« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

Local Foods

シンガポールに来てのお楽しみの1つにやはり食がある!特にシンガポール在住の友人さどりょうにまかせておけば、必ず美味しいモノにたどり着ける。ということで今回もとっても楽しみにしていた。ということで初日の朝は比較的ゆっくり起きて、さどりょう、J姉と10時頃にお粥を食べに家から車で5分程度のお店に行ってみた。ここは、数年前、さどりょうに1度連れてきてもらったことのあるお店D1000685 。ここには様々なお粥があるのだが、メニューを見て検討した結果、ピータンと豚のお粥と、ホタテのお粥を注文することにした。そしてJ姉の希望で豚のライスペーパー巻きも注文することに!D1000686 うーん、朝のお粥はとっても胃に優しい数日前から少し胃痛のあった自分にとってはふさわしい朝食。ただ単に優しいだけではなく、お粥を炊くときの下味のつけかたが絶妙で抜群に美味い!ピータンやホタテとの相性もよく、朝から至福の一時を持ってしまった。。。

 食べ終え外に出ると、さどりょうが「となりの肉まんも美味しいのよね」とふと囁いた。これを聞いて私とJ姉が無視できるはずもなくもちろん立ち寄ることにするD1000684 。カウンターには肉まんのみならず、蓮の餡がはいったまんじゅうや蒸しパンのようなものもあり、それぞれ1つずつ違うものをオーダーして食べ比べてみることにしたD1000683 。うんうん、さどりょうお奨めのこともあり、蓮の餡は甘さがしつこくなく日本人好みの味と言えたし、蒸しパンも素朴でとっても美味しかった。

 こんなに朝食を食べたのに、やはりお昼過ぎにはお腹が空いてくるのが旅の良いところ!?ということで向かった先はJ姉ご所望のチキンライスのお店。ところがこの時からシンガポールはスコール並の大雨で大変なことになっていたD1000679 。車には傘1本しか積んでおらず、駐車場からダッシュでお店に向かうことに!このチキンライスのお店もいつぞやさどりょうと訪れた記憶がある。今回はチキンライスのみならず鶏の唐揚げも注文してみるD1000682 D1000678 。チキンライスはマンチェスター時代、フラットメイトの1人(マレーシアン)が時折作ってくれた懐かしの味。いざ食べてみると、うーん、チキンライスももちろん美味しいのだが、この鶏の唐揚げが想像以上に美味しい。J姉も感激の1品だった。

 このように旅行に出ると、つい食べ過ぎてしまうのは難点だが、その土地ならではの食を楽しめるのはやはり旅の醍醐味。どうしてもやめられないのだ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

Connexion by Boeing

を使って、今、SQの機内からこのブログをアップしてます。いやぁテレビ番組を見られたりととっても便利なのに、このサービス、近々終了してしまうとか。。。確かにちょっと接続料金が高いかもしれないけど、それなりに需要はあると思うんだけどなぁ。。。何とか他社が引き継いでくれれば良いのにと思うけど、そうもいかないのだろうね。というわけで後2時間でシンガポールです。やっぱSQのビジネスは最高!日本の航空会社も是非とも見習って欲しいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初体験!

 6月2日に成田国際空港第1ターミナルの南ウィングの使用が再開さて、それを機にNZを除くスターアライアンス組の航空会社が全て南ウィングに集結したD1000677 。実際並んでいる機材をみてなかなか圧倒されるものがある。また、それにともない、ラウンジも新しくなり、今日、第4サテライトのANAラウンジの初体験となった。

 第4サテライトに行くまで、通称「Nakamise」と呼ばれる様々な免税店を通り抜けていくこととなるD1000676 。多少期待していたのだが、うーん、ちょっと中途半端かな。。。やはりチャンギには遠く及ばない。

 そしてテクテクと歩くこと10分(第4サテライトがこれまた遠い!羽田の第2もそうだが何故こんなに歩く施設ばかりなのか、、、)、ようやくANAラウンジへとたどり着いた。実際に中に入ってみると、ガラガラ!まぁ時間帯がほとんどの★組のフライトが終了しているということもあるだろうが、それにしても広いだけになんとも違和感がある。。。期待のヌードルバーを試してみようと思ったが、今日は「そば」の日らしくそばアレルギーの私は断念。。。D1000675 どうせヌードルバーを作るなら、1種類だけではなく複数のメニューを持たせるべきと思うのは自分だけ?!

 それでも無線LANは使えるし酒バーでなかなか旨い酒も飲むことが出来るし、今後お世話になることだろう。

 今回のフライトはオールSQのビジネスなので、移動も快適にこなせそうだ。ということでまずは最初の目的地であるシンガポールに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

三島でイタリアン!

 昨日の日曜日、早起きしてJ姉と新幹線で三島に行ってきた。目的は「Vangi彫刻庭園美術館美術館」で行われている特別展を見に行くことにあったのだが、もう1つ、美術館内のイタリアンレストラン「マンジャ ペッシェ」(Villa di Mangia Pesce) を訪れることも我々の大切な目的!

 “マンジャ ぺッシェ”とは、イタリア語で「お魚を食べてください」の意味。その名のとおり、魚介類を中心とした料理を存分に楽しませてくれるお店。加えてこのお店、実は広尾の「アクアパッツァ」などで知られるイタリアンの第一人者日高良実シェフ、黒羽徹シェフによる駿河湾でとれた魚介類をはじめ、新鮮な地元の素材を活かした料理を楽しめるお店でもあるのだ。というわけで期待は自然と膨らんでいた。

 今回J姉はすでにとあるコースメニューを電話で予約しておいてくれていた。そのメニューとは、ヴァンジ彫刻庭園美術館での展覧会「空にふれるまでのあいだ」の関連企画として黒羽徹シェフとアーティスト廣瀬智央のコラボレーションによるデザートを含め全7皿にわたるオリジナルコースメニュー。それらの全てをここで紹介するのは大変なので、特に印象に残った3品をご紹介したい。

 まずは「美味しい三島野菜のバーニャカウダ」D1000672 。バーニャカウダとは、「あたたかいお風呂」の意味。地元でとれた季節の野菜をアンチョビ、ニンニク、オリーブオイルのソースでいただくもの。野菜はシェフ自ら、毎日近くの契約農家へ行き、畑から採ってきているらしい。野菜本来のほろ苦さを堪能できる1品。大地のパワーを丸ごと吸収出来た気分になる。

 次は旬の魚の美味しさをまるごと味わえるアクアパッツァD1000668 。アクアパッツァとはアサリと自家製ドライトマト、オリーブ、ケッパーとともにシンプルに調理したこの店の人気メニューのようだ。ちなみに昨日は黒ムツだったのだが1匹まるまるを調理し、その場で二人にサーブしてくれるなど演出も細やか。かつ超美味!!!実はこれがメインの1皿で、お肉料理も選べたのだが、「マンジャ ぺッシェ」の名に恥じない素晴らしい味付けで魚料理を選んで大正解!是非とも皆にも試して頂きたい1品。

 最後にご紹介するのが、デザートの「豆とフルーツのマチエドニア」D1000667 。マチエドニアとはイタリア版のフルーツポンチのようなもの。マンジャペッシェに展示されている作品《ビーンズ・コスモス》を黒羽シェフが料理で表現した爽やかなデザートだ。イチジク、巨峰、白桃など様々なフルーツがアイスクリーム、ゼリーとともに涼しげなガラスのプレートに盛られており、目で見ているだけでも楽しい1品。

 この他にも伊勢エビ(1人半身!)、イカ、タコを使ったお料理、サンマとミョウガのパスタなど、どれもが納得のできるお味だった。これはこのレストランを訪れるためだけに三島に行く価値はあるかもしれない。ちなみに店内に飾られているヴァンジの美しい版画やデッサンもお見逃しなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

プリン2品

 偶然にも今日親戚から九州のプリン菓子を2種類頂いた。1つは熊本・黒川温泉「パティスリー麓」の「地蔵ぷりん」、そしてもう1つが大分・湯布院の「菊屋」の「ぷりんどら」D1000666 。ということでさっそく頂くことに!

 まず「地蔵ぷりん」から頂いてみた。蘇陽で採れた新鮮卵「蘇陽の月」と風味豊かな「阿蘇ジャージーミルク」をふんだんに使ったプリンらしく、カラメルが別になっていてそれをかけて食べるプリンで、まずかけずに食べてみたのだが、うーん、なんだか最近「ふらの牛乳プリン」のように濃厚なプリンを食べ続けているためか、味が薄いかも?!さっぱりしているとも言えるのだが、カラメルをかけて食べてみてもその印象は拭えず、個人的にはちょっと期待はずれ。カラメルはほろ苦さがあって美味しいのだが、そのカラメルにプリンがついていっていない感じがする。

 次に頂いた「ぷりんどら」。ドラえもんもびっくりのどら焼きなのだが、写真のように餡ではなくプリンがはさまっているのだD1000665。これがなかなかのお味!どら焼きの皮は少々パサパサしている感じもするが、特製のカスタードクリームに、ほろ苦いキャラメルソース付プリンは絶妙!これは楽天でお取り寄せできるようなので興味のある方はお試しあれ!

 ということで明日から来月19日まで再び札幌を離れます。約1年ぶりにイギリスに帰ることが出来るので、仕事絡みとは言えイギリスの晩夏を満喫してこようと思ってます。ブログの更新も頻繁には出来なくなりますが、皆様、残暑厳しき折身体に気をつけて!日ハムよ、是非とも札幌ドームでプレーオフが見られるよう頑張ってくれ~&駒苫の田中、是非とも日ハムへ!ヒルマン、クジ頼んだぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月22日 (火)

Mandara Spa

 家族でタイ旅行に行っていたため、ここ数日更新できずにいたこのブログ、今日からまた再開です。

 いつもの一人旅とは異なり、家族と一緒なため、日程はかなりゆったり。今回特に両親の健康を考え丸々1日ホテルから一切出ず、プールで泳いだりスパでマッサージを受けたりする日を設けていた。というわけで、今回我々が訪れたスパが「Mandara Spa」。発生の地はアジアンエステブームの火付け役、インドネシアはバリ島。現在はバリ島のみならず、シンガポール、マレーシア、モルディブ、そしてタイなどのアジア諸国や世界各地に総数62のチェーンを構えているという。日本にも数年前ロイヤルパークホテル汐留内にオープンした。ここバンコク市内には有名ホテル3箇所内に支店を構えている。ホテル内にあるスパの良さの一つに、宿泊客として時間に余裕を持って出かけられる良さがあるImg_1505

 「サワディーカー」、タイ民族衣装風のタイトなユニフォームに身を包んだ女性の笑顔が我々を迎えてくれた。ドアを開けるとすぐにタイハーブの良い香りが漂ってくる。その香りに包まれながら予約の確認、本日のメニューの内容の説明等を聞く。ほどなくしてレモングラスのハーブティーとおしぼりもサーブされるImg_1506 。うーん、このほのかに甘いお茶が何ともいえない。だが父はどうやらこの手のお茶は苦手なようだ(汗)。そして気分もリラックスしてきた頃に部屋に案内される。

 今回、両親には私と妹から「Ultimate Indulgence」という5.5時間のスパパッケージをプレゼントしていた。これにはスチーム、アロマテラピー、フローラルバス、好きなスクラブあるいはラップ、アロマテラピーマッサージ、スパ料理(ランチ)、アロマティックフェイシャル、マニキュアまたはペディキュア、リフレッシュドリンクのサービスをスパスイートルームで受けられるというもの。さすがにこれを受けた後の両親は大変満足気であったことは言うまでもない。

 私はというと今回は「Indian Head Massage」と「Oriental Foot Massage」をそれぞれ1時間ずつやってもらった。通された部屋は1人で使っていいのかと思う広いスペースにマッサージ用のベッドが2つ、フットバス用のいすも2つImg_1503 。更衣室にて、バスローブを着てお部屋に。まずフローラルフットバスにて足を洗ってくれ、頭のマッサージからやってもらったのだが、これはアーユルヴェディック式で温かいオイルを頭に少しずつ垂らしていきながらマッサージしていくものでもう至福の一時!身体を動かさねばならないとき以外、ほとんど寝てしまっていたくらい心地がよい。うつぶせになったときには首から肩にかけてもマッサージしてくれるので上半身のコリは一気に飛び去った感じがするくらい身体が軽くなった。一度皆にも試してもらいたいと思う。その後シャワーを浴びてオイルを落とした後に足裏マッサージ開始。足裏は正直、烏来のほうが効果があるかも、とも思えたのだが、痛気持ちよいくらいの刺激でこれまた思わずウトウト。。。

 ということで、タイのマンダラ・スパはなかなかお奨めですよ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月16日 (水)

Guts!デー

 さて、採点も終わり駒苫も勝利し、爽快な気分で父妹とともに札幌ドームに向かった。今日はGuts!デーということで札幌ドームはなかなかの盛況ぶり。今日はビールが半額の300円ということでまずは3人で乾杯した後にしたことといえば、イルカ風船を膨らませること!いざ膨らませてみると、ドームの狭い座席ではちょっと窮屈(汗)。試合終了までイルカを抱っこして応援することとなった。。。

 ともかくこれが内野自由席から見た外野席Img_1425 。イルカグッズは札幌ではここまで普及しています。今日の観戦中、多くの人にイルカはどこで購入できるのか、と聞かれたので今後益々増えていくことだろう。残念ながら、今日の試合では小笠原のヒットは見られなかったが、その分、森本の逆転3ランが飛び出し、終わってみればなかなか面白い試合だった。また、代走に出た川島も見事な走塁で結果を出してくれたことも嬉しいことの1つ。ただ、西武のリーファーに2打席連続で初球をHRされたのは頂けない。橋本のコントロールミスなのか信二のミスリードなのかはわからないが、あんな配球、アマチュアでもしないのではないかね。。。猛省を促したい。

 ということで、明日から1ヶ月以上札幌を離れてしまうので、再び日ハムの応援に行けるのはすでにプレーオフ進出が決まってしまった後かもしれないが、海外より日ハムの健闘を祈っていよう。是非とも優勝してプレーオフに臨んでもらいたいものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

底力

 今朝まで学生の採点、成績表付けに追われていて、そのまま起きて第1試合の駒苫の試合を見ようとも思ったのだが、作業が終わりホッとしたのか連日の疲れがドッと出て寝てしまった。そしてハッと起きたのがお昼過ぎ。急いでネットで調べてみると、9回裏にサヨナラで駒苫は何とか勝利、との記事を見つけ一気に眠気も吹っ飛んだ。

 とにかく勝ったとわかってから様々なスポーツ紙のサイトを見ていく。なるほど、香田監督の意志が選手にも伝わったのだろう。集中力・底力を見せた見事な一致団結による勝利と言えるのではないか。去年も大逆転を経てチームが更に一回り大きくなっていったので、今年もこの試合を機に、一皮むけ強さを増してくるのではないかと思う。

 やはりスポーツは守りに入ると脆さが出てくるのが選手もよくわかったのではないか。常に挑戦者のつもりで攻めの意識で今後も戦い抜いて欲しいと思う。

 ということで、これから日ハムの応援に札幌ドームに行ってきます。駒苫に負けじと今日の西武戦も勝って欲しいなぁ。加えて今日はビールが半額!楽しい夜になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっと終わった。。。

 いやはや、やっと今テスト・レポートの採点が終わり、出欠表及び成績表を付け終え大学に送付出来る準備が整い、前期の仕事を終了することができた(汗)。といっても明日から海外へ高跳びなので何としてでも今日までに終わらさねばならなかったのだが、いやぁ思いの外時間がかかったなぁ。。。でも自分の判断1つで留年が決まってしまう学生もいるわけで、ホイホイと採点することなど出来なくどうしても慎重に進めていくほかなかったのだ。

 ということでやっと部屋の片付けにもとりかかれる!なにせ前期の間、講義のための資料は部屋中に散らばっていて、テスト・レポートの答案も山積み状態で、足の踏み場もないほど(涙)。まぁ今片付けても後期が始まると似たような状態になってしまうのだが、夏期休暇くらいは綺麗な部屋でゆったりと過ごしたいので(といってもほとんど札幌にはいないので両手で数える位しか過ごせないのだが)、今日はこれから仮眠を取った後に部屋の片付け&荷造りをして、夜は日ハムの応援を楽しんできたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

イルカ購入!

 といっても、もちろんホンモノのイルカではなく、先日のブログで書いたビニール風船のイルカのこと!最近、札幌ドーム内で100均で購入出来るというイルカのビニール風船を振り回して日ハムの小笠原選手を応援する人がかなーり目立つようになってきたことから(何故小笠原選手でイルカなのか、というとそれは彼の応援歌の出だしが「♪小笠原村には海がある~♪小笠原村には《イルカ》がいる~♪」というものだからです)、自分も何とかゲットしたいと思っていたのだが、近場の100均では売り切れでなかなか入手出来ずにいたのだ。しかし、今日いくつか電話をしてみて、とうとう、札幌中心部のコスモに入っている「Seriaコスモ店」に在庫があることを確認(まだ相当な数がありましたから入手されたい方はお急ぎを!)、そして先程購入してきました!店内の天井にはこのイルカが吊されていて、ポップには「海にプールに、そして日ハムファイターズの応援に」と書かれており、日ハムファンには相当売れている模様D1000661 。こんなに売れているなら球団グッズとして売れば良いのにと思いつつも、そうなると105円で入手は出来なくなるのだろうなぁ。。。ともかく明日の西武戦はプレーオフに何位で出場できるのかを決める大切な1戦。このイルカを活用してしっかりと応援してきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

無敗の札幌ドーム超満員計画!

 今日も札幌ドームに日ハムの応援に行ってきた。今日は昨日のブログにも書いたように「ファイターズ超満員大作戦第3弾43,000プロジェクト」の日。指定席もいつもの半額以下ということもあって、S、A席は早々に売り切れていて私もアッパーシート指定席しか購入できなかった(涙)。

 ともあれ連勝を祈ってドームに辿り着き、弁当やビール等を買い込み席に座る。さすがはアッパーシートというだけあって眺めはよい(苦笑)。今日の選手の入場はラリーカーに乗っての入場と言うことでこれまた盛り上がるImg_1404 。しかし今日のロッテのピッチャーは渡辺俊介だったため新庄はレギュラーからはずれており場内は少々残念な雰囲気が漂う。

 いざ試合が始まってみても、日ハムのルーキー木下が札幌ドーム初登場ということもあって緊張していたのだろうか、ピリッとしない。3回に2点を取られたところでピッチャー交代となってしまった。個人的にはあそこで変えるくらいなら今日の先発を最初から押本にしておけば良かったのではないかとも思うのだが、結果として今日の試合は勝ったのでそれ以上は言うまい。ただ新人を大切に育てて欲しいと思う。第2の須永を産んでは欲しくないなぁ。。。須永よ、1軍での1勝を信じているので諦めずに頑張ってくれ~。。。

 しかーし、その後高橋信二の3塁打から打者一巡の猛攻で一気に6点!その後ロッテにも加点されるも、日ハムも金子、小笠原のホームランも出て、8回のロッテ無死満塁においてもマイケルが冷静に投げ、結果8-5で勝利。ロッテに2連勝となった。

 今日のこの超満員プロジェクト、43,473人の観客が集まったらしい。加えて、今日を入れて今までの3回、全て勝利を収めているとのこと。これからプレーオフ進出をかけた大切な戦いが続くのだから、毎試合超満員にするくらいの気持ちで応援する側も臨むことが必要となってくるであろう。ちなみに配付された満員御礼カードがこれImg060 Img061 。個人的には第2弾の時の方がクールに感じた。

 そしてヒーローインタビューはもちろん小笠原Img_1415!しきりに今日の勝利は札幌ドームに集まったファンのおかげ、と話していて、やはり集った我々も嬉しくなる。昨日はノーヒットだったが、今日は5回裏の2塁打も含め大活躍!15日の西武戦はGuts!デー(小笠原村観光親善大使) で小笠原選手のプレゼントとしてなんと札幌ドーム内のビールが半額の300円!うーん、太っ腹。ということでタイに旅立つ前夜ではあるが、ビールを呑みに、いやいや応援をしに札幌ドームに再び行こうと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

久々の札幌ドーム

 なんだかんだと仕事が忙しく、交流戦以来札幌ドームに日ハムの応援に行けずにいた。気づけばすでに8月、来週から9月下旬まで、すなわち、ペナントレースの一番面白い時期に日本を離れてしまう自分にとって、今応援に行かずしていつ行くのだ。。。ということで本日、対ロッテ戦のデーゲームの応援に行ってきた。勝ち試合を落としてソフトバンクに連敗、気づけばロッテが後ろからジワジワと迫ってきていて、まさに今日は負けられない試合だった。という危機感がファンの中にもあったのか今日のドームはなかなかの観客数D1000660

 今日は、堺から仕事で半年ほど札幌滞在となったHさんと一緒に観戦した。今日のピッチャーはダルビッシュ、ヒーローインタビューで彼自身も語っていたようにボール先行でファーボールも多く、あまり良いピッチングとは言えなかったが、31,000人以上の観客の声援もあってか、7回を2安打1失点に抑えるまずまずの出来。変わらず打撃好調の田中賢介の活躍もあり、結果5-1で勝利をおさめた。明日はファイターズ超満員大作戦第3弾で既に指定席券を購入済み!久々に連チャンでの応援となる上に、先発がルーキーの木下ということで彼のピッチングを生で見るのことも楽しみの1つだ。

 ところで、小笠原の応援の時にイルカを振って応援している姿が今日目についた。グッズとして売っているのかとおもいきや、売っていないとのこと。どうやら100均に売っているとのことなのですが、どの100均にも売っているものなのかな?札幌在住の方で市内中心部、またドーム近くでここの100均にはあったよ、というアドバイスを頂けると嬉しいです。明日も精一杯応援してきまーす!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

最近お気に入りのB級グルメ!

 ここ連日札幌も真夏日が続いている。最近訪れた東京や松山に比べると湿度が低い分まだマシだと思うのだが、それでもやはり暑いなぁ、と思う今日この頃。暑いときには熱いものを、とランチに鍋焼きうどんなどを食べたりもするのだが、やはり冷たいものも欲しくなる。そんなときにふと自宅の目の前にあるセブンイレブンに行ってしまうのだが、ここに最近お気に入りの2品があるのでご紹介しよう。ちなみにどれもセブンイレブン・オリジナルらしいので他のコンビニでは見つかりません。

 まずは「とうもろこしの冷たいポタージュ」D1000658 。この他にトマトやポテトもあるのだが、ポテトが一番人気らしくいつ行っても売り切れな為まだ試したことがないのだ。こう暑い日が続くとどうも食欲も落ちてくる。そんな時にこうした冷たいスープが最適!喉越しも良いし栄養価も高く胃に優しい優れもの。ここ数日まだまだ暑い日が続くようなのでこのスープの出番は多そうだ。

 次にご紹介するのが「ダージリングリーンティー」なるものD1000657 !実はこれネスレから出ている数量限定販売品なのだが、ネスレのサイトには一切この商品が紹介されていないという摩訶不思議なものなのだ。試験販売なのかなぁ。。。ともかく一度飲んだらクセになる味!元々紅茶も日本茶も、茶葉の製法が違うだけで同じ木な訳だから理屈としてもわからなくはない。味はというと始めは緑茶の味なのだが、後から紅茶の香りが鼻を抜けていくとでも言えば良いのか、ともかくこれもさっぱりとした後味で心地よい。思わず箱買いしてしまった程今夢中の一品。限定販売から通常販売に切り替わって欲しいと切に願うドリンクだ。

 セブンイレブンをみかけたら是非お試しあれ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

新たなメンバーをむかえて

 札幌を離れ東京の大学に行ってから、札幌に戻ってくる毎に妹とランチをしに行くのが恒例となっていた。ランチを楽しむことはもちろんであるが、札幌にいない間のことをお互いにゆっくり話したりすることが目的でもあった。これはイギリス在住中も、そして札幌に戻ってきた今も数ヶ月に1度位の割合で続いている。ということで今日、妹と、そして妹の旦那Hを新に加えて3人でホテルオークラの桃花林に行ってきた。

 札幌はここ1週間ほど真夏日が続いており、昨日の松山に比べれば随分と涼しく感じられるも気温が32度とやはり暑い!ということで、いつもの海鮮おこげ(いつ食べても本当に旨い!)や芝エビのチリソース、妹の好きな鶏とカシューナッツの炒め物、Hの好きな酢豚、スープや点心などのオーダーの他に頼んだものがこの「桃花林特製坦々冷麺」D1000656 !ゴマだれがピリリと辛く、夏の暑さを吹き飛ばしてくれるかのような味。ずわい蟹や海老、ホタテなどトッピングも冷麺にしてはなかなか豪華。8月限定のようなので是非足を運んで試して頂きたい一品。

 今回は義弟も含めての初めてのランチではあったが、会話もはずみなかなか楽しいものだった。今後も定期的に続けていければと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

五色素麺を食べるはずが、、、

 昨日、阪神戦の応援で松山駅から全日空ホテルまでタクシーで帰るとき、タクシーが混んでいたのでちょうど前の人が同じ方面だったことから相乗りすることにした。その際、松山名物として五色素麺を教えられ、そのお店がホテルから歩いて5分程度のところにある、とのことだったので今日のランチとして頂くことにしていた。ホテルを11時にチェックアウトし荷物をドアマンに預け、隣の三越でお土産等を買い込んでから、いざ五色素麺の「五志喜(ごしき)」へD1000654

 中に入って出された冷たい麦茶を一口飲んでから、落ち着いてメニューを見てみるとびっくり仰天。な、なんと、五色素麺には「そば」がふくまれているではないか!!!五色は現在では普通の白の素麺、そして黄色の素麺(卵黄)、緑の素麺(抹茶)、赤の素麺(梅肉)、そして茶の素麺(これがそば!)で五色素麺となっているのを全然知らなかったのだ。。。予め調べてこなかったことを後悔するもすでに時遅し。ともあれ、そばアレルギーの私は五色素麺を食べられない!うーん、一気に何を食べて良いのか迷ってしまったが、店員に聞くと鯛茶なるものも評判が良いとのことだった。これにも五色素麺がついているが普通の素麺を普段素麺を茹でている湯とは別に茹でて下さるとのこと、というわけで鯛茶を頂くことにした。

 待つこと10分、これが鯛茶であるD1000653 。松山(愛媛?!)名物の揚げたてのじゃこ天も入っていてお得感がある。食べ方としては名古屋名物ひつまぶしの最後の出汁で頂く方法に似ている。鯛をゴマ醤油にひたしてからご飯のうえにのせ、それからお好みで三つ葉、のり、わさびなどをのせ出汁をかけて頂くというものだった。早速試してみたのが右の写真D1000652。鯛の刺身に暖かい出汁をかけた際の、鯛の身の乳白色への変化が美しい。確かに店員が薦めるだけのことはある、さっぱりしていてとても美味しい!遅めの朝だったにもかかわらず、一気に食べあげてしまった。入った時間が11時半頃だったのでまだ誰も店にはいなかったのだが、それから瞬く間に店内は満員で待ち人で列が出来ていたところをみると、観光客のみ成らず地元民にも愛されている店であることがよくわかった。地元民が愛している店ではずれは少ない。この店もその典型のようだ。松山へ行った際には是非とも訪れてみて頂きたいお店だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

阪神@坊ちゃんスタジアム

 今年2度目の松山入り、前回は観光がメインであったが、今回のメインは坊ちゃんスタジアムでのナイターの阪神戦にある!というわけで、松山空港からリムジンバスで今日の宿である松山全日空ホテルに向かった。ホテル内に入ってみて驚いたのが、なんと、この全日空ホテルが広島選手団の宿になっていたこと(汗)。エントランスなどには色紙などを持った広島ファンがかけつけていてさらにびっくり。私はというと、すでに阪神のトラッキー帽子に法被を着込んでいてまるで喧嘩を売りにきたような感じ。。。ともかくさっさとチェックインをして荷物を置き、隣の三越の地下で縁起を担いで「カツ丼」を購入してから、JRで松山駅から1駅の市坪駅に向かった。坊ちゃんスタジアムは市坪駅のちょうど真正面に位置していたD1000641

 それにしても今日の松山は暑かった。最高気温も35度前後と札幌とは比較にならないくらい蒸し暑い。残念ながら座席指定が売り切れで2階席の内野自由のチケットだったため早めにいって席を確保する必要があったのだ。1塁側内野自由席に陣取ってみると、実際には日陰の部分となりそんなに暑さも感じないのだが、思わず売りに来たかき氷を買ってしまったD1000640

 JR松山駅からたった1駅離れただけなのに、よくよく球場の周りを見渡してみると左の写真のように、結構街外れの感じがする風景が広がっているのに少々驚いたD1000638 。外野席を見渡してみると、四国全県のみならず広島などの猛虎会も応援にかけつけているようだった。もっと阪神ファンでスタジアムが埋め尽くされるのかとおもいきや、意外にレフトスタンドに広島ファンが陣取っていたのにもびっくり。

というわけで午後6時に試合開始。昨日の不安は的中で、能見の出来はイマイチ。自らファーボールを連続して出し失点、というまるで去年の日ハムのピッチャーのよう。。。それでも昨日から打線が復活傾向にあるため、すぐさまに逆転し、追加点まで取ってくれるのだが、その後またもや緊張感を持てずに懲りずに同じような形で失点。。。次に出てきた桟原も同様。ピッチャー陣には猛省を促したい。それにしても今日の試合は金本様々だった。なんといっても圧巻は7回裏に痛めた膝をものともせずに、8回裏に放った満塁ホームラン!さすがは我らが兄貴なのだが、このホームランには涙涙で周りの観客と喜びを分かち合ったD1000636 。ともかく結果だけ見ると9-4と圧勝なのだが、優勝を狙うにはまだもの足りなさを感じた。

 何度歌っても勝利の後の六甲おろしは良い。またもや声が嗄れるまで応援し続けたのだが、この気怠さもなんだか心地よい。適度にアルコールも入っていることだし今晩はよく眠れることだろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんとか。。。

 な、なんとか寝坊せずにセントレア行きの飛行機に乗ることが出来、今松山行きの飛行機をラウンジで待っているところだ(汗)。名古屋の外は暑そうだが、このラウンジは寒すぎる。。。松山も34度まで気温が上がるらしく、外での阪神応援もなかなか厳しそうだ。

 それにしても昨日の高校部活の同窓会は楽しかった。歴代の顧問の先生方にもお会いでき、上は4期の先輩方から下は58期の後輩達までそろって大変賑やかな会であった。もちろんその場で会を終えるはずもなく、自分たちの代の顧問の先生(以下Y先生)と後輩達とで2次会!なにやらY先生はすでに同窓会の前に1つ会に出席していたらしく、すでに相当酔っていらっしゃったのだが、それでも11時半まで付き合って下さった。その後我々は後輩Nの行きつけのバーに繰り出し、3次会へ突入。ここでもマスターの陽気な会話に乗せられ、ウィスキーを少々頂く。うぅ、しかし翌朝を考えるとなかなか集中して呑めないのが痛いところ(涙)。というわけで、名残惜しかったが自分は深夜1時半にタクシーにて帰宅。何とか2時前には自宅にたどり着き、阪神グッズなどをパッキングし、採点を少しだけして再放送の阪神戦をCATVで少し見て寝た次第。

 阪神打線に少し復活の兆しが見えた昨日の試合、今日は久々に能見が先発のようなのでしっかりと投げて広島に完勝してもらいたいものだ。それにしても気がかりなのは日ハムの稲葉の負傷。。。稲葉がこのプレーオフ決定前に欠けるのは大変に痛いものがあるので軽傷であることを祈るのみだ。

 というわけで、久々のプロペラ機を楽しんできまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

夏の風物詩・大通ビアガーデン!

 札幌で夏の大通と言って思い浮かべるのは盆踊り等もあるが、やはりビアガーデン(正式には「大通納涼ガーデン」)でしょう!今年は珍しくビアガーデンが開催されてから1度も雨が降っていないこともあって大盛況だとか。その分、仮設トイレが少なすぎるなどの苦情も出ていると今朝の新聞に出ていたくらいだ。ともかく大通西5~8・10丁目がビアガーデンになっているのだからなかなか圧巻。5丁目/サントリー、6丁目/アサヒビール、7丁目/キリンビール、8丁目/サッポロビール、そして10丁目/世界のビールと区分されているのだが、もちろん目指すは我らがサッポロビールの西8丁目!

 今日はそれぞれ仕事帰りの両親と妹夫妻と現地に18:30に待ち合わせて呑みを開始することになっていた。しかーし、予想はしていたがすでにこの時間では、人・人・人D1000634 。。。芝生に座り込んで呑んでいるグループもあるくらいで、席を見つけられないかな、と10分ほど広い会場内を探し回ってみると、横1列に5席空いている場所を見つけ、まぁ呑みにくいがこの席で妥協し何とか席を得る。その後母が来たのでビールやつまみの食券を買ってきて、先に始めることにするD1000631 。毎年そうなのだが、サッポロビールの中ジョッキは他の大ジョッキのごとく大きい!家ではあまりビールを飲まないのだが、やはりこうした雰囲気にのせられるのか、グイグイ呑めてしまうのが恐ろしい。。。そのうちに父も到着して再度乾杯。取った座席が特設ステージの正面ということもあり、札幌出身のゴスペル歌手(名前を忘れた)の“Oh Happy Day”などを聴きながら談笑D1000632 D1000633 。東京とかと違って、札幌はこの時間帯になってくると日中30度ちかくあったとしても風が冷たくなってきて肌寒くなってきてしまうのでそうそう長居は出来ないのだが、それでも十分に楽しむことができた。もちろん、この後全員で他の場所に流れ飲み続けたことは言うまでもない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

季節の味

 今日は追試を実施後、札幌から帯広へと異動になる友人S夫妻と会ってお好み焼きを食べ過ぎ、その後美味しいお茶やデザートを食べたいねということになり、行きつけの紅茶専門店「オレンジ・ペコ」に向かった。

 今日の札幌は蒸し暑いため、お店でメニューをみるまでもなくいつものグレープフルーツアイスティーを注文すると、今の季節のお奨め「プラムのアイスティー」はどうか、と奨められプラム好きの自分としては迷うことなく注文してみたD1000630 。うーん、これを頼んで大正解!プラムの時期がお盆頃までということで、この紅茶の提供もその頃まで。現在のプラムでは甘みがあって先月中旬位だとプラム独特のすっぱみを十分に味わえたらしいのだが、それでもなかなか他では味わえないこの旨み。マスターがプラムティーのポットを見せてくれて蓋をとって香りを嗅がせてくれたのだが、うーん、良い香り。お盆頃まで通い詰めてしまいそうな癖になる味だ。この紅茶を毎年心待ちにしている常連客がいるのも頷ける。ちなみに右奥に見える紅茶はSが頼んだオレンジアイスティー、左奥はS婦人が頼んだシナモンアイスティー。

 札幌在住の方は是非とも1度足を運んでこの味を試してもらいたいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

食欲の夏・芸術の夏

 今日はアメリカから来ているフランシスやさどりょう達と原美術館に行ってきた。現在の特別展は「ヨロヨロン 束芋」なるもので、これまた大変シュールな作品が多く展示されている。それもそのはず束芋氏は殺人や少年犯罪、あるいは社会的停滞など現代日本の暗い側面を、マスメディアが一方的に流し続け受け身的に受け取る情報とは違った、束芋氏の視点を経て増幅させた形で我々が主体的に考えるよう問いかけている、そんな作品。普段の原美術館とは一風異なった異世界を楽しめることと思うので、是非1度期間中に訪れてみてはいかがだろうか。

 ところで、我々は作品を鑑賞する前に、ちょうどランチ時間でもあったことから、美術館内の「カフェ・ダール」にてランチをした。3人で色々とマネージャーさんをメニューに関して質問攻め?!にした結果、今日は前菜とパスタ料理からなるランチBを頂くこととする。今日の前菜はナスとリコッタチーズD1000629 。夏らしくサッパリした前菜でなかなかのお味。そしてパスタは手長海老のトマトソースD1000628 。これは鷹の爪がきいててピリッとした味わいでこれまた夏らしい一品。手長海老のみならず数種類の魚介が使われていてなんとも贅沢なパスタに仕上がっている。量も適量でランチとしては良いのではないか。

 この後私は羽田から札幌に戻ってきたのだが、ケンブリッジ在住のイギリス人の友人から以下のサイトが送られてきた。いわゆる、「sand art」なるものの映像なのだが、これがまたすごい技術、というか感性!手と砂から次から次へと様々な画を描き出すのだ。それも一瞬の作品、後世に決して残ることはないのだが、だからこそ素晴らしいのかもしれない。是非とも時間のあるときにでも見てもらいたい映像だ。きっと驚愕することだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

久々のお店~ながい~

 先日数年ぶりに高校の後輩Hと四谷であった。たまたま同窓会の件で久々にメールしたところ、お互いが同じ日に仕事で東京にいることがわかり再会が実現したのだ。うーん、これもやはり何かの縁なのだろう。。。ということでHは新宿のホテルに滞在しているということなので、私の仕事場の四谷まで出てきてもらい、久々に向かった先は、しんみち通りにあるパスタ専門店の「ながい」。このながいは、自分が学部生、院生時代にランチ時に通い詰めたお店の1つ。少なくとも週2回は行っていたはず!それだけ通っても飽きのこない味を出すお店がこの「ながい」なのだ。

 というわけで私はいつものごとくメニューにはないパスタ、「あさり・しめじ・納豆」のガーリック風味を注文。どういうわけだか「あさり・しめじ」「あさり・納豆」のメニューはあるのだが、それら3つの組み合わせたものがメニューにはないのだD1000627 。それで、今からかれこれ十年程前、ながいがオープンした際に「あさり・しめじ・納豆」を作って頂けるかをお願いしたところ、快く引き受けて下さり、それ以来はほとんどこのメニューを頼んでいるのだ。これが本当に絶品、あさりの味をうまくいかしているのだ。海苔の香りがほのかに漂い食欲を誘い、大抵大盛りを頼んでしまう自分がいる(汗)。ということで今回も大変美味しく頂いた次第。もちろん後輩Hも気に入ってくれた様子。皆も四谷界隈に来た際には是非訪れてみてはいかがだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »