« 久々のお店~ながい~ | トップページ | 季節の味 »

2006年8月 2日 (水)

食欲の夏・芸術の夏

 今日はアメリカから来ているフランシスやさどりょう達と原美術館に行ってきた。現在の特別展は「ヨロヨロン 束芋」なるもので、これまた大変シュールな作品が多く展示されている。それもそのはず束芋氏は殺人や少年犯罪、あるいは社会的停滞など現代日本の暗い側面を、マスメディアが一方的に流し続け受け身的に受け取る情報とは違った、束芋氏の視点を経て増幅させた形で我々が主体的に考えるよう問いかけている、そんな作品。普段の原美術館とは一風異なった異世界を楽しめることと思うので、是非1度期間中に訪れてみてはいかがだろうか。

 ところで、我々は作品を鑑賞する前に、ちょうどランチ時間でもあったことから、美術館内の「カフェ・ダール」にてランチをした。3人で色々とマネージャーさんをメニューに関して質問攻め?!にした結果、今日は前菜とパスタ料理からなるランチBを頂くこととする。今日の前菜はナスとリコッタチーズD1000629 。夏らしくサッパリした前菜でなかなかのお味。そしてパスタは手長海老のトマトソースD1000628 。これは鷹の爪がきいててピリッとした味わいでこれまた夏らしい一品。手長海老のみならず数種類の魚介が使われていてなんとも贅沢なパスタに仕上がっている。量も適量でランチとしては良いのではないか。

 この後私は羽田から札幌に戻ってきたのだが、ケンブリッジ在住のイギリス人の友人から以下のサイトが送られてきた。いわゆる、「sand art」なるものの映像なのだが、これがまたすごい技術、というか感性!手と砂から次から次へと様々な画を描き出すのだ。それも一瞬の作品、後世に決して残ることはないのだが、だからこそ素晴らしいのかもしれない。是非とも時間のあるときにでも見てもらいたい映像だ。きっと驚愕することだろう。

|

« 久々のお店~ながい~ | トップページ | 季節の味 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123511/11232935

この記事へのトラックバック一覧です: 食欲の夏・芸術の夏:

« 久々のお店~ながい~ | トップページ | 季節の味 »