2011年11月28日 (月)

シアトル劇団子の公演&中島みゆき「夜会」(ネタバレ注意)

 今週末は小児がん学会で関東入りしておりましたが、研究だけではなくプライベート部分も大変充実した週末となりました。

 まずは、土曜日に久々に大好きな劇団の1つである「シアトル劇団子」による「カメコが笑った日」を観てきました。映画監督である少年キネマさんの作品に出演していた阿部英貴さんの演技がとても好きで、そのことがきっかけで彼が属している劇団子さんの公演を観に行き、1度で大ファンとなってしまいました。それからというもの、機会があればなるべく上京して観劇するようにしています。今回の作品もテンポがよく、笑いあり涙ありで期待を裏切らない作品でした。そして阿部さんの演技も良かったですが、柊役の斎藤さんの演技も光っていたように思います。やはり演劇はこのライブ感がたまらないですね。

 そして今日は中島みゆき「夜会 2/2」を観てきました。再演ということで、前回とどう違うのかを楽しみにしていましたが、再演というよりは新しい作品を観てきた、という印象のほうが強かったですね。演出に手を加えることでストーリーがよりわかりやすくなっていましたし、より説得力のある迫力満点の歌声にもなっていたように思います。やはり二隻の舟前後が涙涙で大感動でしたよ。あの歌声は心にずっしりと響いてきました。

 なにより「みゆきの歌声に手が届く」のキャッチコピーで始まった夜会ならではの、みゆきさんの乗った舟がステージの真ん前の下から上がってくる演出は圧巻でした。一番前の席の人はびっくりしたんじゃないかな。これは大阪公演も楽しみです!

 十分にパワーを蓄えることが出来たので、今年も1か月余りですが、全力で走り続けたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

後輩の13回忌をむかえて、、、

 昨日は後輩の13回忌に参列するため広島入りしていました。私がイギリス留学している間に突然入った後輩の訃報から丸12年が経ったとは、時間の経過の早さを感じずにはいられません。でも13回忌をむかえたのというのに、どういうわけだか、未だに彼がこの世にいないことを信じられない自分がどこかにいたりもします。山岳部だった彼は、富士山を下山中に無灯火の車にひかれ亡くなってしまいました。今年も山岳部の同期が弔いに来ていましたが、来年の8月に一緒に富士山に登ってくれないか、とお願いしたところ快く了承して頂きました。いつも広島行きの飛行機の上から富士山を眺め弔いの気持ちをおくっていたのですが、いつかは富士山に自ら登ってお参りしたいと思ってました。後輩のご両親も一緒に登りたい、とのことで来年は皆で後輩を想いつつ富士山に登り、ご来光を眺めながら自分の気持ちにも一区切りつけることが出来ればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

ANAのスカイ・オーディオ~8ch コーラス・イン・ザ・スカイ~

 今日は、久々にANAに乗りましたよ~。ANAは数年前の最悪なサービスの連続以来、ANA以外の路線がある場合には必ず他社に乗るようにしているし、あまりに中途半端なプレミアムクラスだとか今の路線で行くなら格安航空会社と同じ価格設定にすべきだとも思っているくらいにANAは正直嫌いです。

 さて、その久々に乗ったANAのオーディオチャンネル8で仙台市立八軒中学校合唱団の歌う「あすという日が」を聞くことが出来ます。機内紙には「SING ALL ♪JAPAN」の広告も掲載されていました。

 もしANAに乗られることがありましたら、是非とも一度「あすという日が」を聞いてみてください。我々も来月から3月の卒業祝賀会に向けて「あすという日が」の練習を始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

癒しす@南船場

 いやはや、本当に久々のブログ更新です。仕事があまりに忙しく、仕事以外で文章を書く気が全くしなく、こんなにほったらかしてしまいました。ただ今日は珍しく何の予定も入っていない日曜日なので、更新してみようと思います。

 最近、大阪での定宿となりつつある本町のセントレジス大阪。馴染みのバトラーさんも出来、とても快適に過ごせるようになりました。そのセントレジスから歩いて10分程のところに、とても気持ち良いマッサージをしてくれる「癒しす」が最近オープンしました

 ホテルの部屋で行うマッサージって誰が来てくれるかわからないし、技術も確かかわからないし、どんなに体が疲れていても躊躇いが出て、結局頼まず終いのことが多いので、ホテル近くに腕の良いマッサージ師のいる店があると助かりますよね。

 ここ「癒しす」はとある競技の選手がオーナーの店のため、マッサージ師が体のことを知り尽くしているためか、予想以上に気持ちの良いマッサージで、私のひどい肩こりも相当に楽になりました。しかも嬉しいのは、その値段設定 60分の全身マッサージで2,980円です 東京なんかでは全く考えられない価格です 

 今週末の大阪出張でもお願いしようと思っています。大阪近辺にお住まいの方は、是非ともご利用してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

歌の力 泣かないでアマテラス

 久々に中島みゆきの「夜会 金環蝕」のDVDを観ている。何故なら最後に歌われている「泣かないでアマテラス」という曲を久々に聴いてみたくなったからだ。みゆきの曲でこよなく愛してやまない歌は数多くある。「二隻の舟」、「誕生」、「命のリレー」、「無限軌道」、「重き荷をおいて」などなど挙げていたらきりが無い。ある程度の固定概念を持ってとらえられがちな中島みゆきであるが、個人的には彼女の人の捉え方、人生の捉え方が好きだ。

 そして今は「泣かないでアマテラス」(出来れば夜会のDVDで)を是非とも多くの方に聞いてもらいたいと思っている。この歌は1992年の夜会「金環蝕」のためのオリジナルとして発表され、アルバム「10 WINGS」の中の1曲ともなっている。このアルバムが発表されたのが1995年、阪神淡路大震災の年であった。歌詞の一部は次のようなものだ。

 泣かないでアマテラス 作詞作曲 中島みゆき

 地上に悲しみが尽きる日は無くても
 地上に憎しみが尽きる日は無くても
 それに優る笑顔が
 ひとつ多くあればいい
 君をただ笑わせて
 負けるなと願うだけ
 泣かないで 泣かないで 泣いて終わらないで
 泣かないで 泣かないで 泣いて終わらないで

この震災を生き延び、今、歯を食いしばって必死に生きてる人達にどうかこの歌が届きますように。そして、ひとつでも多く笑顔が見られるよう、我々一人ひとりに出来ることをしっかりやって生きていこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

映画「ヤコブへの手紙」を観て

 連休も残すところ今日で終わり 休みはあっという間に過ぎていきますね。それでも金曜日働けばまた土日、卒業生の結婚式や学会はあれど、それでも気分は違いますよね。今年のGWは遠出はしなかったものの、家族とのんびりゆったり過ごすことが出来ました。大学野球の応援にも行ったし、部活の同窓会では懐かしい面々との再会も出来たし、家族で温泉に行ったりも出来たしで、充実したGWでした。

 さて、そんなこんなでGWの4日は以前から観たいと思っていた私の大好きな監督の一人であるクラウス・ハロの作「ヤコブへの手紙」を観てきました。2009年の作品にも関わらず、1_news_1_15_03_2 北海道ではようやく先月下旬からの公開で正直まちくたびれてしまいましたよ。。。

 マンチェスター時代には「コーナーハウス」という規模は小さくても大変素晴らしい映画を沢山上映してくれる映画館があって、しかも£3で観られたのでほぼ週に2~3回で通ってました。

 ただ札幌にも多くの映画ファンがいるようで、70席位のシアターは開場とともに満席で通路にパイプ席をおいての臨時席を設けるほどの賑わいでした。

 75分という集中力が途切れぬ時間のなかでの話の展開が素晴らしく、本当に観に来てよかったと思える作品でした。登場人物(主はたったの3人)やセリフは決して多くはないし、物語が伝えるメッセージもとってもシンプルなんだけど、人間の心の奥深さが、雨や風景などの自然描写も含めて豊かな表現方法で丁寧に描かれている作品と言えるでしょう。しかも音楽もとってもシンプルでピアノの旋律がとても美しく、作品ととても合っていました。

 これだけの限定された(登場人物、風景など)なかで、人生とは何かを問い続ける作品を作り出せることに人の持つ力の凄みを久々に感じました。是非一人でも多くの方に観て頂きたい作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

久々の休日らしい休日

 昨日は色々と疲れたので、今日はリラックスの1日にしようと、東京時代から数えて20年来お世話になっている方に午前中マッサージをやってもらってきました やっぱり、元プロ野球やオリンピック選手帯同のトレーナーなだけあり、本当に気持ちが良い 自分の体も知り尽くしてくれているので、ただ90分、横になっていればよいだけなので楽ちんですしね。ちなみに今日は初めて車で行ってみたのですが、家から30分ちょっとで着いて、意外に車だと近いことも判明

 車で早々と着いたため、マッサージ終了時間が30分早まったため、ランチの時間まで時間が出来たので、市内中心部にある「極楽湯」で温泉に入ることに ちなみにここは露天風呂のみが温泉なので要注意です。

 マッサージ後に温泉とまさに極楽状態で、その後向かった先はホテルオークラ。今日はここの地下にある桃花林でランチをすることに  ここのスタッフもほぼ顔なじみのため、とっても居心地1283489_1106002827_154large_2の良いレストラン。今日はアラカルトではなく珍しくランチコースを頂いてみました。

 ランチの後は、仙台在住の阪神ファンのマイミクさんと市内で待ち合わせて久々の再会 実は彼と会うのは昨年東京ドームで会って以来、これで2度目なのですが、考え方がしっかりしていて、しかもテンポよく話してくれるので、これまたリラックスできる方なのです。今回の震災の話を伺ったり、阪神の話題などで2時間はあっという間に過ぎていきました。貴重な北海道滞在の時間を割いてくださり、その上お土産まで頂きありがとうございました

 その後、帰宅すると妹家族が函館旅行から帰ってきていて、チーズケーキやソーセージなどなどお土産をたくさんもらいました

 こんな感じでまさに連休、久々の休日という1日でした。やはりこういう日もたまには必要ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

日本初の小児がん専門施設「チャイルド・ケモ・ハウス」シンポジウムお知らせ

Photo

チャイルド・ケモ・ハウスが設立を目指す、小児がん専門施設の着工に向けていよいよ動き出すとの連絡を受けました。このシンポジウムでは、チャイルド・ケモ・ハウス設立にあたっての事業計画、スケジュールの発表を行うそうです。

また、パネルディスカッションでは、小児がん医療の現状や神戸での建設の構想などの
ディスカションを行い、チャイルド・ケモ・ハウスが担う役割などについて話し合われるとのこと。関西にお住まいの皆様に一人でも多く足を運んで頂きたいです。よろしくお願いします。

【日】  2011年6月5日(日)
【時間】14:00~16:30(開場:13:30)
【場所】臨床研究情報センター(TRI)
    神戸市中央区港島南町1丁目5番地4号 
    交通:神戸新交通ポートライナー先端医療センター前下車
        改札出て右へ徒歩すぐ

【申し込み】※お申し込みが必要となります。
    氏名、連絡先(メールアドレスなど)、参加人数を
    下記の連絡先へおしらせください。

    チャイルド・ケモ・ハウス事務局
    メール:info@kemohouse.jp
    FAX:072-646-7073
 
【主催】NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス
【助成】社団法人 大阪薬業クラブ 平成22年度公益(助成)事業
【協力】大阪商工信金「商工さくら基金・第1回さくら賞」

◆プログラム
第一部 キックオフシンポジウム 

1.ご挨拶 〜「夢の病院」への応援メッセージ~
  神戸市副市長 中村 三郎 氏

2.「夢の病院」進捗のご報告  
  ・挨拶 : 理事長 楠木重範
  ・『夢の病院』とは? : 副理事長 米田光宏
  ・『夢の病院』プラン発表 : 建築家 手塚 貴晴 氏

第二部 パネルディスカッション  

日本で初めての小児がん専門施設 
 チャイルド・ケモ・ハウスの役割


河   敬世 氏
[大阪府赤十字血液センター 所長] 

三木  孝 氏
[神戸市企画調整局 医療産業都市推進本部長]

楠  正吉 氏
[積水ハウス株式会社
 コーポレート・コミュニケーション部 CSR担当部長]

太田 秀明  
[NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス 監事 /
             東豊中渡辺病院 小児科部長]
コーディネーター
田村 太郎  
[ NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス 理事 /
      一般財団法人 ダイバーシティ研究所 代表]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

合唱曲「あすという日が」

http://www.youtube.com/watch?v=QQsKdWKmY-A&NR=1

 宮城県若林区の八軒中学校の合唱部が震災直後から避難所で歌ってきた「あすという日が」という唱歌、今日初めて聞きましたが、とてもよい合唱曲でした。気が早いですが、今年の祝賀会ではこの曲を歌うことを提案しようと思っています。以下に歌詞を書いておきます。ぜひ皆さんもyoutubeで聞いてみてください。合唱の素晴らしさを実感しました。

「あすという日が」作詞 山本 瓔子  作曲 八木澤 教司


大空を 見上げて ごらん
あの 枝を 見上げて ごらん
青空に 手をのばす 細い枝
大きな 木の実を ささえてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて


あの道を 見つめて ごらん
あの草を 見つめて ごらん
ふまれても なおのびる 道の草
ふまれた あとから 芽ぶいてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

郵便貯金キャッシュカードの再発行

ふと郵便貯金の通帳ってどうしたっけ? と気になり、あちこち探したら何とか見つけることが出来た。時間があると普段は全く気にしていないことが気になるものだ。といっても、ここ10年は使っていないので住所は東京のまま、残高にいたっては数百円といったところだろう。

しかし、通帳は見つかったものの、キャッシュカードが全然見つからない(汗) ということで、今日は火曜日、研究日のため時間はたっぷりある!そんなことからキャッシュカードの再発行手続きのため近くの郵便局へと足を運んだ。

かくかくしかじかで、と理由を説明すると、キャッシュカードの再発行には1000円の手数料がかかるとのこと。しかもキャッシュカードがICチップ入りのものに進化している、とのことで手数料は仕方がないか、と再発行手続きをしてもらうこととした。

しばし待っていると、待てよ、もし今の通帳をクローズして、新たに口座を新規開設すれば手数料はいらないのでは? と気付き、窓口で言ってみると、やはりこの場合には手数料はかからずキャッシュカードも発行されるらしい。

別に口座引き落としをしているわけでもなく、口座番号がかわっても何一つ不自由しないため、新規に口座を開設することにしてもらった(苦笑)

というわけで、10日後には新しいキャッシュカードが届くらしい。久々に書いたブログがこんな内容で良いのかわからんが、ともかくめでたしめでたし!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«「風のかたち」上映会のお知らせ@旭川