者ひとつ
重き荷は重く 坂道は果てもなく続くようだ
がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
這い上がれ這い上がれと 自分を呼びながら

 中島みゆきの曲には多数のアーティスト達がカバーしている「ファイト」、そして団塊世代の応援歌として定着した観のある「地上の星」など人生を歌ったものがかなりあるのだが、今回の「重き荷を負いて」は飾りのない言葉の凄さ、重みを実感でき、それをストレートに唄っているために一人一人の心に直に響いてくる秀作だと思えた。これをツアーで生で聴いたら必ず涙ぐんでしまうに違いない。

 人生誰にでも余裕がなく、自分のことでさえ持て余してしまう時を幾度か経験するものだ。今だに起き続けている子ども達の群発自殺などを考えてみても、子ども達がどうしようもない状況にまで追い込まれてしまった、と自分自身で感じてしまっているということなのだろう。しかし、それでも私はやはり、頑張って生きるべきだ、と彼らに伝えたいのだ。すでに頑張っている人間に対してこれ以上どう頑張れというのだ、という意見もある。それでも私はやはり、頑張れ、という言葉が好きだし彼らに必要なのは癒しだとは決して思わない。なぜなら「頑張れ」は祈りの言葉ように感じるからだ。「がんばってから死にたいな」、このフレーズを聴いたときそう感じたのだ。「もう少し頑張ってみようよ」と語りかける大人が側にいたのかと。子どもに元気を与えられる人(大人や友人)の姿がいかに大切なのかを。人生とはかくも厳しいものだということを大人は率直に語ること、そして大人の生き様を子どもに率直に見せることが必要なのだ。皆、何かしらの「荷」を負いながら生きているのだ、ということを知らしめること、決して「荷」を負っているのは君一人ではないんだよ、ということを知らしめることが必要なのだと思う。その意味で言えば、よくマスコミ等の餌食にされている石原都知事の先日のいじめに関する発言はあながち間違ってはいないと思う。挑発するような言い方をするので誤解されてしまう部分は多分にあるのだが、要は「生きる」ということはそう容易いことではないのだ、とまず現実を直視せよ、いうことを言いたかったのだと思う。「頑張る」ということがいつの間にか泥臭いことのように思われてしまう世の中となってしまったが、私はどのような状況であれ、精一杯頑張って生きている人々ほどこの世で美しいものはないと思っている。それゆえ、そうした人々をも優しいまなざしで見つめ続けるみゆきの歌を愛して止まないのだ。私も日々学生達に自分の生き様を隠さずに見せて教育しているのか、と自問してしまった次第。ともかく是非とも1度「重き荷を負いて」を聴いてみて欲しい。

|

« 久々のカザマでのディナー | トップページ | Thanksgiving Dinner »

「中島みゆき」カテゴリの記事

「教育」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/12774215

この記事へのトラックバック一覧です: 重き荷を負いて~ララバイSinger~:

» 『重き荷を負いて』 [大村の「PREMIUM」日記]
 先日、このブログにも書きましたが、中島みゆきのニューアルバム『ララバイSINGER』がいいんです。あれからも何回も聞きなおしましたが、岩崎宏美30周年記念曲「ただ・愛のためにだけ」や、もちろんTOKIOが歌って話題になった「宙船(そらふね)」も、華原朋美が歌った「あのさよならにさよならを 」も、工藤静香が歌った「Clāvis ―鍵― 」も、みんないいんですが、特に11曲目の「重き荷を負いて」は、ボクの弱いところを突いてきてしまいます。  今騒がれています”いじめ問題”を歌ったのか・・・それと... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 22時39分

» TOKIO 宙船 [歌詞 Blo]
TOKIO宙船の歌詞、もちろん試聴もダウンロードも。PV視聴はこちらから。マイボスマイヒーロー主題歌詞画。 [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 01時20分

« 久々のカザマでのディナー | トップページ | Thanksgiving Dinner »