« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

高飛び決定!少々日程が。。。

 さてさて、懸案だった夏期休暇の高飛び計画が、やっと先ほど決定!高校・大学の今は亡き後輩の妹君の結婚式に9月の中旬お呼ばれしてしまったため、当初予定していた3分の1の日程となってはしまったが、8月29日から9月14日の日程で久々の欧州&シンガポールを楽しんできます。

 高飛びの際、やはり楽しみなのが、どの経路で行くか、どの航空会社で行くのか、ということ!今回はANAで貯めたマイレージを活用して飛ぼうということで、航空会社はスターアライアンス系やマレーシア航空などに限られてしまう。K姉やY姉、友人Yに会いがてらアメリカのNY経由にしようかとも考えたのだが、ちょうどJ姉もさどりょうのところに8月末に行く、とのことだったので、私もいつもとおなじくシンガポール経由でイギリスに渡ることにした。ということで航空会社も必然的にシンガポール航空(以下SQ)ということに。。。加えて今回は全路線ビジネスクラスで飛ぶことにしてみた!うーん、SQのビジネスクラスって本当にシートも快適で個人モニターの画面も大きく映画も楽しめるので大好きなCクラスの1つ。加えてブック・ザ・クックでメインディッシュも予め指定しておくことが出来る点も魅力なのだ。

 ということですでに気分は8月中旬の家族でのタイ旅行とこの高飛び計画で一杯!まだテストの採点もほとんど終わっていないし、追試はあるは、レポートは読まねばならぬは、依頼論文は書かなければならないはで現実は厳しいが、これらの楽しみが待っているのだから頑張ろうという気にもなれるもの。もちろんイギリスでも調査がメインの1つなので、しっかりとここ1年の教育界の変化を読み取ってこなければとも思っている。

 ともかく明日から8月、楽しい夏になりそうなことだけは間違いなさそうだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

Tokyo American Club

  今日はH婆達とのお食事会に呼ばれTokyo American Clubに行ってきた。Tokyo American Clubとは1928年に設立された伝統ある会員制クラブで現在52カ 国、 約5000名のメンバーが所属している。今日はここの地下にあるThe American Roomでディナーを取ることになっていた。The American Roomはビジネスランチやディナー、クライアントの接待などに最適のお店。週末はサンデーブランチがお勧めで子連れでもOKなので今日のように子どもが含まれていてかつ良い雰囲気の中で美味しいお食事をしたい時には適してお店なのだD1000626 。特にこのサンデーブランチはLaurent-Perrier Champagneが飲み放題なのが嬉しいところ!

 というわけで、シャンパンで乾杯したのち、皆で料理を取りにいく。和洋が中心で少々中華もある。その場で切り分けてくれるローストビーフやラムチョップを始めとした肉料理、サーモンやタラなどの魚料理、そしてパエリアなどよりどりみどり!お刺身も築地直送でとっても新鮮とくれば、ついつい目移りして何を選んで良いか迷ってしまう。というわけで最初の一皿がこれ!D1000624 なんとも統一感のない一皿ではあるが、それはおいておいて、どれも美味しく頂くことができた。ブッフェスタイルはデザートも含めどうしても食べ過ぎてしまうのが難点であるが、一度機会があれば是非皆にも訪れてもらいたい1店である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

YOHJI YAMAMOTO ファミリーセール

 さて採点に追われ徹夜で東京入りした今日、J姉及びN子と高輪のオフィスにタクシーで向かう際に手渡されたのが「YOHJI YAMAMOTO」のファミリーセールの葉書!Y's for menの洋服は滅多に着ないのだが、J姉から行ってみるべき、との強い薦めもあり、オフィスからも近いこともあって途中で1時間ほど抜けだし行ってみることに。と言うわけで向かった先は寺田倉庫のT33D1000620 。すでに白い買い物袋を下げ戦利品を獲て満足気な人たちで周りはあふれていた。ということで倉庫内に入ってみると、人・人・人の嵐。中は強烈にエアコンが効いてはいるものの、熱気と衣服から出る埃が舞うまさに戦場。。。

 でも、せっかく来てみたのだからとレディースのコーナーを何とか抜けてメンズコーナーに辿りつく。ここでもその場で脱ぎだしボクサーパンツ姿で次々に試着する人(思わずパリで行ったアニエス.bのセールを思い出した!女性も平気で服を脱いでその場で試着をするのでとても目のやり場に困ったのだ。。。)やらでごった返し。。。J姉から鏡がない、とは聞いていたのだが、自ら携帯で写真を撮って確認する人がいたりとセール時にかかわらず皆かなりの気合いの入れよう。こんな感じで呆気にとられつつも、ジャケットなら全て10000円、パンツなら全て8000円とワンプライスなので確かにJ姉の言うとおり大変に魅力的なセールではある。ということで手当たり次第見てみることにしたD1000621 。ニットなどはワゴンに無造作に積まれているだけなのだが、スーツなどは右の写真のように壁際にかけられておりまだ見やすい。ということで、パンツを1本欲しかったので、壁際を中心に見てまわることにする。一旦見始めるとやはりかなり熱中していたのか、途中で3本も携帯に電話が入っていたことに全く気づかなかったくらい。。。(苦笑) 一通り見てまわって3本くらい良さ気なパンツがあったので、自分もその場で試着をしてみることに。案外周りが平気で脱いでいると自分も平気なんだなぁ、と妙なところで関心しつつ、その中で1本がとても良い着心地だっため購入決定。定価50000円のパンツが8000円と大満足の買い物。当初の予定よりも時間を費やしたものの結局これだけの買い物ではあったが、良い気分転換が出来た。J姉感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

やっと終わった。。。

 いやはや、先程前期最後のテスト終了!と言ってもまだ来週追試を実施しなければならないのだが、ともかく大きな山場は超えたという感じ。これから600人分の採点もやらねばいけないし、前期の成績付けも待ってはいるけどやはり嬉しい!加えて、昨日、今日のテスト、なかなか学生の皆が頑張ってくれておりそれも嬉しさを増している。たぶん大学で一番難しいテストを実施しているのかもしれない?!と思いつつも、やはり学生のことを考えると多少難しくとも記憶として学んだことが多少なりとも残っていることを願うとそう簡単なテストでは無理なのだ。

 ともかく今日は札幌も暑いことだし、大好きな梅酒&日本酒を呑みまくろう!採点は明日からにして。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

スーパービュー踊り子号&飲み会in下田

 さて徹夜で飛行機に飛び乗った22日、目的地はいつもの東京ではなく伊豆の下田。その前に電車の時間まで2時間ほどあったので、行きつけの鍼に立ち寄りあわせてマッサージもしてもらう。うーん、やはり気持ちが良い。これで電車でぐっすり眠れるなぁ、 思いつつ東京駅前の大丸地下街に移動してランチ用の弁当をみてまわる。なんだか鍼で頭がボーッとしていたためであろうか、見て回るのが面倒となって、たいして食べたいと思った訳でもないのだが入り口近くにあったトゥーランドットの中華弁当に決め一緒に梅酒やら四合瓶の日本酒だかを買い込みいざホームへ。

 今日は13:00東京駅発のスーパービュー踊り子102号D1000582 にて体育会の後輩達が待つ伊豆急下田へ向かうのだ。自分としては伊東より先に行ったことがなかったのでそれなりに楽しみにしていた企画。D1000580車内はというと右の写真のように奇数車は青、偶数車は赤で統一されているらしい。何となく車内からリゾート気分を味わえるように配慮されているらしい。。。

 ともかく東京駅を発つと同時に先程大丸にて買い込んだ弁当と梅酒を頂くことにする。D1000579 脇屋友詞がプロデュースする中国料理「トゥーランドット」のお弁当なので少し期待していたのだがそれほどでもなくちょっと残念。。。これならコンビニ弁当のほうが美味しいかもしれない。というわけで、半分ほど頂いて後は酒だけ呑んで、2時間ほど寝ていこうと思っていたのだが、ふと隣の座席で1人呑んでいるおっちゃんの酒が妙に気になる。向こうは向こうで座席後ろの家族連れが五月蠅くて気になり、酒の話し相手を欲している感じが伝わってきていた。ということで、どちらからともなく話しかけ自分も四合瓶を開け、いざ宴会の始り!つまみはおっちゃんが買ってきていた乾き物やら漬け物やら。いつの間にやら周りの家族連れの五月蠅さは全く気にならなくなり(ってことは自分たちが一番五月蠅かったのかも。。。)、そのおっちゃんの目的地である伊東まで互いの酒瓶が空になるまで酒宴は続いたのであった。

 そんなこんなで車内で全く寝ることが出来なく、また程よい良い加減で気分も良く、伊東を離れた後は車窓を楽しむことにした。D1000601 生憎の曇り空だったため海の向こうを見渡すことは出来なかったが、それでもやはり海に来たんだ、と気分は高まる。そしてもちろん伊豆は温泉でも有名な場所D1000602。伊豆熱川駅の目の前には温泉が噴き出していて、至る所に湯煙が立ちこめていた。次回はここでゆっくりしたいなぁ、という気分にさせられる。

 そんなこんなで2時間45分の電車の旅をあっという間に終え、下田駅には後輩のつちのこが迎えに来てくれていた。その後向かった先は、今回の下田入りの目的の1つである白浜神社を詣でること。D1000607 この神社、伊豆地方最古の神社として知られており1度詣でてみたいと思っていたのだ。拝殿の後ろに海を従えるなんとも雄大な神社。1度是非とも皆にも参拝に訪れて欲しい神社だ。

 その後、後輩達と合流し、一気に飲み会モードへ。ほとんどが初めて会う後輩達ではあったが、酒の力を借りればなんのその、大変楽しい会であった。この場に誘ってくれたしまっこ&かとけんには感謝感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

海が近いと言うのに。。。

 さて、今日は後4時間で札幌を飛び立ち下田の海に行って後輩達(と言っても自分が今大学で教えている年齢の後輩から30歳間近の後輩まで)と遊び呑むことになっているのに、何故この時間まで大学にいるのでしょうか。。。それは前期の終わりが近いから(涙)。来週のテスト問題を作らなければならないし、テスト日に公欠になる学生達(1ヶ月前から分かっているならさっさと言えよ、と言いたい。。。)のための特別課題用のレポートを急遽作らねばならないし、加えて成績・評価も始めなければならず、もう何から手をつけてよいものやら。。。

 こんなとき、やはり頭の中は現実逃避で一杯。今日は2つ現実逃避を実行に移してしまいました。。。まず1つ、愛してやまない我らが阪神タイガースの応援に急遽松山まで行くことにしてしまったこと!本当は甲子園が良かったのだがチケットは完売なので、それならば地方へ、ということで8月6日の松山坊ちゃん球場での対広島戦に行ってきます。航空券はこういう繁忙期にこそ役立つマイルによる無料航空券!なにせ繁忙期は往復割引さえないのでとっても割高。軽~く海外まで飛べてしまうような価格がしてしまう。なんと直行便の場合でも片道ウェッブサイトから購入しても46,950円(驚)!株主優待券を使っても片道24,100円と何とも信じられない価格帯。。。ということでこういうときにこそ無料航空券の出番な訳だ。さらに無料航空券だと飛行機好きにはたまらない「乗り継ぎ」という技が使えるのも魅力。普通であれば直行便の方がラクだから良いじゃん、と思うかもしれないが、そう思ったあなた、飛行機を数乗る事も楽しい事ながら、それだけ違う機種に1度に乗れるチャンスが増える、という楽しみも我々にはあるのです(しまっこ、君には理解できますね?!)!それだけではなく、1日1便しか直行便が飛んでない区間は乗り継ぎで行った方が現地に早く到着できる、というメリットもあったりするわけです。というわけで今回は行き帰り共に中部国際空港(セントレア)にて乗り継ぎ松山へ向かう事にした次第。うーん、こういうことを考えているだけで楽しくなってくる(そしてもちろん時間はどんどん経過し現実の厳しさは増してくる。。。)。というわけで今回は片道(34,700円+21,000円)×2=111,400円分のチケットを無料発券してもらったことになる。うーん、なかなかのお得感ではないだろうか。ちなみに今回の機種は札幌-中部の往復がA321とB767、中部-松山の往復がなんとプロペラ機のDHC8-Q400!実はこの機種は初搭乗となるのでとっても楽しみなのだ。こんなに飛行機を楽しんでかつ大好きな阪神の応援に行けるとはまさに夢のような1泊2日(もちろん勝つことを想定しての話しだが)。温泉地でもあることだし、前期の疲れを癒してくることが出来ればと思っている。

 次なる現実逃避はかとけんから送られてきた福岡での1枚の写メール。そう、プリンの写真!!!Img1040515327 彼のミクシィでの日記を読んで思わずどうしてもその「プレミアポットプリン」を食べたくなってしまったのだ。。。というわけで早速楽天市場にて注文してみた。1個630円とプリンらしからぬお値段、それもこの壺のせいな気もするのだが、20個ほど取り寄せてみたので、妹家族や近隣の甘い物好きを呼んで来週はプリンパーティーをしたいと思っている。

 そんなこんなでもうすでに03:30。。。そろそろ自宅に戻って海行きの用意をしなければ飛行機に乗り遅れてしまう!こりゃ機内&踊り子号内で仕事しなければ終わらんな。。。現実はやはり厳しい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

ご協力いただける方は。。。

 今日、自分の専門に関わる何とも興味深いニュースが舞い込んできた。全国の自治体に先駆け「合併しない宣言」をした福島県矢祭町が、本の購入予算ゼロでの図書館建設を目指し、全国から本を募集することを明らかにしたのだ。町の所有図書7000冊以外は寄贈に頼るというもので、根本良一町長は「本が死蔵されているのはもったいない。町の自立の助けともなる」と協力を呼び掛けているらしい。
 

 実は日本の町村レベルで言うと実に日本では現在図書館がない自治体のほうが多いことを皆さんはご存じだろうか?!設置率は46.6%、これも実は前年は41.5%だったものが市町村合併により図書館のない町村とある町村が合併したことにより数字が増えてしまったマジックであり、図書館数が増えたわけではない。むしろ「我が町には図書館がある」と言われても、図書館に行くために車やバスに延々と乗らなければいけない、そんな状況がうまれているのだ。生涯学習社会を創造する、だなんと大層なことを言っていてこの現実、、、なかなか難しいものである。

 しかしながら図書館1つ作るのは確かに相当な金がかかることも確か。昨年実施した矢祭町民アンケートで、図書館建設の要望が多かったため何とか金をかけずに図書館を設置する検討を始めたわけだ。建物は老朽化した武道場を1億2500万円で改築し約3万6000冊分のスペースを設け、そこに収める図書を寄贈をしてもらおうという案。何ともこの町らしいユニークなアイディアだ。

 実は図書館の蔵書を寄贈図書でまかなおうとした例は、長野県の今は無き長野刑務所図書館ですでに行われていた。その時は、作家達に受刑者に是非とも読んでもらいたい、と思う本を1冊ずつ提供してもらい毎年5000冊もの寄贈があった例がある。今回も是非とも日本ペンクラブ等にお願いして、こういったこともやってみるべきだと思う。

 矢祭町によると、本の種類は問わず、送料は送り主に負担してもらい、廃棄せざるをえない場合は町が処理する。寄贈者には町から礼状を送るほか、図書館に名前を明示して感謝の意を表すそうだ。線などを引いてしまっている書籍は基本的に図書館では受け付けないが、カバーが無いくらいの書籍であれば問題ない。自宅で眠っている本で寄贈しても良い、と思われるものがあれば是非とも皆にも協力してもらいたい。寄贈先は、〒963―5192 矢祭町小田川春田16の1、矢祭町山村開発センター。問い合わせは同町自立課(0247・46・4575)まで、となっている。

 こうした先進的な例がいくつも出てきて、日本に図書館の空白地帯が早く無くなることを願ってやまない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

カザマふたたび

 東京から結婚式参加のため友人Sが札幌に昨日より来ていたので、今晩は久々に「フレンチレストラン・カザマ」でSとディナーを頂くことにした。ここは東京で言うと、先日J姉に連れていってもらった「ラルテミス・ペティアント」のようなお店、すなわち、お手頃な価格で大変美味しいフレンチを気軽に頂くことの出来る貴重なお店、ということだ。

 ということで、Sとはススキノのスタバで待ち合わせタクシーでカザマへ向った。席に案内されると、今日はなにやら団体さんが来られる席の配置。席の配置だけで何だか雰囲気が多少異なる感じがした。メニューを眺めていて、やはり自分達で好きなものを選べる「ベーシック・ディナー」に二人ともすることにした。ベーシック・ディナーとは、好きな前菜と主菜を選べるもので、食後にはカザマ自慢のチーズ・プラトーより好きなチーズを頂け、その上デザートもメニューから好きな盛り合わせを選べるという大変お得なコース・メニューなのだ。ということで、私は今日は前菜に「フルーツトマトのガスパチョ、新鮮魚介のマリネ添え」D1000577 、そして追加料金で「ヴィシソワーズ」をオーダーD1000576 、 メインを「宮城産バルバリー鴨胸肉のロースト、木苺のソース」としD1000575 、 最後にデザートの「黒イチヂクのコンポート、バニラ・アイスクリーム添え」を注文してみたD1000574

 フルーツトマトのガスパッチョは夏の暑さを吹き飛ばすくらいに酸味のきいた味、これが新鮮な魚介類とまたよくあう。ヴィシソワーズは冬でも自分で作って頂くくらい好きな一品で、コンソメのジュレとの相性もなかなか。メインの鴨、木苺の甘酸っぱいソースが絶妙。そしてデザートのイチジクのコンポ-トは濃厚な赤ワインのソース、これにはバニラアイスがよくあう。そういえば先日のラルテミスでもデザートにイチジクを頼んだことを自宅に帰ってきてから思い出す。。。それくらいにイチジクは大好きなのだ。

こんな感じで、今日の料理もどれも美味しくいただけた。食通である友人Sも美味しく食べてくれていたので安堵。Sはお酒は飲まないので、今日は赤白グラスワインを1杯ずつ頂くのみであったが、次回はカザマさんのブログに掲載されていたデザートワインも頂いてみたいと思っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

Small and Luxury

FGP(Frequent Guest Programme)、あるいはFSP(Frequent Stayers Programme)とは、いわゆるホテル業界のマイレージプログラム。1年間の宿泊回数等に応じて会員のランクがアップしていく仕組みだ。特典としてはポイントでの無料宿泊、無料アップグレード、朝食券、あるいはレイトチェックアウトなどなど様々。現在ヒルトン、スターウッド(シェラトンやウェスティンなど)、そしてハイアットの上級メンバーなのでホテルに泊まる際にはこれらのホテルから選ぶことがどうしても多かった。

 しかし、なんだか最近これらの大きいホテルにも飽きてきたところで、他のホテルに泊まってみようと色々と探っていたところ、以前友人Sとアフタヌーンティーをした「アグネスホテル&アパートメンツ東京」に目が留まった。Intro_agnes01_1実はここJ姉お薦めのホテルでもあったのだ。今回もいつものようにここから目と鼻の先の○町に滞在出来たにも関わらず、敢えてこのホテルに滞在してみた次第。

 ホテルという空間が最も大切にしなくてはならないこと、それは日常を忘れさせてくれる華やかな佇まい、そしてその対極にある温もりと安らぎだと思っている。その両方を完璧に併せ持つ希有なホテルが、このホテルだな、というのが率直な感想。いわゆる「Small and Luxury」という感じだった。東京の神楽坂という都心の真ん中にありながら、閑静な環境にあるのが特徴で、つまり、とても便利だから行こうと思えばいつでも行ける距離にあるし、館内に入ればすっかり寛いで好きなだけ過ごせてしまうというのがこのホテルである。

 客室は一般客室が35室、アパートメントが23室。全部合わせても、わずか58室という小ぢんまりとした規模だから、館内はいつも家庭的な雰囲気が保たれている。室内のインテリアや調度品は、上品で洗練されており、座り心地のいいソファがオットマン付きで置かれているなど、居心地の良さを味わえるD1000573_1 。また長期滞在向けに通常の備品の他、キチネット設備や全自動洗濯乾燥機を備えた部屋も用意されている。私の部屋には電子レンジ等が設置されていて、加えて蛇口もあるのでお湯を沸かすときには大変便利D1000571 。そして客室内にはCATVや有線放送が導入されており、しかも無料なので色々と選べるのも嬉しい。宿泊した際には自宅と同じように深夜に放送されるSKY Aでの阪神の勝ち試合の再放送を見ることが出来た!D1000572(といっても町田の代打ホームランを見たところでぐっすり寝入ってしまったのだが。。。)もちろん有線LAN接続も無料で出来るため、仕事にも全く差支えがない。

  ところで、浴室はというと、これが全室ジャクージ&シャワーブースを装備し、床はテラコッタタイル敷き。このリゾートホテルを思わせるような浴室は、このホテルの人気の点の一つなようだD1000570 D1000568 D1000235 。アメニティも充実しているし、深夜にゆったりとした時をバスルームで過ごすことが出来たのが嬉しい。

 

 こんな感じであまりにリラックスしすぎて、ハッと起きてみると時間はすでに9:20!朝食の人気は聴いていたので逃したくはなかったのだが、提供時間は10:00まで(汗)。ということで何とか最低限の身支度を整え、1階のK's Diningへ。ここでも一般的なホテルと同じようにブッフェスタイルの朝食なのだが、まず席についてからその場で絞りたてのフレッシュオレンジジュースを作ってくれる心配りがとても嬉しい。もちろん卵料理もそうだ。私はトマトとバジルのオムレツをお願いしたのだが、バジルの香りがなんとも言えず食欲をそそるD1000566 。ブッフェにはこれと言って目新しいものがあるわけではないのだが、どれもが美味しくいただけた。

 ということで、このホテル、連泊して初めて良さが分かるホテルなのかもしれないが、東京の定宿になりそうな感じがするくらい、とても気に入った。次回は是非ともパリの三ツ星レストランで修行をしたシェフが創りだすディナーを頂いてみたいものだ。というわけで、このホテル自信をもってお薦めできます。東京でのホテル選びに困ったら、是非ともお試しあれ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

思い出とともに。。。

 今日は久々の東京入り、それはさどりょうやJ姉のお祖父様を偲ぶ会に参加するため。場所は霞ヶ関ビル内の霞会館。今日は若干雲がかかっていたので窓からの風景はこんな感じだが晴れていればもっと違った風景なことだろう20060714170006

 受付の仕事を少々手伝い、ほぼ皆がそろったところで会は始まった。参加した皆様とのお祖父様の思い出話で会は和やかに進んでいく。お料理やお酒が美味しかったのはもちろんなのだが、お祖父様がお好きだった「ヴィシソワーズのコンソメのジュレ添え」が出された時には隣席のHちゃんと思わず涙しながら頂いた次第20060714183611 。これが本当に柔らかい味でお祖父様の笑顔をつい思い出してしまう。加えて今日のようなジメジメした所謂梅雨時にはこうしたスープがよく合う。コンソメのジュレもコクがありスープに程よい刺激を与えていた。ちなみにメインの「ヒラメのパイ包み」は絶品。なによりもエビやカニの旨味を十分活かしたソースが素晴らしかった。20060714185301 これは魚料理ではあったがソースに大変コクがあったので、赤ワインと一緒の方が美味しく頂けた。

 そして食事を一通り終えた後、お祖父様がお好きだった歌を2曲ほど皆で歌ったのだが、ここでまた様々ななことを皆それぞれが思いだし涙。。。でも、ただ悲しい、という感じの会ではなく、お祖父様の思い・願いを思い出し我々が引き継いでいこう、そんな思いのする会であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新千歳のSignetでも。。。

 さて、最近は主だった空港のラウンジにおいても無料の無線LANにて気軽にネットにアクセス出来るようになった。羽田・関空・中部などでは以前から使用出来ていたのだが、幹線路線とも言われる新千歳空港のラウンジではどういうわけだか設備が無かった。しかし、4月頃、ANAより新千歳でも5月中旬から羽田と同じ方法による無線LANの使用が可能になる旨の連絡があり、大変心待ちにしていたのだが、6月末に利用したときも未だ利用出来ない状態であった。しかーし、今新千歳のSignetにいるのだが、ようやく環境が整い利用可能となったようだ。と言うわけで今、Signetよりこのブログをアップしています。これで国内では自分が主に使用する空港ではほぼネット環境が整ったことになり、仕事等においても大変便利になった(まぁどんな環境でも仕事をしなければいけなくなったとも言うが。。。)。これで早めに空港に着いたとしても暇つぶしも出来るし嬉しい限り。皆さんも新千歳をご利用の際にはお試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

本当に身勝手な。。。

 「世界トップ20の強豪という虚像は、あっさりと壊れた。(以下略)」、これ本日の某スポーツ紙の記事の書き出し。言わずもがな昨日発表されたFIFAによる日本のフットボールの世界ランキングのこと。新方式によって日本は18位から49位に落ちたそうだ。しかーし、自分にとっては何ら驚くことではなく、むしろ今まで高すぎたと思っていたくらい。イギリス在住中の6年間、嫌というほどイングランドを始めとする欧州のフットボールを見てきた自分にとっては日本があの実力でなにゆえ18位になんてランキングされているのかが不思議で不思議でしょうがなかった。大げさな表現を許してもらえるなら、日本に帰ってきてJリーグとかを見ると、スロー画像なのかと勘違いしたくらいに差を感じたものだ。力の劣る国との対戦でランキングポイントを稼いでいたことが外から見るとよーく分かったものだ。

 そこで上の記事に戻るのだが、どう考えてもこの虚像を作り出した原因の1つは、あんたらマスコミにもあるんじゃないの?!と一言突っ込んでみたくなったのは自分だけだろうか?!(きっとTats君なんかは肯いてくれるのではないかと思っているのだが。。。)もちろん川渕の金集めにのせられた部分もあるのだろうし、それにまんまと乗っかってしまう日本人もどうかとは思うのだが、自分で作り出した幻想を虚像と言い切ってしまうところの無責任さに、日本はジャーナリズムが本当に育っていないなぁ、と痛感。まぁまだスポーツ紙だから笑いで済まされるような気もするのだが、、、

 それにしてもこの記事に例の川渕が「20~30位ぐらいが(今の)日本の実力にふさわしい。」と発言していた(これも新聞記事なので本当にこう発言しているかは定かではないのだが。。。)らしいのだが、これが本当だとすると、このおっちゃん、本当に懲りてないなぁ。。。20~30位って言ったら、W杯で日本に勝った今回のランキング33位オーストラリアより上だ、と言っているようなもんじゃないですか。。。こうした競技団体のトップは長く居座るとロクなことがないのだから、歴史から学ぶ謙虚さが川渕にあれば早々に身を引くべきだと思うんだけど、上の発言から思うに辞めないんだろうねぇ。。。

 次期日本代表監督に内定したオシム氏が「日本は経済大国と言われているが、経済大国がサッカーも強いと思ってはいけない」と指摘したとされているが、これで本当に夢幻から覚めて日本代表には0からスタートしてもらいたい。オシム氏には今後も歯に衣着せぬ発言を期待したいし、そしてすぐに調子にのるマスコミ達にも活を入れてもらいたいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

現実逃避でガーデニング。。。

D1000564  今日は丸1日コメント作業に明け暮れ、PCに向かい過ぎたためかさすがに目がショボショボしてきたので、これではイカンということで現実逃避も兼ねちょいとガーデニングでもしてみようと思い立った。先日、いつもワインを買うお店から、ワインの木箱を頂いたので、それをうまく活用してみたのが左の写真。ワインの空き瓶なんかもつかってみて10種類くらいのミニ鉢をアレンジしてみたのだがいかがだろうか?これから花咲くものばかりなので、実際に花が咲いたときにまた写真をアップしてみたいと思うのだが、やはり土いじりをしていると気が休まるね。ということで再び現実に戻るとしよう。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

やっと終わったW杯

 いやはや、イタリアが優勝しましたね!やはりフランスはジダンの退場が響いたのかなぁ。。。結構フランスペースだったようにも思えたのですが。これでセリエAの不正疑惑がなければイタリアはもっと喜べただろうに、これから現実が待っていますね、あの国は。

 それにしても日本があっという間に終わってしまったためか、はたまたイングランドがあのような負け方をしたためかはわからんが、異様にW杯が長く感じられたのは自分だけ?!

 ともかくこれからは野球の応援に専念出来ます。阪神&日ハム頑張れ~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

コメントの苦悩・・・

 大学の講義も残すところあと2回、ということで毎回授業の最後に書いてもらっているリアクションペーパーを学生達にまとめて返却する際、ただ返すだけではつまらないので、1人5行ずつくらいのコメントをつけて返却しようと思い立ち、早速午前中から取り組んでみた。し、しかーし、1時間で10人分位しか進まない。。。(汗)これだと全員分コメントつけるのにどれだけ時間がかかるのだ?!うーん、あまり考えたくはない。何故こんなに進まないのか理由を考えてみたのだが、それもそのはず、500人以上の学生のうち、100人から150人程しか顔と名前が一致していないのだ。。。これが一致しないとなかなかコメントしづらいものがある。通信教育の先生方(赤ペン先生など←これで年齢が大凡想像つくかも)ってすごいなぁ、と思う次第。

 それでも返却される学生のことを考えると、中にはうざったいと思う学生もいるかもしれないが、大方は自分の進歩具合が分かるので嬉しいと思ってくれるに違いない、と信じこれから多少の仮眠を取った後に、再び講評作業を続けていこうと思う。それにしても教えるという作業は、人との関わりが好きじゃないと絶対に出来ない仕事だな、と痛感する日々。

 こんなときに明るいニュースが入ってくれると頑張る気にもなれるのだが、日ハム&阪神ともに敗れ最悪。。。何か明るいニュースがあったら皆さん、教えてください。それを励みに頑張りまする。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

とうとう11連勝!!!!!

 いやぁ、勢いは西武ドームにいっても止らなかった!ダルビッシュが自分のユニフォームを札幌ドームに置き忘れてくる(っていうか自分が投げるとわかっていてこんなことってあり得るのか?!)というハプニングがあり背番号29のヤギビッシュとなって投げた今日の試合、先日の交流戦での対阪神戦の時のような、なかなか素晴らしいピッチングだったように思う(と言っても映像はスポーツニュースで見ただけで後はR25の文字中継を観てていたのだが。。。)。打線も鶴岡と言い、金子と言い、下位打線の良い働きにより効果的に点数を入れていたし、9回はツーアウトから何と4点と今の勢いをそのまま表しているような回だったと思う。これで日ハムは球団記録に並ぶ45年ぶりの11連勝を達成!過去の11連勝は東映時代の1961年9月10日第2試合から同26日まで(2分けを挟む)の1度だけらしい。これは是非とも明日はホンモノの29番八木に踏ん張ってもらい、松坂に投げ勝ってもらいたい!今の打線・得点力があればそれも夢ではなかろう。是非とも球団新記録を今の選手達で成し遂げてもらいたい。関東の日ハムファンの皆さん、西武ドームでの応援、宜しくお願いしまーす!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

やっと入手!~買い物三昧の1日~

 あれだけ買い物仲間のJ姉にこの春夏で買い物するものはない!買い物しつくした!と豪語していたのに、J姉ごめんなさい、やはりまだまだ欲しいモノがあったのでした。。。J姉が正しかったです。まぁでもJ姉も今頃NYで買い物三昧の日々でしょうから!

 というわけで今日まず購入したモノは、待ち望んでいたDaniel&Bobのハンドルショルダー!D1000562 昨シーズンの同型のものを買いそびれ悔しい思いをしていたところ、Beams札幌店のTさんが色々調べてくれて、今シーズンにも同型のものが出ることを教えてくれ予約することが出来たのだ。というわけで昨日Tさんより電話があり、ようやく入荷したとのことだったので、早速今日買いにいったのだ。当初は黒を購入しようと考えていたのだが、カジュアルにも使うなら紺の方が良い、とのTさんのアドバイスもあって紺を購入。うーん、荷物が多い自分にもぴったりの収容力で、ハンドルでもショルダーでも使える点が大変良い。機内持ち込みの鞄としても人気が高いらしく、これから末永く活躍してくれそうな一品だ。ちなみにこのTさん、洋服に関する知識も大変豊富でとっても頼りになる方です。

 次に向かった先は先日このブログにも書いたアップル・ストアー札幌店。理由はただ1つ、ipod 30Gを購入するためだ。ここで前回お世話になったHさんを呼んでもらい、今日購入することを伝えるも、なかなか白にすべきか黒にすべきか決められない!でも付属のイヤホンが白1色とのことで、白に決断する。そして次にipodカバーのコーナーに連れて行ってもらい色々見てみると、Hさんが首からかけているオレンジのカバーがとても気に入り、同じモノを購入してきた。D1000563 これで私もようやくビデオクリップ等を見ることが出来る。最近はpodcastも頻繁に利用しているためどうしてもipod miniの4Gでは足りなかったのだから、これも無駄遣いとは言わないだろう。。。

 その後向かった先は、BrooksBrothers。先日、札幌店のMさんからご丁寧なお葉書を頂いていたにもかかわらず、仕事があまりに忙しくなかなか訪れることが出来なかったため今日ぶらりと立ち寄ってみた。そういえば忘れていたが、世は夏物のセールまっただ中。というわけでまずは後輩の就職祝いのネクタイを購入し、ブラリとスーツ売り場に目をやる。自分に合うサイズが残っているのかどうか確認してもらうと2種類はまだあるとのことで、双方袖を通してみると、1種類気に入ったものがあったので、セール品は出会いが大切、のモットーのもと、これも購入してきた。

 と言うわけで今日は散財した1日ではあったが、やはり買い物は楽しいし良い気分転換が出来ることもこれまた事実。でもさすがにこれで春夏の買い物は終わりにしたいと思っている。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやはや本当に10連勝!

  先程バーから帰ってきてネットで観てみると、な、何と日ハムが10連勝したそうで!!!今日は立石だから大変失礼ながら無理かもな、という思いがあったので喜びと同時に驚きもあったのだが、ともかくよくやってくれたとしか言いようがない!先日プロ初ヒットを打った稲田も今日はヒットを打ってくれたようだし、幸雄さんも1本ヒットが出たようでこれで2000本安打まで後23本!個人的にはもっと幸雄さんをスタメンで使って欲しいなぁ。。。それに稲田のキャラクターも良い味を出していると思う。ここにきて田中賢介を始め調子が上向きの選手が多く、誰を起用すればよいのかヒルマンも良い意味での悩み所だと思うが、週末からの上位陣との戦いでも是非連勝記録を伸ばして欲しいと思う。

 変わって我らが阪神、最近打線が不調。今日も横浜のエース三浦だったとはいえ、2-1での辛勝。それでも藤本の同点タイムリー、そして矢野の牽制頭脳プレー&逆転タイムリーと渋い勝ち方とも言えるのかなぁ。。。何とか中日に引き離されることなく食らいついていって欲しいと願うばかり。

 ともかく日本シリーズが阪神対日ハムになることが非現実的なものから夢見ても良いかも、くらいにまで両チーム来ていることが何よりも嬉しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

良い音楽の後の美味しいお酒!

 今日は小山美稚恵のコンサートを両親とキタラで聴いてきたOoscan10001001。両親には母の日&父の日にそれぞれチケットをプレゼントしていたのだ。このコンサート<音の旅>ピアノでロマンを語る、はピアノ・コンサートの常識を覆す、今年から12年間24回のプログラムがすでに決められているという異色のモノなのだ。今日の第1回は「白:ものごとのはじまり~ロマンへのさすらいの旅~」と題されていて、ハ長調の曲が中心となっており、シューマンの「幻想曲」やシューベルトの「さすらい人幻想曲」など大曲が含まれるプログラムとなっており大変期待していた。

 シューマンの幻想曲は正直感動はそれほどなかったのだが、後半のプログラム、ショパンの舟歌あたりから本領を発揮しだし、最後の「さすらい人幻想曲」はまさに圧巻だった。高2の時、実はトライしたことがあるこの曲、形だけは弾けた感じにはなったけど、ぜーんぜんダメだった記憶あり。。。それにしても小山にしては意外なくらいにスケールの大きい演奏解釈。タッチも鮮やかで、プログラム前半のミスタッチの多さが嘘のよう。まるで今日の演奏会はこの曲のために全ての神経を集中していたかのようだった。実はライブでこの曲を聴くのは初めてだったということもあるのだろうが、この1曲を聴くためだけに今日のコンサートがあったとしても何ら問題がなかったであろう。その後シューベルトの大曲を弾き終えた後にもかかわらず、バッハ、ショパン、ベートーベンのハ長調の3曲をアンコールするサービスぶり。11月の第2回に期待が持てる終わり方だった。

 その後、キタラに隣接する「ノボテル札幌」の最上階にあるバーに行き、お気に入りのカクテルである「スプモーニ」を呑みながらしばし今日の演奏会を両親と振り返る。D1000561 このバーには時折来るのだが札幌の夜景も楽しめ、なかなか良い感じ。また11月の際にも両親孝行をかねて、コンサートの後にでも呑みにこよう。その時には窓から雪景色の札幌がみられるかもしれない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

いやはや9連勝。。。

 阪神が降雨による6回コールドで負けてしまったのだが(昨年の日本シリーズロッテ戦の霧によるコールドと言い阪神は天気の運がない?!)、な、何と日本ハムが今日もオリックスに勝ち9連勝!!!それも9連勝は42年ぶりということらしい(汗)。特に今日のオリックスのピッチャーが、八木と新人王争いを繰り広げている平野ということもあって、そういう意味でも大きな勝ち星だったと思う。

 得点も個人的に川島と同じくらいに注目している鶴岡の犠牲フライにより1点、そして稲葉がプロ通算150号本塁打へ王手となる12号3ランと後半こそ得点に絡むことは出来なかったが、“一応”エースと呼ばれる金村が完封勝利。普段からコンスタントにこれくらい投げてくれているとエースと呼んでも良いのだろうが、ダルビッシュと同じくらいに調子が乱高下なので、自分としてはやはり彼をエースと呼ぶには抵抗があるのだ。

 ただ9回の小笠原と金村の連携ミスなど、細かなミスが多数観られるのも事実。今はイケイケドンドンなので、こういうミスも打ち消されてしまうが、今後はさらに緻密なプレーを行って欲しいモノだ。

 ともあれ、今は明日の10連勝を期待しつつ、明朝のW杯にそなえて早く仕事を終わらさねば。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

1%の重み。。。

 「1%支援制度」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは、千葉県市川市が2005年度から導入した制度で市民税の1%分を市内のNPO(民間非営利団体)や住民団体に補助金として提供する制度のことだ。正式には「市民(納税者)が選ぶ『市民活動団体支援制度』」という。住民は登録されたNPOや住民団体などのなかから、自分が支援したい団体を1つ選ぶか、団体を指定せずに基金に積み立てるかを選択し、窓口、電話、インターネットなどで市役所に通知する。そうするとその市民の市民税額の1%相当分が、市の補助金としてその団体に届けられる。各団体は市の広報や街頭などで、自分の団体を選んでほしいとよびかけることができ、たとえ1%であっても自分の応援したい団体に自分が納めた市民税が使われるというものだ。ここ札幌でも現在、導入が検討されはじめている。

  自分も大学教育に関わる一方、教育関係のNPOにも従事していることからこの動きをずっと注視していた。一見すると大変良い制度のようにも感じる。特に大抵のNPOは財政基盤が不安定、そこに税が多少なりとも投入されるとなれば、運営を安定軌道に乗せることも出来るようになるかもしれない。現に私が関わっているNPOも大口寄付が今年で終わり来年度からの新たなスポンサー探しをしなければならない。教育状況を良くすることに全てのエネルギーを投じたいにも関わらず、現実はお金集めに走る割合が案外多いのが実情というジレンマを抱えている。。。

 しかしながら、こうした情況にも関わらず、自分はこの制度に賛成することは出来ない。自分のドクター論文においても、「公共性とは何か」、あるいは「ソーシャル・インクルージョンとは何か」という概念をつねに問いかけてきた(現在も問いかけている)自分にとって、この1%支援制度はどうしても心から賛同することができないのだ。一番の理由は、納税者だけがNPO等を支援でき、納税していない低所得層には権利がないということ。これでは歴史を遡ったいつぞやの時代、納税した人だけ、裕福な人のみ政治参加出来た制限選挙時代と同じになってしまう可能性が否定出来ない。すなわち、高額納税者が政治をコントロールし貧しい人を排除する、という民主主義の崩壊へと進む可能性があるのだ。

 更に心配なのは、行政(国)が財政難等を理由に、本来自らが責任を持たなければならない分野(特に教育)にまで民間、NPO、ボランティア等に任せようという責任放棄の傾向が垣間見える現在において、この制度を取り入れることによってその傾向が加速してしまう恐れを否定出来ないということだ。

 もちろん、1%支援制度によって、税の使い道やNPO等に市民が関心を持つようになり、また地域の抱えている問題点を市民が自ら学習するようにもなる、などの利点があることは認めるところ。しかしながら、この制度、「民主主義」というものが未だ未成熟の日本においてはやはり時期尚早のように感じるのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

今日は浴衣デー!

 深夜のイングランドの惜敗の落ち込みから回復すべく、こういうときは何かイベント的なものに参加するに限る。ということで、今日は日ハムの試合が浴衣デーだったため、久々に浴衣を着て札幌ドームに応援に行ってみた。

 もっと浴衣姿でドームが溢れているかと思いきや、そうでもない。Img_1359 ましてや男性の浴衣・甚平率はかなーり低い。。。まぁ、自分もミクシィのコミュニティで知ったくらいなのであまり宣伝されていなかったのだろう。ともあれ外野に席を何とかみつけ座ると始球式の時間だった。なんと今日の始球式は、元日ハムのピッチャー、岩本勉!Img_1362 Img_1364岩本は法被姿に天狗の面をつけて登場し、なんと始球式の際、上半身裸でのパフォーマンスに場内が一気に沸き上がった。さすがは岩ちゃん、今だに熱烈なファンがいることを証明していた。

 試合はというと、八木の制球がイマイチ定まらなかったものの、フェルナンデスに1本ホームランを打たれるだけでなんとかしのいだ格好。開幕当初の勢いはちょっと感じられないのが気がかり。ストレートが全然入っていなかったんじゃないかなぁ。。。それでも、その穴埋めを打線がきっちり行っていた。1回に相手のエラーもあって4点、その後セギノールが暴言などにより退場(珍しくヒルマンが熱くなって審判にジェスチャーを交え長々と抗議していた!)となり、場内は騒然とするも、稲葉のヒットに続き新庄のホームラン(新庄は猛打賞)で更に2点を加算し試合を決めた。こういう雰囲気を変える必要があるときの新庄って本当に強いなぁ、と関心するばかり。。。7回にはひちょりにもホームラン(ひちょりも猛打賞)が出て、効果的に追加点を奪うなかなか良いないようだったように思う。Img_1366 Img_1368 ちなみに今日は浴衣デーだったのでファイターズガール達も浴衣姿でYMCA等を踊っていた。

 ピッチャーは八木の後に建山-清水-トーマスとつないでゲームセット。ヒーローインタビューにはひちょりが選ばれそこで、アナウンサーのマイクを奪い歌うぞ宣言!まさか今日この場でひちょりの尾崎豊(「きっとわすれない」)を聴くことが出来るとは夢にも思わなかった。Img_1370 久々に札幌ドームでの快勝試合、7連勝及び楽天3タテを観られ、気分良く自宅に戻ってきた次第。これで今晩阪神が勝ってくれれば言うことないのだが。。。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

自分のW杯終わる。。。

 あぁ、イングランド負けちゃった(涙)。イングランドのユニフォーム着て、ビール呑みながら、かつマンチェスターの友人とスカイプしながらイングランドを応援していたにも関わらず、あんな負け方ってあり????サッカーの母国のプライドはどこへやら、PKをあんなに外すナショナルチームをとんと観たことございません。ジェラートよ、君は何のために代表になったのだ?!ルーニーよ、君は第2のベッカムになりたいのか?!彼はイングランドに着いた途端罵声の嵐だろうなぁ。。。ともかくショックで何も書けません。。。何だか日本が負けたとき以上にショックかも。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

札幌にもようやく。。。

 さて昨日ゆっくりと過ごしたこともあり気分爽快!今日は教育関係の学会に参加した後、先日元丸善のビルにオープンした「Apple Sotre」に立ち寄ってみた。D1000560 全国で7番目のapple storeとのことで訪れるのを大変楽しみにしていたお店の1つ。後輩Mがipod miniから写真やビデオ等も楽しめる30Gのipodに買い換えたこともあり、はたまた先日機内で隣の席のビジネスマンがipodでニュースを観ていたこともあり、ipod miniユーザーの自分もそろそろ買い換えてみようかな、という気分になりつつあったためそれもチェックしたかったのだ。というわけで、店内に入ってみると、Apple_06 appleらしくかなりスッキリした店内。早速ipodを手にすると、どこからとなくMacスペシャリストの方がパンフレットを持って説明してくれる。一番の気がかりが30Gにすべきか60Gにすべきかの点だったのだが、これがまた大型家電量販店とは違い、Macの専門家だから説明に無駄がない。思わずその場で30Gのipodを即買いしてしまいそうなのをグッとこらえて、とりあえずipod miniの純正イヤホンの調子がイマイチなので新しいモノを買いたい旨を伝えると、在庫切れのようだったのだが、一旦カウンターに戻り、なんと新しいイヤホンを持ってきてくれて「どうぞお持ち帰り下さい」とのこと!たぶん、ipodを購入するさいに付属している純正イヤホンを箱から出して自分にくださったのだと思うのだが、うーん、素晴らしいサービス!これぞ店員全てがスペシャリストでなければ出来ないサービス。紋切り型の返答しか出来ないバイトとは訳が違うと実感。それにしても海老で鯛を釣る、とはまさにこのことか、気持ちはすでに次回訪れたときにこのH氏から購入しようという気分になっていた(苦笑)。ということで現在、白にすべきか黒にすべきかを思案中。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

異色の組み合わせ?!

 今日、なんとも驚きのニュースが飛び込んできた!私が敬愛してやまない中島みゆきが、な、なんとジャニーズのTOKIOに曲を提供したというんだから驚かないでいられようか!!!確かに今まで、柏原芳恵、薬師丸ひろこ、工藤静香など所謂アイドル達に曲を提供したことがあったが、ジャニーズに曲を提供する時が来るとは1度たりとて考えてみたこともなかった。。。新曲の名は「宙船(そらふね)」。長瀬智也主演の日本テレビ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」の主題歌になるらしい。

 中島が書き下ろした「宙船」は、“その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ”というまるで「二隻の舟」の世界観を感じることが出来る詩になっている模様。この1節だけでこの新曲への期待感が否応なしに高まってくる。うーん、早く中島みゆき自身でセルフカバーしてくれないかなぁ。。。ともかくドラマの第1回だけは観てみなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »